Apple Musicの「再生回数」を確認する方法-累計と年ごとをランキング形式でチェックする方法を徹底解説!

無料で始める音楽聴き放題アプリ ▶こちら




今回は、Apple Musicで再生された楽曲の「再生回数」を確認する方法をご紹介いたします。

普段何気なく使って・聴いているApple Musicですが、聴き放題のサブスクリプションモデルになってからも「私は何をどれだけ聴いているのだろう」というのはふとした疑問で浮かび上がります。

本記事にて

  • 曲ごとの累計の再生回数を確認する方法

  • 歳ごとの再生回数を確認する方法

を詳しくご紹介いたします!

『SongsInfo』を使ってApple Musicの再生回数カウント

まず初めにご紹介する方法がAppStoreで配信されている別アプリを使用して再生回数を確認する方法です。

アプリ名は「SongsInfo」というアプリで、

▼以下より、ダウンロードが可能です。

SongsInfo
SongsInfo
開発元 : Tatsuhiro Sawa

『SongsInfo』アプリを起動して回数を知りたい楽曲を探す

▼まず、アプリを起動するとこのようにApple Musicの「ライブラリ」画面のような表示がされますので、この中から再生回数を確認したい楽曲を選択します。

例として、上記からアルバムを選択すると、

▼このようにアルバム一覧が表示され、任意のアルバムジャケットをタップすると、

このようなアルバム内に収録されている楽曲一覧が表示されます。

この中から合計の再生回数を知りたい曲をタップして、

▼画面右上に表示されている完了をタップすると

▼その楽曲の再生が始まると共に、その曲の詳細情報が表示されます。

ここで表示される情報の中身は、その曲の作曲者や、楽曲の長さ、そのアルバムの何曲目に位置しているかなど詳細な情報がもれなく表示されます。

楽曲の再生回数・累計の再生回数ランキングを確認する

▼そして画面を押した方向にスクロールすると再生回数という項目が表示されますのでそちらをタップしてみると

▼Apple Musicとそれ以前の「ミュージック」アプリで再生を行った合計の再生回数を表示させることができます。

また上記は最初に表示される「楽曲ごと」の再生回数で、

▼画面下部に表示されているアルバムをタップすると、アルバム単位ので再生回数を、

アーティストをタップすると、アーティスト単位での再生回数を確認することができます。

これにより、自分が過去聴いた楽曲を含めて、どのアーティスト・どの楽曲を数多く聴いているかが一目瞭然ですね!

『Apple Music Replay』を使って年ごとの再生回数を確認

上記でご紹介した再生回数の確認方法は、「今までの累計」の数になってしまいますが、Appleが独自にPCブラウザ向けに提供している機能で、「今年の楽曲ごとの再生回数」を確認することができます。

その方法は、

▼こちらのページ(Apple Music Replay)にアクセスすると、まずサインイン前の画面が表示されますので画面右上のSign Inをクリックします。

▼その後は、Apple IDとそのパスワードを入力しサインインします。

▼そうすると、再度トップページが表示されますので画面上に表示されているGet Your Replay Mixをクリックすると、

▼この画面上では、2020年にApple Music上で再生した楽曲とそれぞれの再生回数が表示されます。

それ以前の年の再生回数ランキングを確認する

▼上記の画面を下方向にするクロールするとこのように現時点では2019年と2015年のリプレイが表示されており、

それぞれ中身を確認してみると、

▼それぞれの年の楽曲別再生回数を一覧で確認することが出来ます。

表示されている内容をまとめて「ライブラリ」に追加可能

▼こちらで表示されている+追加のボタンをタップすることでApple Musicのライブラリに1クリックで一気に追加することができます。

ただし、iPhoneから再生された楽曲に限定されている?

ただし、こちらのランキングで表記されている楽曲と再生数はiPhoneにて再生された楽曲のみ表記&カウントされており、Apple Watchなど周辺機器を使用して再生された楽曲に関しては再生数としてカウントされていないようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は Apple Music 上で再生された楽曲の再生回数を確認する方法をご紹介いたしました。

  • 再生回数の累計を確認したい場合は「SongsInfo」
  • その年ごとの再生回数を確認したい場合は「Apple Music Replay」

を使用すると、それぞれ別々の方法で集計されたランキングを確認することができ、当時のどのような感情で音楽をきいていたか思い出すことができそうですね!