音楽サービス「Spotify」の学割プラン。高校生も半額を適用できる!?詳細確認してみた




学生の時ほど熱狂的に音楽を聴き漁る傾向がありますが、聴き放題サービスを提供しているSpotify『学割プラン』という学生に対してディスカウントを適用するプランがあります。

ただここで不安になるのが、

  • どのようにして学生であることを判別するのか
  • 実際的にどのような作業が必要になるのか

という点ですが、今回はの学割プランを適用できる範囲、適用させる方法についてご紹介致します!

学割プランとは?

通常980円/月のPREMIUMプランが半額の480円/月で利用できるというもの。

この手のキャンペーンの狙いは、金銭的に余裕の無い学生ユーザーにも登録してもらい、ひとまずは裾野を広げ、ユーザーが社会人になって月額980円の支払い能力を有した時にそのままプレミアムプランに移行させるという目的もあります。

学割プランが適用できる範囲は?

こちらで記載されているSpotifyの学生割引規約では、「高等教育機関に在籍する学生のお客様」とあります。語感的に「高校生でもイケそう」と思いますが、高等教育機関とは、

  • 大学
  • 大学院
  • 短期大学
  • 高等専門学校
  • 専門学校

の5つの分類とのことで、残念ながら高校生は適応外…。

年齢・学年は?

上記の教育機関に所属して、学生証などの証拠があれば適用を受けれるとのことで、社会人学生でも適用はされる見込みですが、Spotify側に提出する情報の中で「生年月日」が記されており、なおかつ、その適用が可能かどうかの判断はSpotifyが独断で判断するとのこと。

「お客様が有資格学生であるかどうかの判断については、当社がその裁量権を保有します。」
Spotify®学生割引規約 より。

ですので、もしかしたら社会人学生ははじかれる可能性も。

とはいえ、身分証を送ることに大きなコストやリスクはありませんので、もし社会人学生として上記の教育機関に所属されていれば、ひとまずダメ元で送ってみるのもアリだと思います。

適用される最大期間は?

48ヶ月。ただし、12ヶ月ごとに有資格であるかの書類を提出する必要がある、とのこと。

「連続して最長12カ月にわたり、各月50%の割引を受けることができます。」

「お客様が有資格学生である限り、学生割引オファーサインアップページでお客様の情報を再提出することで、ご自身でさらに割引期間を3回まで有効化することができます。」
Spotify®学生割引規約 より。

ということは、6年制の大学でも最大で4年間の適用、ということですね。

適用方法

ではどうやって学生であることを判別し割引の適用を行っていくのか、ご紹介いたします!

▼まずはこちらのSpotify学割に関する説明ページにアクセス。

このページに表示されている「PREMIUMにアップグレード」をタップします。

▼次に表示されるページから学生であることの証明を行います。

学生であるかどうかの認証を行うのは、「SheerID」というID連携サービスで今回の「学割サービス」のように一定の条件下のユーザーのみ特典を与える時に使用されるサービスになっています。

今回の条件は「学生であること」。その確認をSheerIDを使って行い、最終的にSpotify側がその可否を判断します。

▼画面下部の「次へ」ボタンをタップすると、

▼名前・Eメールアドレス・国・大学名を入力するフォームが登場します。

そして一通り入力が完了したら

▼フォーム下に存在する「次へ」ボタンをタップ。

▼次に前回の画面で登録した学校のウェブサイトにログインするか、審査用の書類をアップロードするかの画面が表示されます。

この画面で「学校のウェブサイトにログイン」を押すと自動的に入力した大学のログイン画面が表示され、ログイン後自動的に認証が進む形になります。

一方、「書類をアップロードする」をタップすると、

▼このようにアップロードが必要な書類が明示されます。

▼それらを「書類を選択」からアップロードを行い、「確認して送信」を押すことで送信し、審査結果を待つ形になります。

受付け可能な書類は以下の通り。

フルネーム・学校名・発行日が3ヶ月以内である文言が記載されているもののうち

    • 時間割表
    • 成績証明書
    • 履修登録確認書
  • 学費の領収書
  • 入学証明書

ここまでで一通りの申請作業が終了します。

審査自体は数日間で行われますが、何日経っても審査メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられていないか、確認してみましょう。

一度解約して再登録しても適用される?

学割プランで登録して、一度解除を行い再登録した場合、再度割引が適用されるのか?という点について、登録してから12ヶ月以内であれば、再登録時でも割引が適用されるとのこと。

「割引期間中にプレミアムサービスを終了する場合は、学生割引オファーを再有効化することができます。ただし、割引月は利用の有無にかかわらず割引期間から差し引かれ、割引期間のうち未利用となっている残存期間のみ有効化することができます。」
Spotify®学生割引規約 より

ただし、上記のように、解除していた期間も割引適用期間として進行しているため、登録後3ヶ月間で解除し、その3ヶ月後再登録した場合、残りは6ヶ月間となります。

単純に合計12ヶ月が半額になる、では無いということですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はスポティファイの学割プランについてその適用範囲と登録方法をご紹介させていただきました。

音楽を聴くという行為に関してはどちらかと言うと高校生の方が熱心に聴き漁る印象がありますが、残念ながら高校生には適用できないみたいですね。

また、楽曲を提供しているアーティストに大きな違いがありませんが、もしサービスごとで提供されている楽曲やサービスが異なってきた場合、このような学割プランを使用することでいくつか複数のサービスを並行して登録したいですね!