最強!?音楽アプリ『YouTube Music』が登場!その使い方・解約方法を解説-オフライン再生、通信量を徹底検証!

数年前まではCDの売上枚数でどのくらい楽曲がヒットしたかを指標にしていましたが、この頃はYouTubeの再生回数に置き換えられましたね。

そのくらい「音楽を聴く」という行為がYouTubeに移行していったのだと感じます。

そんな、音楽の基礎となった「YouTube」から公式の音楽アプリ「YouTube Music」がリリースされました!

今回は日本ではリリースされたばかりの「YouTube Music」の使い方やオフライン再生は可能なのか!?という疑問と、当サイト的にはいつもどおり「通信量の検証」を行ってまいりたいと思います!

【おすすめ音楽アプリ】
  • 音楽アプリで最もギガが減らない
  • オフライン再生・歌詞表示あり
  • 安心の合法初回全画面広告なし
  • 4000万曲完全無料で聴き放題
  • →こちら←

ダウンロード

YouTube Music
YouTube Music
開発元 : Google LLC

YouTube Musicでできることまとめ

とはいえ、通常のYouTubeアプリでも音楽を選んで聴くことはこれまでも出来ていました。

その上でこの「YouTube Music」がどのように音楽視聴に特化しているのかまとめてみました!

YouTubeにアップロードされている曲が各種プレイリストに

通常のYouTubeアプリでは、基本的に検索をして見つけ出す、という作業が必要でしたが、このYouTube Musicでは

▼このように予めプレイリストになって提案してくれますので、

ほしい曲が見つかるのみならず、関連する(且つそれまで知らなかったアーティスト)の聴く機会を提供してくれます!

「マイミックス」で高精度な自分だけのオススメ曲

Googleが得意としそうな「好きなアーティストからオススメを割り出す」機能。当然このアプリにも実装されています。

▼このように一覧上になっているアーティストから数珠つなぎで自分の好きなアーティストを選んで行くと、

▼アプリのホーム画面上にこのように「マイミックス」が表示され、

「そうそう、こんな曲聴きたかった」という曲との出会いを作ってくれます(実体験)。

動画を読み込まず音声のみ再生で通信量節約(ただし有料版のみ)

「YouTube Music」と聞いて、この点が最も気になる点ではないでしょうか?

見出しで出落ち感がありますが、YouTube=動画ですので、ギガ(月々の通信量)を気にする音楽フリーク的には、動画は取得せず、音声だけで音楽を楽しみたいはず。

その可否は、「可能」ですが、残念ながら有料版のみ「動画なし再生」が可能で、無料版は必ず動画の再生を伴うものでした。

▼有料版では、この部分にて動画の有/無を切り替えることができます。

オフラインで再生する(ただし有料版のみ)

こちらも毎月の通信量が気になる方としては重要なポイント。

ですが、こちらの機能も有料版のみ可能でした。

▼楽曲再生中に表示できるこちらのメニューにて「オフラインに一時保存」とありますが、

▼無料会員の場合は、こちらの表示がなされ、「後で」を選択するとこのウィンドウは閉じられますが、オフライン再生は引き続き不可。

バックグラウンド再生で再生する(ただし有料版のみ)

こちらも音楽アプリとしては基本中の基本。

アプリを閉じた状態でも音楽再生を継続させることができるかどうか、という点ですが、残念ながらこちらも無料版ではアプリを開いている(閲覧している)時のみ音楽再生が可能で、アプリを閉じてホーム画面に戻ったり、ホームボタンから画面を落としたりすると、再生は停止しました。

この辺りはSpotifyの方が(無料ユーザーに対しては)優しいか・・という印象。

ただし、3ヶ月の無料トライアルがあります

有料版(Music Premium)は月額1,280円とSpotifyやLINE MUSICと比較して強気の設定になっていますが、今なら3ヶ月無料のトライアルが設けられており、ユーザー的にはお試しとして利用でき、YouTube側としたらこの3ヶ月で「100%Spotifyより使いやすい」と言わせしめることができるかどうか、が鍵になってきそうですね!

YouTube Musicの基本的な使い方

さて、ここまでざっくり概要をご説明してきましたが、ここからこの「YouTube Music」アプリの画面の説明をしていきたいと思います。

ホーム

まずはアプリのトップ画面となる「ホーム」画面から。

▼こちらがまずアプリの「ホーム」画面。

主にYouTube側で取りまとめているプレイリストやアルバムが陳列されており、

▼下にスクロールするほど様々なプレイリストが表示されます。

各プレイリストから収録されている楽曲をそのまま再生することができます。

ホットリスト

そして画面真ん中のタブとして位置する「ホットリスト」という画面。

▼こちらがその画面ですが、

こちらも主にプレイリストやおすすめのアーティストの楽曲が並んでいます。公式から名言された形ではありませんが、「最近のトレンドxあなたへのおすすめ」で計算された結果が表示されているイメージ。

ライブラリ

ライブラリは「ホーム」「ホットリスト」内で聴き漁ってお気に入りした楽曲や評価した曲、プレイリストなどアクションを行ったアーティスト・アルバム・プレイリスト・楽曲が一同に集まる場所になっています。

▼再生履歴からプレイリストへの入り口など、これまで自分がコレクトしたものへのアクセスがしやすい画面になっています。

再生画面

▼こちらがYouTube Musicの楽曲再生中の画面です。

ほぼ他の音楽アプリと同様で特段の説明は不要な部分ですが、やはりここはYouTubeアプリということで中央には映像(MV)が流れています。

また、

▼こちらのアイコンを押すと、

「ライブラリ」にある「高く評価した曲」に保存されますので、気軽にできる「音楽のブックマーク」的な使い方ができます。

YouTube Musicの通信量計測

音楽をポータブルプレイヤー的に使う前提の場合、基本的に外、通勤通学時に利用する機会が大半かと思いますが、そこで最も気になるのが、そうです

通信量。

今までも各種アプリで通信量の計測を行ってきましたが、このYouTube Musicについては、どのくらいのスコアを出すのか??

再生環境で分けて計測してみました!

計測方法

計測方法は、まず設定>モバイル通信から統計情報のリセットを行った後、10分間の再生を行います。その後、同画面にてその10分間の再生時にどのくらいの通信が発生したかを確認する方法です。

まずは動画再生有りの場合

実は、動画再生有りの場合でも大きく分けて2パターンあります。

  1. MVが通常通り再生されるパターン。
  2. アルバムジャケットの静止画がフルコーラス中ずっと表示されるパターン

今回計測では上記両方を行ってみまして、

その結果は、、、

  1. が29.4MB/10分間
  2. が13.5MB/10分間

となりました!

やはり、静止画が流れ続けるパターンはそれだけ容量を抑えられているということになると思います。

そして大体の平均を20MB/10分間だとして、長時間聴取した際にかかる通信量は以下の通りとなります!

  • 1時間の再生時:約120MB
  • 24時間の再生時:約2.8GB
  • 30日間の再生時:約86GB

となりました!

月々の通信量の制限が7GBとした場合にどのくらいの時間聴くことができるかというと、

約2時間

という結果に。

その他のアプリを使用しないor全てWiFiに流すということをすると、片道1時間x2は耐久しそうなことが分かります。

動画再生無し(有料版のみ)の場合

再生画面右上のスイッチで「音声のみ」を選択した場合の通信量は、

なんと13MB/10分間

となりました!

こう見ると、もしかしたら動画有りの場合でも静止画再生のみの場合は、音声のみの通信の時と容量はそれほど変わらないことが分かります。

そして長時間の聴取に置き換えると、

  • 1時間の再生時:約78MB
  • 24時間の再生時:約1.8GB
  • 30日間の再生時:約56GB

となり、7GBの日割りで1日の聴取可能時間を計算すると、

約3時間

という結果に。

ざっくり計算ではありますが、動画なしの場合、動画あり聴取時と比較して1.5倍の長さで聴くことができることが分かりました。

YouTube Musicの解約・退会方法

今なら有料のMusic Premiumは3ヶ月無料のキャンペーン中ですが、3ヶ月後に解約作業をちゃんと記憶しているか怪しい、、、と思われる方のために、以下に継続課金の解約方法を記載いたします!

ちなみに、登録後、すぐに解約作業を行っても3ヶ月後までPremium限定の機能(バックグラウンド再生や音声のみ再生など)は使い続けることができますので、

とりあえず登録→すぐ解約=>3ヶ月はなにも考えず有料機能を存分に使用

ということも可能です!

まずは設定アプリを開く

▼まずは設定アプリを開き「iTunesとApp Store」を選択します。

▼その後、この画面上部にて自分のApple IDが表示されている箇所がありますので、そちらをタップ。

▼このポップアップでは「Apple IDを表示」を選択。

月額課金一覧から「YouTube Music」を選び解約作業

▼その後、月額登録しているアプリの中に(登録していれば)YouTube Musicの項目があるはずですので、こちらをタップ。

▼登録しているプランに対して✓マークがついています。この画面ではこちらの「登録をキャンセル」を選択します。

▼確認のためのポップアップが表示されますが、ここでは「確認」を選択。

これにて解約作業は無事終了!YouTube Musicから1,280円徴収されることはありません。

▼問題なく解約が完了していれば、先程の登録一覧のこちらの画面に「終了予定」の記載が表示されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

音楽アプリサービスとしては完全に出揃った中のいわゆる「完全な後発」になりましたが、各レーベルがルーティン作業のごとくMVをYouTubeにあげていますので、音楽のラインナップ量としては最も豊富なものになるかもしれないですね。

ただし、無料ユーザーでの利用は音楽アプリとしての体をなさない状態ですので、お金のない中高生には月額1,280円は少々厳しい値段設定。

そうなると、無料で聴き放題が可能な『Spotify』の方がやや部があるように思います。

とはいえ、今現在3ヶ月無料キャンペーンを行っていますし、解約もそれほど難しい手続きではありませんので、一度お気軽にPremiumバージョンをお試しいただくと良いと思います!