【詐欺アプリ注意!】TikTokやInstagramなどのSNSに広告を打つ詐欺アプリのまとめと解約方法のご紹介!




SNSで気になるアプリの広告を見つけて、いざダウンロードしてみると

価格:1,000円/週

と表示され、慌てて削除した、なんてことありますでしょうか?

その後間違って指紋認証してしまい登録後、解約方法が分からず課金してしまった…なんてことも…。

今回は違法性は無いものの、世の中にあるものと比較して圧倒的に高額な設定されているぼったくりアプリをご紹介しつつ、万が一課金登録してしまった方のために分かりやすい解約方法も記載しております!

とりいそぎ、どのアプリが今回言及する「ぼったくりアプリ」に該当するのか、まずそれぞれのご紹介をしたいと思います。

TiktokやインスタなどのSNSで大量に見る、とある広告

皆さんは、TikTokやインスタグラムなどタイムラインが存在するアプリやSNSで

▼このような広告をご覧になったことはありませんでしょうか?

こちらは画面上のスライダーを動かしていくと写っている人物の年齢・見た目が変化していく、というもの。

その他に、

▼このように自分の顔が似顔絵のようにアレンジされるようなものも。

この手の、一般的にはネタ系アプリとしてちょっとした興味を引くものが今回ご紹介する、もっぱら「ぼったくりアプリ」と呼ばれるものです。

なぜぼったくりと呼ぶのか…?

なぜ本記事ではこれらのアプリを「ぼったくり」呼ばわりするのか。

それは、インストールしてから最初の画面で明らかになります。

▼こちらが今回ご紹介するアプリに共通していますが、起動最初の画面。

これだけを見ると「START FREE TRIAL」をタップするとお試し使用ができるんじゃないの?と思うかもしれませんが、コチラのボタンをタップすると、

▼このように即座に課金前の決済画面が表示されます。

▼ここで注目していただきたいのがこちらの部分。

なんと、1週間で900円もの料金を請求する記載があります。1ヶ月で3,600円。5000万曲聴き放題のApple Musicですら、月額980円です。

では次の項より、このような体裁のアプリが一体どのような形で広告が打たれているのか、現時点分かっている限りで該当する「ぼったくりアプリ」を下記よりまとめてみたいと思います!

PicsHub – Art Effect & Blender

▼SNSでの広告はこんな感じ。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。

▼インストール後、起動直後に表示される画面がこちら。

▼上記画面で「START FREE TRIAL」をタップした後の画面。

これらの機能であれば、

▼無料アプリの「Meitu」で利用可能ですので、そちらをオススメします。

Zカメラ – フォトエディターPro

▼SNSでの広告はこんな感じ。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。

▼インストール後、起動直後に表示される画面がこちら。

▼上記画面で「無料トライアル開始」をタップした後の画面。

Zodiac Master Plus 2019

▼SNSでの広告はこんな感じ。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。

▼インストール後、起動直後に表示される画面がこちら。

▼上記画面で「3日間無料トライアル」をタップした後の画面。

GO Keyboard – Emoji&Cool Themes

▼SNSでの広告はこんな感じ。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。

▼インストール後、起動直後に表示される画面がこちら。

▼上記画面で「試用を続ける」をタップした後の画面。

こちらのアプリは月2,200円の月額課金。

こちらのアプリが他アプリと唯一違っているところがありました。

この手のアプリは大体アプリストアのレビューがこき下ろされているのですが、

▼一つレビューに対してかなり長いデベロッパーからの返信が。

簡単に要約すると

  • このアプリは無料で大半のコンテンツは無料で利用できます。
  • あなたが請求されたのはVIPプランに登録したためだ。
  • 利用規約で説明しているので注意深く読んどけよ。
  • 返金はAppleに言ってね。

というコメントユーザーをかなり煽る内容。

しかも日本語コメントに対して堂々と英語で返信しているあたり、若干日本人が舐められている気がしますね。

ちなみに、「大半のコンテンツは無料」という節ですが、はっきり言って利用できません。

このアプリを未課金の状態でくまなく確認しましたが、無料で利用できるところは発見できませんでした。

OPixel – 写真編集者

▼SNSでの広告はこんな感じ。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。

▼インストール後、起動直後に表示される画面がこちら。

▼上記画面で「3日間の無料トライアル」をタップした後の画面。

ライブ壁紙 アニメ for iPhone

▼SNSでの広告はこんな感じ。

端末内に写っている奥行きのある壁紙も画面の傾きに連動するというもの。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。

評価の☆1つが綺羅びやかに輝いていますね!

▼そしてこちらがアプリを起動した最初の画面。

上記の「3日間無料トライアル」をタップしたら表示されるのが、

▼こちら。

あなたのアバターメーカー|Zmoji

▼SNSでの広告はこんな感じ。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。.

▼そしてこちらがアプリを起動した最初の画面。

このアプリの場合、まだ他のアプリよりもマシな部分があり、右上のXボタンを押すと、アバター作成を行うことができる通常版を見ることができます。

ただ、顔認証を使用してのアバター作成を行うことはできず。

数ある選択肢の中から自分の似顔絵を作ってスタンプを作成することはできます。

また上記のZmoji Proの画面内で続けるを押すと、

▼こちらの画面が表示されます。

月に2,200円も払うなら普通にLINEでスタンプ購入しますね…。

ちなみに、顔認証を使ったアバター作成・絵文字・スタンプ作成ができるアプリは、『ZEPETO』というアプリで可能です。

▼『ZEPETO』の詳しい使い方はこちらを御覧くださいませ!

【最新】3Dキャラアプリ『ZEPETO(ゼペット)』の基本的な使い方-作成からメイク、マイコード確認や加工方法ご紹介

2018.09.24

TeasEar – ASMR Slime Triggers

▼SNSでの広告はこんな感じ。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。

▼インストール後、起動直後に表示される画面がこちら。

▼上記画面で「Start free」をタップした後の画面。

こちらのアプリもアプリ起動直後画面の左上の画面にあるXボタンを押すと、無料でこのヌメヌメASMRの画像を作れる・見ることができますが、冒頭のStart free月額1,650円の課金画面を出しちゃうのはアウト。ということで本記事への掲載となりました。

ライブ壁紙 4K

▼SNSでの広告はこんな感じ。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。

▼インストール後、起動直後に表示される画面がこちら。

▼上記画面で登録を開始をタップした後の画面。

Colorfy: 大人のための塗り絵

SNSへの出稿歴も長く、アプリに詳しい人達の間では「老舗の詐欺アプリ」として親しまれていない、この「Colorfy」というアプリ。「塗り絵」というポップワードを武器に無知なユーザーを誘うため今日も課金画面を表示します。

▼SNSでの広告はこんな感じ。まるで写真が塗り絵素材になるかのよう。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。

▼インストール後、起動直後に表示される画面がこちら。

このアプリの場合、堂々と「週に¥1,000。」と書いてあるところがまだマシかもしれない。ただ、まさか塗り絵に月4,000円もかかるとは予想だにしないため、このあたりの注意文言なかなか目に入りにくいですよね。

▼上記画面でお試しからプランを始めましょうをタップした後の画面。

7日間の無料期間が過ぎたあとは無言で1週間1,000円の請求が開始されてしまいます。

PaintFun – 塗り絵

▼SNSでの広告はこんな感じ。

▼移動先のApp Storeではこのように表示されています。(え?塗り絵?)

▼インストール後、起動直後に表示される画面がこちら。

▼上記画面で続行をタップした後の画面。

1週間に900円も支払って塗り絵をやりたい人を、私は見たことがありません…。

また、広告では写真をイラスト調に変えるような見せ方が動画でされていますが、そのような機能を見つけることはできません。流石に有りもしない機能を広告に流すのはどうだろうか…。

当サイトで紹介済みのぼったくりアプリ

まだまだあるかもしれないこの手のクソアプリ。

未だ全てを紹介しきっているか定かではありませんが、本記事以前にも同類のアプリをいくつか個別で取り上げていますので、下記のアプリも厄除けのためご覧いただければと思います!

Astrofun – Life Coarch

▼アイコンはこちら

主に占いアプリを装ってインスタ・Tiktokなどに出稿されていたアプリ。

加齢シミュレーター的なものがイチオシとして表示されていますが、出来上がりのクオリティは

▼PhotoShop初心者が数十分でできるレベルの加工。

▼こちらのアプリについての詳細は以下の関連記事を御覧くださいませ。

詐欺アプリ!?「Astrofun」は占いに見せかけ誤タップでの課金に注意!中身と解約方法を検証

2019.02.19

MyAstro-Daily Horoscope

▼アイコンはこちら。

このアプリも各SNSに積極的に出稿されており、イチオシコンテンツも上記のAstrofunと同様に加齢シミュレーター。

▼実際に加齢シミュレーターをやってみた結果がこちら。

これ絶対Astrofunと同じ会社だろ!っていうツッコミをしました。

▼このアプリに関する詳細はこちら。

老け顔シミュアプリ『MyAstro-Daily Horoscope』は危険!?高額課金ボタン注意!ただし無料解約可能

2018.09.13

カラーコール

こちらは珍しく画像加工系アプリのフリをしているわけではなく、「着信画面がカスタマイズできるよ!」という点を売りにしてSNSに大量出稿していたアプリ。

▼実際にApp Storeにはこのようなスクリーンショットが表示されていましたが、

実際に純正アプリとして入っている電話アプリの着信画面をカスタマイズすることはできません。

ではこのアプリは何ができたかというと、このアプリ独自の通話機能があり、そこでの着信時に表示をカスタマイズできるというもの。

▼関連記事はこちら。

着信きせかえアプリ?『カラーコール』に注意!指紋認証で高額課金の危険性と退会方法ご紹介

2018.09.15

こちらのアプリを確認した際に、たしかに実際にデータ通信による2端末間での音声通話は実現していました。

技術的にそれができるのであればこんな姑息な商売するなよwって感じですね。

どのアプリもホームボタンの指紋認証による操作ミス・誤課金狙い

あの「1,000円/週」のような課金の画面が出たら

「イヤイヤイヤwwwそんなするんだったら要りません。」

と思い、怖いので反射的にアプリを閉じようと(iPhoneX以前の機種であれば)ホーム画面に戻ろうとホームボタンを押しますよね…?

ホームボタン押す→指紋認証→課金登録完了

これ恐ろしいです。

慌ててホームボタン押した瞬間、指紋認証のプロセスが働き、

「登録完了」

となり、なんと900円/週の定期購入の課金が登録されてしまう。

未だに難解な「iPhoneの定期購入の解約作業」

「しまった!」と思い、「早く解約しなきゃ!」と思いつつ、アプリ内をくまなく隅々まで探しても一向に見つからない「解約」のリンク

アプリ内をいくら探しても解約リンクは見つかりません。なぜなら解約リンクは「設定」アプリの深層に位置しており、普段めったに訪れない場所に設定してあります。

3日間のトライアル期間も無情に過ぎ、あえなく課金スタート

そして、解約リンクを探し続けることもできず3日間があえなく経過してしまうと、利用する予定の無い機能に対して週900~1100円程度の支払いがスタートします。

違法性は無いっぽいけど、悪質で値段と機能が釣り合っていない

正直、憶測の域を出ませんが、アプリを提供している業者はこの「誤操作によるうっかり課金」を前提にアプリを開発・公開し、SNSなどに大量に広告を打っていると思われます。

百聞は一見に如かず、もしかしてすごい機能かもしれない←いや、それは絶対ない。

ここまで延々この手のアプリのディスりをしてきていますが、

「900円/週でも見合う機能なのかもしれない」

と思うかもしれませんが、その意見は退けることができます。

類似アプリとして『Facetify』という、こちらもぼったくりに類するアプリがありますが、

▼こちらが1,000円/週の課金でできるようになるメイクの画像。

また同じように類似アプリの『Astrofun』(※現在はStore削除済み)の加齢シミュレーターを使った際の画像が、

▼こちら。

いかがでしょうか??

いつも使っている「SNOW」や「Meitu」などと比較して著しく機能や結果が劣っていると思うはず。ちなみに「SNOW」や「Meitu」などはもちろん無料で利用可能なアプリ。

定期購入の解約方法

当サイトでも度々定期購入の解約方法はご紹介しておりますが、他ページへの移動が面倒かと思いますので、こちらにも記載します。

もし、指紋を盗られるかのごとく登録してしまった人は以下の手順をトライアル期間内(3日間)に行えば料金がかからず解約することができます。

  1. 設定アプリを開く
  2. 設定画面の最上部にあるユーザー名iTunes と App Storeをタップ
  3. 画面上部に表示されるApple IDをタップ
  4. Apple IDを表示をタップ
  5. 自身のパスワードを入力・もしくは顔・指紋認証を行って認証

▼次の画面で登録をタップ

▼次に、この画面にて現在定期購入しているサービスの一覧が表示されます。

もし間違って登録してしまっていた場合はこちらに操作ミスで登録したアプリのアイコンとアプリ名が表示されますのでそちらをタップ。

▼こちらの「登録の編集」画面を見ると 登録してしまった週課金にチェックマークがついていることが確認できると思います。

そしてこの画面で登録をキャンセルするをタップ。

▼最後のキャンセルの確認としてポップアップが表示されますのでこちらの画面では確認をタップ。

▼その後先ほどの画面に戻りWeekly Subscriptionの項目にチェックマークが存在しないことがわかりますのでこれにてめでたく定期購入を解約することができました。

先ほどの登録の画面に戻ると

▼まだAstrofunのアイコンが表示されたままですが、登録から一週間後の日にちに終了予定となっている表示が確認できるかと思います。

以上で定期購入の解約作業終了となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は明らかに姑息な手段で定期購入をさせようとするぼったくりアプリの一覧をご紹介させていただきました。

確かにしょーもないやり方ではありますが、実際にはトライアル期間も設けられているため違法性を追求することは難しく、規制が入らなければ当面代わる代わる色んな類似アプリが表示すると予測されます。

ただし、個人的にはこの手のアプリは徐々に減っていき、絶滅すると予想しています。

その理由はホームボタンの廃止。

今回のアプリは指紋認証の誤操作を狙ったもので、iPhoneXから全画面仕様となりホームボタンが廃止されました。またその後登場した機種でもホームボタンは存在せず、決済全てがサイドボタンのダブルタップを始まりとした顔認証に置き換わるため、誤操作自体がなくなると予想しています。

とはいえ、まだ大事に旧機種を使用されている方もいらっしゃるかと思いますので、その方たちは本記事参照のことお気をつけくださいませ!