「YouTube Music」に音楽ファイルをアップロードする方法-スマホからのアップ・iTunesファイルについてなど

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




本記事は、YouTube Musicで音楽ファイルをアップロードする方法について解説します。

YouTubeが提供する音楽サービス「YouTube Music」では、自分の端末内にあるMP3などの音源ファイルをアップロードし、提供されている楽曲と合わせて聴取・プレイリスト作成などが可能です。

今回は、YouTube Musicで音楽ファイルをアップロードする方法・メリット/注意点・iTunes購入ファイルのアップロード方法などについて解説します。

YouTube Musicに音楽ファイルをアップロードする方法

アップロードはスマホから可能。ただしウェブ版にアクセスすること

YouTube Musicへのアップロードはスマホから行うことができます。

▼まず、ウェブ版のYouTube Musicを開き、ログインをすると、こちらの🏠ホーム画面を開くことができますので、画面右上の自分のアカウントアイコンをタップ。

▼そうすると、メニューが表示され音楽をアップロードの項目をタップ。

▼そうすると、iPhoneの場合、ファイルアプリを開くことができますので、その中からアップロードが可能な音源ファイルを選択します。

▼音源ファイルの選択が完了すると、このように使用に関するポリシー確認のウィンドウが表示されますので、確認後承認をタップします。

▼承認タップ後は、画面下にアップロードの状況が表示され、

ライブラリを確認してみると、このようにアップロードタブの中に、先程アップした楽曲が登録されていることが確認できます。

アプリ版の「YouTube Music」からはアップロードできない

アプリ版のYouTube Musicのメニュー内には「音楽をアップロード」の項目が表示されません。つまり、楽曲ファイルのアップロードはウェブ版のYouTube Musicのみから可能です。

ブランドチャンネルでログイン中の場合、アップロードできない

また、YouTube内にチャンネルを創設し、動画投稿/チャンネル登録者が存在するブランドチャンネルの場合、YouTube Musicでのアップロード機能を利用することができませんので、個人アカウントに切り替えて再度試してみるようにしましょう。

YouTube Musicにアップロードした楽曲を聴く・管理する方法

YouTube Musicにアップロードした楽曲は、ウェブ版のYouTube Musicでは聴くことはできません。(アップロードはウェブ版に限られますが)

アップロードした楽曲を聴くには、YouTube Musicアプリを使用する必要があります。

YouTube Musicにアップロードした楽曲を聴く方法

YouTube Musicにアップロードした楽曲を聴くには、

▼ライブラリから任意のアルバム等を開き、アップロードタブを確認。表示される楽曲名部分をタップすることで楽曲の再生を行うことができます。

YouTube Musicにアップロードした楽曲を削除する方法

アップロードした楽曲を削除するには、

▼アップロードした楽曲のをタップし、

▼表示される選択肢の中から曲を削除を選択します。

▼確認用のポップアップが表示されますので、削除をタップして、アップした楽曲の削除が完了します。

アップロードした楽曲をYouTube Musicアプリ内にダウンロードする

もともとは端末内にあった楽曲ファイルですが、アップロードを行った後、再生するにはインターネット接続が必要になります。

その場合、都度通信量が発生しますので、YouTube Musicにアップした楽曲をオフラインで再生するには、ダウンロードを行っておく必要があります。

▼アップした楽曲のダウンロードを行うには、楽曲名のをタップ後に表示されるオフラインに一時保存をタップします。

これで、アップした楽曲をYouTube Musicアプリ内に保存することができ、これ以降の楽曲の再生は通信を必要とせずオフラインでの再生を行うことができます。

YouTube Musicに音楽をアップロードする際のメリット/注意点

YouTube Musicに音楽をアップロードことのメリットや注意点を解説します。

アップロードしても聴けるのは自分のみ

YouTube Musicに楽曲をアップロードしても、その楽曲を聴くことができるのは、自分のみとなります。ほかユーザーのおすすめやプレイリストに自動的に入ることはありませんので、安心ですね。

プレイリストに入れてシェアした場合、他ユーザーはアップ曲のみ聴けない

YouTube Musicにアップロードした曲を含めてプレイリストを作成し、そのプレイリストをほかユーザーにシェアした場合、シェアされた側はアップロードされた楽曲を聴くことができません。

YouTube Music無料版でもアップした楽曲は広告表示なし

自分がアップロードした楽曲には、広告は表示されません。これは、YouTube Musicの有料版会員でなくても適用される仕様で、YouTube Musicアプリを自分の普段遣いの音楽プレイヤーにすることができます。

有料版の「Premium」メンバーはスマートスピーカーなどからの再生が可能に

YouTube Musicの有料版「Premium」のメンバーであれば、YouTube Musicにアップロードした楽曲をスマートスピーカー(Google HomeやSonos)などでも再生することができます。

iTunesで購入した音楽ファイルをYouTube Musicにアップロードする方法

iPhoneユーザーとしては、「iTunesで購入した楽曲・音楽ファイルはYouTube Musicにアップロードすることができるのか?」という点が気になるかと思います。

結論的には、

  • iTunesから購入・ダウンロードした楽曲はアップロード不可
  • CD等からPCのiTunesに取り込んだファイル(mp3など)は可能

という仕様になっています。

iTunesから音源ファイルをダウンロードすることができるのは、PC版iTunesに限られますが、今現在のファイル形式が「M4P」という著作権保護仕様のファイルとなっており、YouTube Musicの対応形式に外のファイルになっています。

ただし、CDなどからリッピングの手段により取り込んだ音楽ファイルは設定によりmp3形式で保存ができますので、スマホに転送後、もしくはPCからそのまま音源ファイルをアップロードすることができます。

また、音源ファイルの格納場所は大抵の場合、PCミュージックiTunesiTunes MediaApple Music→アーティスト名、などのディレクトリ階層化に格納されています。

YouTube Musicにアップロードできる曲数

YouTube Musicにアップロードできる最大曲数は、10万曲となっています。

YouTube Musicにアップロード可能なファイル形式

YouTube Musicにアップロードできるファイル形式は以下の拡張子を持つものに限られます。

  • MP3
  • M4A
  • OGG
  • WMA
  • FLAC

上記でご紹介したDRM付き音源ファイル「M4P」のように上記以外の形式はアップロードができませんので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、YouTube Musicへ手持ちの楽曲ファイルをアップロードする方法をご紹介しました。

普段よりYouTubeで音楽を聴いているユーザーからすると、レコメンドがYouTubeとリンクして非常に快適な音楽視聴体験を得ることができます。

そこに自分の手持ち楽曲を追加することができますので、さらなる利用アレンジ手段として利用してみてください!