『YouTube Music Premium』と『YouTube Premium』の違いって何?徹底解説




2018年の11月に YouTube Musicがリリースされたタイミングで、同時に YouTube Music Premiumと YouTube Premiumというサービスも合わせてリリースされました。

YouTube Music というサービスはその名称からなんとなく中身が想像できますが、Musicのプレミアムと YouTube のプレミアムで一体何が違うのか、金額はどのように差があるのか、シンプルに音楽や動画を楽しみたい人にとっては少し料金体系が分かりにくい状態となっています。

そこで今回は YouTube におけるプレミアムサービスを無料プランと音楽と動画で切り分けて、一覧表作成してみました。それをもとに細かく解説していきます!

▼YouTube Musicの基本・使い方については以下の記事を御覧くださいませ!

最強!?音楽アプリ『YouTube Music』が登場!その使い方・解約方法を解説-オフライン再生、通信量を徹底検証!

2018.11.17

▼YouTube Premiumの詳細・基本・使い方についてはこちらの記事が便利です!

YouTubeの有料版『YouTube Premium』の使い方や登録・解約方法-Musicとの違いついて

2018.11.19

YouTubeのPremiumサービスで最も分かりやすい表がコチラ

ひとまず先に以下の一覧表をご覧くださいませ。

YouTube Music YouTube Music Premium YouTube Premium
月額(個人プラン) ウェブ/Google Play 無料 980円 1,180円
AppStore(iTunes) 無料 1,280円 1,550円
月額(ファミリープラン)*6人まで ウェブ/Google Play 無料 1,480円 1,780円
AppStore(iTunes) 無料 1,950円 2,400円
YouTube Musicアプリ内
ダウンロード ✕不可 ◯可 ◯可
オフライン再生 ✕不可 ◯可 ◯可
バックグラウンド再生 ✕不可 ◯可 ◯可
音声のみの再生 ✕不可 ◯可 ◯可
広告無し再生 ✕不可 ◯可 ◯可
YouTubeアプリ内
動画のダウンロード ✕不可 ✕不可 ◯可
動画のオフライン再生 ✕不可 ✕不可 ◯可
動画のバックグラウンド再生 ✕不可 ✕不可 ◯可
広告無し再生 ✕不可 ✕不可 ◯可
YouTube ウェブサイト内
広告無し再生 ✕不可 ✕不可 ◯可

 

YouTube Premiumはすべてをひっくるめた最上位プラン

上記の表でYouTubeプレミアムの欄では、 全ての項目が「◯可」になっていることがお分かり頂けると思います。

そうなんです。

YouTube Premiumに関しては YouTube Music Premium の全機能を包括したサービスになっていて、 YouTube プレミアムに登録していれば、 YouTube ミュージックのアプリ上で全ての有料機能を利用することができます。

その代わり、月額のお値段もまぁまぁします。

実際的に動画サイトであるYouTubeのアプリとYouTube Musicアプリは全くの別アプリになっていますので、もし先に YouTube プレミアムを登録して、その後 YouTube Music Premiumの有料機能を使用したい場合は、同一のアカウントでログインすることが必須の条件になります。

Youtube Music Premiumは無料とYouTube Premiumとの中間プラン

上記の表を見てお分かりの通り、実際的には YouTube Music Premium のプランは中間的な存在となっています。

YouTube Music Premium に登録後は当然のことながら YouTube Musicの有料機能を使用することができますが、動画サイトの YouTube のアプリ内や Web 版の YouTube にアクセスした際に有料機能の恩恵(動画のダウンロードや広告無し再生)を受けることはできません。

ですので YouTube Music Premium は動画はそれほど頻繁に見ないけれども YouTube に掲載されている音楽コンテンツは制限に存分に楽しみたいという方にお勧めのくらいになっています。

【要注意】AppStoreで月額登録する際は20%強値上げになる

こちらは本サイトでも何度か言及している登録方法によって発生する料金の差額に関する内容です。

YouTube Musicのアプリもしくは YouTube のアプリからそれぞれプレミアムサービスに登録しようとすると App Store(iTunes) の課金を使用して月額課金の登録が進む形になりますが、その場合 Apple がアプリ開発者側から徴収するの手数料が今回の YouTubeの プレミアムサービスにおいてはユーザーが負担する形になっています。

そのためいずれの料金プランでもおよそ20%から23%の増額がされており、何も知らずにアプリから登録をしてしまうと余計な高値でサービスを利用する形になってしまいます。

そうならないようにするためには、 Safariなどの Web ブラウザから登録画面にアクセスし、クレジットカードの番号を用いて課金の登録を行うことが必須になります。

またパソコンが問題なく使える方は、パソコンのブラウザからでも上記の月額登録を行うことができます。

その際もアップルの手数料かかりませんので最小の費用で月額登録をすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は YouTube Music Premium と YouTube プレミアムの大きな違いについてご説明いたしました。

個人的なお勧めとしてはやはりYouTube プレミアムに加入して

というのが YouTube のサービスのポテンシャルを極限まで引き出した使い方かと思っています。

もちろんユーザーによっては音楽だけでお腹いっぱいの方もいらっしゃると思われますので、そういった形は YouTube Music Premiumの他、SpotifyやAmazon Music Unlimitedなどその他の企業が提供する聴き放題サービスを合わせてご検討いただくのが良いかと思います!