【米津玄師も聴き放題】『YouTube Music』アプリの無料/有料との徹底比較




2018年11月から配信が開始された YouTube Music。

もともと沢山のアーティストがプロモーションとして自身のMVや楽曲をアップロードしていた YouTube が音楽アプリとして機能を厳選し、提供開始。

アプリのダウンロード自体は無料ですが、無料プランでユーザーがどこまで音楽を楽しむことができるのか、また有料プランでしか利用できない機能をまとめてみました!

▼ちなみに、こちらが、YouTube Musicの起動時に表示される「Music Premium」と無料プラン(ベーシック)の比較一覧。

実際的にはこの比較一覧では表示されていない、無料プランでは利用できない重要な機能がありますので、 無料で使いたいと思っている方が一番気になるところを優先してご紹介してまいります!

無料/有料の比較一覧

まずは一覧にて無料/有料の主要機能についてご覧いただければと思います!

無料プラン(ベーシック) 有料プラン(Music Premium)
バックグラウンド再生 不可
オフライン再生
(ダウンロード)
不可
音声のみ再生 不可
広告表示

無料である程度利用できることを期待していたユーザーさまにとっては、、、ご愁傷さまです…。

音楽アプリ/プレイヤーとして必要不可欠な要素は無料プランに一切備わっておりません。現状は通常の動画用YouTubeアプリと聴取体験はほぼ変わらず、という結果になりました。

バックグラウンド再生→無料では不可

まずバックグラウンド再生とは何か?ですが、「バックグラウンド再生」とは、

  • サイドボタンを押してスリープ状態にした時
  • ホームボタン押してホーム画面を開いた時
  • 別のアプリに移行した時

これらの状態でも楽曲を再生することを「バックグラウンド再生」といいます。

今回ご紹介する YouTube Musicのアプリでは今まで通常のYouTubeアプリでは不可能だったこのバックグラウンド再生に対応していますが、現時点ではプレミアムプランのみの機能になっており、無料プランのままでは音楽プレーヤーとして使い続けることは難しいでしょう。

なぜなら画面を閉じると音楽が止まってしまうからです。

オフライン再生(曲のダウンロード)→無料では不可

オフライン再生とはあらかじめインターネットから音楽ファイルを端末側にダウンロードしておき、いざ聴きたいとなった時に通信を発生させずに聴く再生方法です。

音楽を聴く際にネット接続が必要ないため、例えばあらかじめ wi-fi 環境で音源ファイルをダウンロードしておき、外出した際に通信を発生させずに(ギガを消費せずに)音楽を楽しむことができます。

この機能の特徴としては主に、毎月の通信制限にかかってしまう人や、その他の作業で大量の通信を使ってしまう人などが最も気になる機能ですね。

ただし、こちらも有料プランのみの提供となっております…。

音声のみの再生→無料では不可

YouTube といえば動画のサービスですが、どうしても通信量が気になってしまうユーザーとしては、 音楽を聴きたいだけなのにいちいち映像ファイルを読み込むのか気になる部分かと思います。

この点については、有料プランであれば音声のみの再生は可能ですが、無料プランの場合不可となっています。

広告再生

無料プランの場合、30秒ほどの動画広告が適宜流れます。広告は一定時間経過後スキップ可能なものからスキップ不可のものが混在しています。

有料プランの場合広告は一切表示されません。

比較のまとめ

ここまでまとめてみると、 YouTube Musicとしてアプリをリリースされていますが、無料プランのままの場合通常の YouTube アプリとほぼ大差がないことがわかります。

唯一違うとすればホーム画面で最新曲のお勧めを見ることができたり、チャートを確認したり、自分の音楽思考に基づいて提案される楽曲を確認することができること、くらいでしょうか。

米津玄師が聴き放題!?

先日「back number」が LINE MUSIC、Spotify、Apple Musicという聴き放題サービスに楽曲を提供して話題になりました。

実はその他にも聴き放題サービスに楽曲を提供してないアーティストまだまだたくさんおり、その代表格と言われるのが「米津玄師」さんです。

その「米津玄師」さん、実は YouTube だけは例外で、かなり以前からチャンネルが存在しており、実質的に今回リリースされた YouTube Musicのアプリ上で米津玄師の聴き放題が実現しています。

▼こちらが、YouTube Music上の米津玄師さんページ。

それだけでなく他ユーザーがとりまとめた米津玄師の楽曲のプレイリストが存在するので、ファンにとってはこれ以上の音楽プレイヤーがない状態となっています。

無料プランで音楽プレイヤーとして機能するのはちょっと厳しいですが、有料プランになれば音声のみの再生やダウンロードしてからのオフライン再生が可能になっていますので通信料を気にせず米津玄師の楽曲を楽しむことができます。

▼楽曲再生中に表示される「…」ボタンからこちらの画面が表示できます。

この画面上で、「オフラインに一時保存」をタップすると、端末内に動画(+音楽)が保存され、オフラインでも通信量なしで聴くことができます。

有料登録する場合、パソコンからがオトク

ここまでで音楽アプリとしての無料有料の比較を見てみると、やはり音楽プレイヤーとしては有料プラン登録ではじめて成立するように思います。

もし有料登録を決心していざ登録しようという流れになった時は、注意点が一つだけあります。
それは YouTube ミュージックアプリから登録するよりも、パソコンのブラウザから登録を行うほうが月額で300円ほど安くなるという点です。

  料金(パソコン経由) 料金(iPhoneアプリ経由)
YouTube Music Premium ¥980 ¥1,280

パソコンのブラウザ経由からとアプリからで、なぜこの料金差が生じているかと言うと、アプリ経由の場合 Apple が提供する iTunes の課金を使用する必要があり、その場合 Apple が30%の手数料をアプリ提供者の売上から差し引きます。

1ユーザー(登録者)から発生する利益を調整するためにYouTube(Google)は、アプリ側から登録する有料プランを比較的割高にしているものと思われます。

普段からYouTubeも見まくる人はYouTube Premiumというプランもアリ

もし YouTube Music の有料プラン検討されている方で、普段から動画サイトとしての YouTube もかなり閲覧するという方には、 YouTube Premiumというプランもおすすめです。

  できること 料金(パソコン経由) 料金(iPhoneアプリ経由)
YouTube Premium 
  • 【PC・アプリ】YouTubeの広告非表示
  • 【アプリ】YouTubeアプリでオフライン再生(ダウンロード)
  • 【アプリ】YouTube Musicアプリでバックグラウンド再生・オフライン再生・動画なし(音声のみ)再生
¥1,180 ¥1,550
YouTube Music Premium
  • 【アプリ】YouTube Musicアプリでバックグラウンド再生・オフライン再生・動画なし(音声のみ)再生
¥980 ¥1,280

YouTube プレミアムというプランは通常の動画サイト YouTubeを見るにあたって広告が一切表示されない、動画を端末内に保存してオフラインでも見ることができるなど動画を毎日のように使う人にとっては夢のような機能が提供されています。

この YouTube Premiumプランの中に、 YouTube Music Premium の機能が内包されている状態となりますので、 YouTube を音楽を聴くという用途のみならず、動画サイトとしてもガッツリ毎日視るという方にはおすすめのプランになってます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は YouTube Music のアプリにおいて無料プランでどこまで出来るかの説明をさせていただきました。

現状で既にSpotifyやApple Music の月額プランに登録されている方としては、様々な楽曲が提供されているYouTubeの音源をオフラインやバックグラウンド再生で聴取することができるのは非常に魅力的で悩ましい問題だと思います、、、。

個人的には今現在 YouTube Premiumに登録しており動画サイトのYouTube視聴でも一切広告が表示されない、なおかつアプリでは動画のダウンロードができる環境ですが、はっきり言って非常に快適です。

且つ、その他の聴き放題サービスでは提供されていない米津玄師の楽曲などもオフラインで聴き放題できるということもありとても高い利便性を感じています。

お金をセーブしたい中高生にとって、もし家族で入れるファミリープランなどが存在すれば、親に入ってもらい、それに加わる形が一番ベストかなと思いますが、今現在ファミリープランなどの家族契約は発表されておりませんので、今後のリリースに期待ですね!!