『YouTube Music』で音楽をダウンロードする方法-本当にオフライン再生できるか通信量も確認




2018年11月にリリースされた YouTube Music。

音楽アプリとしては最も気になる、楽曲のダウンロードとその後のオフライン再生ですが、めでたく機能として実装されたとのこと。

今回はそのダウンロード機能とオフライン再生の使い方に加えて、オフライン再生が本当にオフラインなのか、通信は本当に発生していないのかを徹底検証してみました!

無料プランでダウンロードはできる?

まず YouTube Music というアプリにおいて無料プランと有料プランが存在しますが、無料プランで音楽のダウンロードおよび、オフライン再生ができるのかという点ですが、無料プランでそれらはできません。

▼こちらの記事に無料プランでできることの詳細をまとめております。

【米津玄師も聴き放題】『YouTube Music』アプリの無料/有料との徹底比較

2019.02.28

ただし今現在 YouTube Musicは3ヶ月の無料キャンペーンを行っていますので、無料キャンペーン期間が短くならないうちに試しいただくことをお勧めします!

YouTube Musicでダウンロードを行う

では、 YouTube Music でプレミアムプランに登録しているアカウントを使って、楽曲のダウンロードを行ってみたいと思います。

ダウンロードしたい楽曲の再生画面を開く

まずはダウンロードしようと思っている楽曲の再生画面を開きます。

▼アプリのトップ画面を開き、任意のサムネイルをタップします。

▼このように再生画面が表示されたが曲名が表示されている右側にある「…」をタップ。

▼こちらに「オフラインに一時保存」と表示されますので、そちらをタップ。

▼そうすると画面下部に「保存しています」と表示がされ、一定時間経過後保存が完了しています。

ダウンロードした楽曲を再生する

オフラインに一時保存した楽曲(ダウンロードした楽曲)は、一体どこで確認できるかと言うと、

▼フッタータブ内に「ライブラリ」という項目がありますので、そちらをタップすると

▼このように自分が今まで見てきた音楽家プレイリスト高く評価した曲などが確認できるページが表示されます。

この中で文字通り「オフライン」をタップすると

▼今までオフラインに保存した楽曲の総数や、総容量などが表示されます。

上記の、「一時保存済みの曲」部分をタップすると、

▼今までオフライン保存を行ってきた楽曲が一覧で表示されます。

アプリ内を様々巡ってていろんな楽曲を保存することがあると思います。それらの楽曲はこのページに行くといつでも聞くことができますので、実際的にはブックマーク的な使われ方になるかと思います。

完全オフラインの状態(機内モード)にして再生できるか確認してみる

毎月の通信量の上限が気になる方にとっては、オフラインに一時保存したといえども本当にオフラインで再生ができるのか、一切の通信が伴っていないのかが大変気になるかと思います。

そのYouTube Musicというアプリが本当に完全なオフライン状態で再生ができるのか確認してみます。

▼まずは再生する端末を完全なオフラインにするため、機内モードにし、なおかつ Bluetooth や wi-fi の電波をつかまないようにします。

この状態で YouTube Music の先程の「一時保存済みの曲」一覧を見てみると

▼このように曲名は表示されていますが、「接続を待機しています」と表示され、

さらには、文字やサムネイルが暗転しており、いかにもオフラインでは聞けなさそうな表示になっていますが、この曲名部分をタップすると、通常通り音楽を聴くことができます。

▼こちらがいわゆる証拠画像。

機内モードを表す飛行機マークが出ているにもかかわらず、(画像から音は届きませんが)再生している状態が確認できますね。

これにより YouTube ミュージックに確かにオフラインに楽曲を保存して、通信がない状況でも再生を行っていると、結論づけることができました!

オフライン再生時、本当に通信は発生していないのか?検証

ここまでの検証によって、 オフラインに一時保存された楽曲が通信がなくても再生できることはわかりましたが、通信環境に接続している状態オフライン保存した楽曲を再生してきた時に、本当に通信を行っていないのか、疑り深い私はどうしても確認してみたくなりました。

検証方法

検証方法はとても簡単です。

まずは設定アプリ統計情報から、今までの通信量の累積をすべてクリアにしまっさらな状態にします。

その後、オフラインで一時保存した楽曲をインターネットに接続している状態で再生行い、再度設定アプリから統計情報確認。少なくとも1曲分の通信量(3~5MB程度)も発生していないかどうかを確認します。

▼設定アプリ>モバイル通信の画面最下部で「統計情報のリセット」を押すと、このように今までの通信の履歴がクリアになります。

▼この状態でWiFiの接続を解除し、 こちらの一時保存済みの曲を再生します。

再生がスタートし、一曲が流れきった後で、先ほどのモバイル通信画面にて、通信量がどれくらいだったかを確認。

結果

▼その結果がこちら!

結果としては1.9MBとの通信が発生していたということでした。

うーん。検証としては微妙な結果にwww

とはいえ、通常3分から5分の楽曲を再生すると大体3MBから5MBの通信量が発生しますし、アプリを開いた時点で各楽曲のジャケットやサムネイル取得で通信が発生しており、それらで1.9MBの通信になったことを踏まえると、通信無しで再生されたと言っても問題のない範囲だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は YouTube ミュージックのアプリにおけるダウンロード機能とその使い方、及び本当に通信が発生していないのかの検証をしてみました。

その結果として、確かに通信が発生していないと思われますが、音楽にまつわるジャケットの画像やサムネイルだのを読み込む通信はどうしても発生するため、月々の制限に本当にギリギリの場合は、アプリ起動後、機内モードにするなどして完全にオフラインにすることをお勧めします!