無料で初心者でもプロ品質!スマホの動画編集アプリ厳選8選-文字入れや音楽挿入が可能な人気アプリ




iPhone含むスマートフォンの容量やCPUのパワーも日に日に上がってきて、以前「重い作業」とされてきた動画編集も手のひらの中で簡単にできるような時代になりましたね。

そんなわけで今回はiPhone・Androidで利用できるおすすめの動画編集アプリをご紹介してまいりたいと思います!いずれのアプリも

素材の切り貼りで簡単に良い物ができる

という点と

こだわれば複雑なエフェクトや効果(音楽や文字入れなど)を加えられる

という2つの観点をベースにまとめた情報になります。インストールしていないものがあったらとりあえずダウンロードしてみてくださいませ!

VivaVideo-動画編集&動画作成&動画加工

VivaVideo-動画編集&動画作成&動画加工
VivaVideo-動画編集&動画作成&動画加工
開発元 : QuVideo Inc.

このVivavideoという編集アプリ、今回ご紹介する動画編集アプリの中でも最も自由度が高く、機能の充実さではピカイチ。

全部は本記事内で全て紹介しきれませんので、詳しくは下記の「関連記事」から確認してみて下さい。本稿では一部の独自な機能をご紹介致します!

iPhoneの動画アプリ中、最高レベルの機能充実

とにかく機能の充実度が凄い。すごすぎる

  • テキストを入れる
  • スタンプを貼る
  • フィルターをかける
  • 爆発などのエフェクトを追加する
  • 音楽や自分の声(アフレコ)を挿入する

などなど、PCでこれだけのことができるものを購入しようとするとおそらく数万円はかかるものになるのでは、、と思う機能が出て来る出て来る。しかもいつかの制限(ウォーターマークや書き出せる動画の長さ)はありつつも、基本的にはこれら機能を無料のまま使用することができます。

撮りためた動画をつなぎ合わせ、ちょちょっとエフェクトを加えるくらいならば、無料で事足りますので、すごい世の中。

UIや操作もかなり分かりやすく作られているので、アプリを立ち上げてそのまま編集しようとしても迷わず作成業務を進めることができると思います。

お試しくださいませ!

InShot – 動画編集&動画作成&動画加工

InShot - 動画編集&動画作成&動画加工
InShot – 動画編集&動画作成&動画加工
開発元 : InstaShot Inc.

直感的な操作を可能にするUI!

▼InShotの特徴として使いやすさを追求した編集画面のUIが特徴としてあります!

機能が横一列で並んでおりどれも自分の目的にあった機能をすぐさま引き出すことができます。

また画面左下の「+」ボタンで追加の動画素材を素早く追加でき、複数のクリップを一つにしていく作業がとてもシンプル・簡単に感じられます!

無料版でも大量の素材を使える!

▼動画内に貼ることができるこちらのステッカーや、

▼こちらは効果音の一覧

▼大量のフィルターエフェクトなど

シンプルながら飽くことのない編集機能が盛りだくさんになっています!

関連記事

無料動画編集アプリ『InShot』の基本的な使い方-動画の作成から保存までの流れを徹底紹介!

2019.01.12

TikTok ティックトック

TikTok ティックトック
TikTok ティックトック
開発元 : BYTEMOD PTE. LTD.

若者心酔の動画SNS。動画編集も充実。

今やテレビ・ニュースなどでも取り上げられ、企業もTikTokを中心にプロモーションするまで拡大したこの「Tiktok(ティック・トック)」ですが、そのコンテンツの中心である「動画」を作成する機能も使いやすく洗練されています。

▼動画SNSでもはや必須の機能になった0.1x~10xの「速度調整」から美顔機能まで、実は最新のトレンドが詰め込まれている撮影画面。

音楽も充実。更には音楽レーベル「エイベックス」が包括契約

動画に挿入できる音楽も、通常であればそのアプリデベロッパーが作成したフリー音源のようなものが大半ですが、

▼Tiktokの場合、このように通常ライセンス許諾が必要なJ-POPの楽曲も無料で提供中…!

更には日本の大手音楽レーベル「エイベックス」と包括契約を交わし、約25,000曲を無料で開放するとのこと。

レーベルとしてはPRにもなりますし、ユーザーとしては好きなアーティストの楽曲を自分の動画に使えることもあって非常に良い取り組みですね…!

作品を作って反響のあるSNSに投稿できる悦び

やはり作品を作ったからには、他人からの反響やリアクションがほしいところ。TikTokの場合、その編集機能もさることながら作った瞬間にコミュニティに投稿。即座にリアクションが来るという好循環を実現しているため、ハマってしまう若者が続出している状態です…!

関連記事

動画SNSアプリ『TikTok』の基本的な使い方-曲の挿入・動画の保存方法など紹介!

2018.04.18

iMovie

iMovie
iMovie
開発元 : Apple

iPhoneユーザーにとって意外と馴染みが薄いのは、意外にも最初から端末にインストールされているアプリだったりします。

このiMovieもそのひとつで、使えば使うほど「こんな高機能なアプリを初めから使えていたなんて…!」と思うような機能が詰まっています。

iPhone版『iMovie』で結婚式のスライドショーに使える動画を作成する方法

2015.08.08

作成時に「予告編」を選択してさながら映画の予告編的な動画が作れる

iMovieを使って通常の動画編集作業も可能ではありますが、ここではちょっと変わったプリセットを使って、映画の予告編のような映像を作成できる機能をご紹介致します。

▼動画作成時にこの画面を表示し「予告編」を選択すると、

▼こんなに多くの「映画予告編プリセット」が揃っている画面が表示されます!

これらそれぞれどのような内容かというと、恋愛系の映画だったり、ホラーの映画などジャンルによって予告編の雰囲気は違えど「映像」→「文字」→「映像」→「文字」のようなある一定の形式を組んでいますよね。

この画面では、それぞれほのぼの系だったり、パニック系だったりに使われていそうな予告編テンプレート的なものが揃っており、写真や動画をはめ込んでいくだけで簡単に面白い映像が作成出来てしまうのです!

iMovieで作成したサンプル動画

▼こちらが「ロマンス」というテンプレートを使って作成した結婚式のスライドショーを意識したムービー。

もちろん通常のビデオ・写真・音楽を組み合わせて作る動画編集も使いやすい・高機能・速いを実現していますので、いつも使っている動画編集アプリから少し違ったアプローチをしてみたい時にこのiMovieを使ってみることをオススメします!

Adobe Premiere Rush CC

Adobe Premiere Rush CC
Adobe Premiere Rush CC
開発元 : Adobe

インストール直後のチュートリアルが分かりやすすぎ

動画アプリをインストールしたものの、さぁ、何から手をつけてよいか、と考えてしまいがちですが、そこは多くの編集・作成ソフトで培ってきたAdobeさん。

インストール直後から表示される超絶丁寧なチュートリアル(使い方の説明)でおそらく「わからない人がいない」くらいの分かりやすい使用開始を実現させています。

▼このように一つ一つの手順に対して吹き出しで説明と次の手順を示唆。分かりやすい。

初心者でもフツーに編集できる

チュートリアルが完了し、いざ本番を迎えますが、

▼こちらがその編集画面。

画面の作りが非常にシンプルで分かりやすいのと、予め入っている動画素材がとにかく美麗。

「Adobe Premier」と聞くと玄人向けの動画編集ソフトの雰囲気がしますが、このRush CCは初心者での直感的に編集できる優れた動画編集ソフトです!

しつこい有料登録への誘引画面がない

これも大事。

無料でアプリを提供しているので、他のアプリの場合いたるところにプレミアム登録のオファーが表示されますが、このアプリはどこからともなく余裕があるのかそのような表示はほぼなし。

ただし、無料の場合、エクスポート(ビデオの書き出し)が3回までという制限がありますので、その3回で引き続きこのアプリを使用するかどうかを判断する形になると思います!

Magisto 動画編集 アプリとムービーメーカー

Magisto 動画編集 アプリとムービーメーカー
Magisto 動画編集 アプリとムービーメーカー
開発元 : Magisto Ltd

3回~4回タップしてると、あれ?動画ができていた

こちらは使いやすいというよりも「何回か画面をタップしていたらいつのまにやら動画が完成していた!」という感覚になってしまうくらい完成までの道のりが簡単な動画編集アプリ。

▼初回画面から「動画を作成」を選択すると、最初にこちらのスタイル選択画面が。

その後、端末内の写真を選んでサウンドトラックを選ぶと、あれ?もう終わり??と思ってしまうくらい簡単に動画が完成しています!

▼適当に選んだ写真5枚でも手の混んだ動画が簡単に完成します!

ただし、有料登録へのオファー出現頻度が結構高い

こちらは上記のAdobe Premier Rush CCと対象的なところですが、「有料登録しませんか?」という表示がかなり多くでます。

その都度「X」ボタンを押して閉じることができますが、若干のノイズかも。

Mixchannel

MixChannel
MixChannel
開発元 : Donuts Co. Ltd.

言わずと知れた、国内で女子中高生に絶大な人気を誇っている動画共有サービス「MixChannel」ですが、一般的なイメージだと「動画を公開する場所」という印象が強いですが、実は動画を編集する機能自体も改良に改良を加えられ使いやすいものになっています。

サイト内の動画をそのまま素材として使える

MixChannelは動画制作の機能と共有するSNSの機能が同居しているため、この機能の独自性が際立ってくる形になります。

▼動画作成時にこちらの「インポート」から進んで

▼こちらの「Likeしたもの」を見てみると、今までMixChannel上でLikeしたものをそのまま素材として利用できるのでデュエット動画などはこちらから簡単に作成することができます。

みんなの作品

Flipagram

Flipagram
Flipagram
開発元 : Medic Ventures Inc

このFlipagramも使いやすさと機能性に特化して日々向上しているアプリになります。メインのユーザーは海外が多く、一覧で表示されるタイムラインには海外ユーザーがアップした動画がズラリと並び、一時期のVineのような様相を呈しています。

注意
現在AppStoreにてダウンロード不可の状態。原因不明。

関連記事

音楽に合わせて動きが変わる

Flipagramの最も特徴的な機能は、挿入した音楽に合わせて、描画したペンや文字などが脈を打つようにリズムをとり動き出す、というところです。

他には、特にお絵かき系ツールなどが充実しており、動画内に色々書き込みたい人にとっては最適な編集アプリになると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、動画編集に関するおすすめアプリをご紹介してまいりました。

ご紹介したアプリはいずれも、基本的には端末内の素材を切り貼りするだけで、いわゆる「それっぽい高い品質」の動画が出来上がることを共通項に取り上げてまいりました。

この他にもおすすめの編集アプリ発見し次第、こちらの記事に追記をしていこうと思います。

本記事が皆様の参考になれば幸いです!