Amazonミュージック(プライムミュージック・ミュージックアンリミテッド)の基本的な使い方




ITの各大手がそれぞれの音楽サービスをリリースししのぎを削る中、Amazonもプライム会員の会員数を勢いに攻勢をかけています。

Amazonでは「プライム会員」という万人向けの月額サービスがあり、そのサービスとの兼ね合いで既存音楽サービスの料金が安くなったりする中、それを理由に契約体系などが分かりにくくなってしまっているところもありますよね。

そこで今回は、Amazonが提供する音楽サービスの全容・構成から、料金体系、アプリの使い方など【使い方完全ガイド】として網羅的な情報の提供をさせていただきます!

Amazonの音楽サービスの種類

まずAmazonが展開する音楽サービスとして知るべきこととしましては、サービスが大きく分けて2種類あり、

  • プライムミュージック
  • Amazon ミュージックアンリミテッド

の2つに分けられます。

個人的な意見&自分の言葉を使うと、

  • プライムミュージック→Prime会員のおまけ的音楽サービス。
  • Amazon ミュージックアンリミテッド→アマゾンの本格的な音楽サービス。

と言えます。

この2つのサービスの違い・メリット・デメリット等については、

▼以下の記事にて詳細をまとめておりますので「イマイチ良くわからないよね~」という方はご確認どうぞ!

音楽アプリ『Amazonプライムミュージック』『ミュージックアンリミテッド』の違いを徹底解説

2018.10.07

Amazonミュージックの料金体系

上記でAmazonの音楽サービスが大きく2つ存在する、という点をご説明させていただきましたが、もちろんその2つのサービスを比較すると、料金体系にも違いがあります。

また、「Amazonプライム」というメインの月額サービスが存在する中で、そのサービスに加入しているかしていないかも料金に影響が出ます。

Amazonミュージックの料金一覧表がこちら!

Prime Music (Prime会員) Amazon Music Unlimited
月額課金
個人 Amazon Prime会員特典  980円(Prime会員:780円)
学割 –  – 
家族割 –  1,480円 
年間一括払い 個人&プライム会員:7,800円(ファミリープラン:14,800円)

以下、解説です!

プライム会員に入会しているとプライムミュージックは無料

上記の表の通り、プライムミュージックはAmazonプライムのおまけ的位置づけですので、なんと無料で利用できます。

また、プライムミュージック自体がAmazonプライムの一部のサービスであることから、非プライム会員がプライムミュージックのみ利用することはできません。

Amazonミュージックアンリミテッドはプライム会員だと200円オトク

こちらもプライム会員と関連する部分ですが、プライム会員に登録している状態であれば通常月額980円のところ、200円お得な780円にディスカウントされます。

この月額780円という金額、Spotify(980円/月)Apple Music(980円/月)など大手音楽サービスの中での個人プランで比較すると最安値となっています。

▼Spotify・YouTube Musicなど各音楽サービスの徹底比較は下記の記事をご覧くださいませ!

音楽配信の全比較の完全ガイド-Spotify・YouTube Music・Apple Music・LINE MUSIC等の徹底比較

2019.03.21

Amazonプライムミュージックの使い方

ではまず、「プライムミュージック」のサービスより詳細な使い方を噛み砕いて行きたいと思います!

音楽を探す

「ブラウズ」から新着やランキングを確認する

まずアプリを起動した直後から表示されるのが

▼こちらの「ブラウズ」の画面。こちらの画面から「新着」や「人気ランキング」を確認することができます。

ユーザーの音楽性にも依りますが、特定のアーティストや楽曲を探していない場合はこのブラウズの画面をザッピングすることによって、様々な音楽的な出会いが得られます。

検索を使ってアーティスト名・曲名などを検索する

膨大な楽曲数を誇るAmazon Musicですので、検索の機能は必須ですね。

アーティストや楽曲の検索を行うには、

▼ブラウズの画面の右上に存在する虫眼鏡アイコンをタップし

▼こちらにアーティスト名や探している楽曲名などを入力すると検索を実行することができます。

Amazonミュージックからのおすすめを確認する

▼また「おすすめ」のタブでは

ユーザーの今までの視聴履歴からAmazon Music側が好むであろう音楽を自動でセレクトしてくれ、同じアーティストの別アルバム・別楽曲や同系統のアーティストを紹介してくれますので、再生のルーティーンがマンネリ化した時はこちらを眺めると新たな発見があることも多いです!

音楽を聴く

Amazon Music において音楽を聴くというアクションは大きく分けて二つあります。一つは端末にダウンロードせずストリーミング形式で音楽を聴く方法、二つ目は音楽ファイルを端末にダウンロードしてオフラインで聞く方法。

PrimeミュージックでもAmazonミュージックアンリミテッドでも両方この二つの配信方式で音楽を聴くことができます。

ストリーミングで音楽を聴く

ストリーミングで音楽を聴くには、

▼再生したいの曲を画面を表示し、曲名をタップすることで

▼このように自動に再生プレイヤーが表示され再生が開始されます。

ダウンロードした音楽を聴く

目的の音楽をダウンロードするには、

▼同じように楽曲一覧を表示させ曲名に右に位置している「︙」をタップすると、

▼「ダウンロード」のボタンが表示されますのでこちらをタップすると端末に音楽ファイルをダウンロードできます。

Amazonミュージック内には単体のソング、もしくはアーティストやアルバム単位で情報がまとまっておりそれらを指定して一括でダウンロードすることができます。

▼ Amazonミュージックでのダウンロード方法についての詳細は以下の記事が参考になるかと思います!

Amazonミュージックで楽曲をダウンロードしてオフライン再生で楽曲を聴く方法

2019.04.18

歌詞表示

楽曲を再生しながらの歌詞表示も機能として実装されています。

ただし、歌詞の情報が存在する楽曲と存在しない楽曲があり、

▼楽曲が一覧されている画面でこのように「歌詞」と表示されている楽曲については

▼再生プレイヤー画面上のこの部分に歌詞が表示されます。

▼この歌詞が表示されてる小窓部分を上方向にスワイプすると、このように広い画面で歌詞を確認することができます。

また、表示方法も歌の進行に合わせて歌詞の色が変わりますので(周囲が気にならなければ)歌ありのカラオケも可能ですね。

プレイリストを作成・編集する

何曲が聴きたい曲が聴けたら、よく聴く楽曲だけを一つのまとまりにしておきたいですよね。

そのまとまり自体を「プレイリスト」と呼び、自分で作成することができます。

プレイリストに新規作成・登録

プレイリストを作成し、そこに楽曲を登録するには

▼何か曲名が表示されているリスト画面の曲名右側に位置する「︙」をタップし、

▼こちらの機能一覧を表示させ、「プレイリストに追加」を選択。

▼そうすると新しいプレイリストを作成するか、既存のプレイリストに追加するかを選択できる画面が表示されます。

▼新しいプレイリストを作成することを選択した場合は、このようにプレイリスト名を入力できる画面が登場しこちらに任意の名前を入力します。

▼プレイリストの名前が入力し終わると、こちらの画面が表示されないリストへの追加が完了します。

楽曲をプレイリストから削除 ・編集

作成したプレイリストを管理するには、

▼画面下に存在する「マイミュージック」をタップし、

▼「プレイリスト」のページを見てみると、作成済みのプレイリストが表示されますので、編集したいプレイリストを選択し、

▼削除したい楽曲の「︙」を選択

▼「編集」をタップし、

▼削除や並べ替えを行うことができます。

画面説明

ブラウズ

ブラウズでは

  • ホーム:主に新着・ランキング・おすすめなど総合的なトップ画面。
  • おすすめ:今までの視聴履歴から判断されたおすすめ楽曲・アーティストなど。
  • ラジオ:ジャンルごとでまとめられたアーティストごとのランダム再生。
  • プレイリスト:「平成の名曲◯選」などの既存プレイリストの表示。

で画面上のタブが分けられています。

履歴

履歴はその文字の通り今まで聞いた楽曲のリストが表示されています。

時系列順でまとめられていますので一番最近の方から見やすく表示されています。

マイミュージック

マイミュージックはそこまででダウンロードした楽曲、プレイリストに登録する曲なのがまとめられており、ヘビーローテーションの楽曲はこちらから聞くことになります。

▼マイミュージックの中でも「アーティスト」「アルバム」「楽曲」とそれぞれの単位でまとめられておりますので、「ダウンロードしたけど見つからない」ということがないように整頓されています。

ALEXA

このALEXAもAmazonミュージック独自の機能です。

▼ALEXAタブをタップすると、コチラの表示がなされますので「マイクへのアクセスを許可する」をタップすると

▼確認用のポップアップが表示されますので「OK」を選択。

▼この画面になったら、それ以降は「アレクサ」と話しかけるだけで楽曲の再生を行ってくれます!

ALEXAを使った再生のさせ方としては、

  • 「アレクサ、バックナンバーの曲をシャッフル再生でかけて」
  • 「アレクサ、木村カエラの新曲をかけて」
  • 「アレクサ、シン・ゴジラの音楽をかけて」

などSiriやGoogle Homeなどと同じように音声でのコントロールを行うことができます。

音声でのコントロールはアプリを起動している状態であれば可能ですが、逆に言うとアプリを起動している必要があり、画面の液晶がついたままの状態になりますので、電池の消耗の懸念があります。

ですので、スマホを音声コントロールようのデバイスとして置くのであれば、充電している状態で使用するのが良いでしょう。

Amazonミュージックアンリミテッドの使い方

Amazonの本格的な音楽サービスである「Amazonミュージックアンリミテッド」ですが、使い方としてはほぼプライムミュージック会員の状態とほぼ変わらず。

唯一大きく変わるのが、配信アーティスト・再生可能曲ラインナップ。

プライムミュージック会員の場合は一つのアルバムでも配信可能・不可能が同居しており1枚のアルバムを丸ごとダウンロードできることは稀ですが、

▼Amazonミュージックアンリミテッドの場合、表示される楽曲が当然全てダウンロード可能になっていますので、このボタンが表示されるようにアルバムの一括ダウンロードが可能になります。

プライムミュージックとミュージックアンリミテッドとのラインナップの差についても<こちら>の記事で詳細を記載しておりますが、

▼先日配信開始されたback numberのアルバム楽曲一覧画面を見るとそのラインナップ差がよく分かるかと思います・・・。

上記の「music unlimited」がついている楽曲は、Amazonミュージックアンリミテッドに登録後、聴けるというサイン。

音質の変更方法

音質は通信量と直結しますので、適宜コントロールしたい人もいるかと思います。

料金プランで設定された通信量の限度が近い人はより低い音質に設定しかくなるかと思いますが、その音質の変更方法は設定>ストリーミングの音質 から設定変更が可能です。

▼Amazonミュージックの音質については以下の記事に詳細を記載しておりますので、ご確認くださいませ!

『Amazonミュージックアンリミテッド』の音質は悪い?音質変更の方法とそれぞれの通信量を徹底調査!

2019.03.12

Amazonプライムミュージック・ミュージックアンリミテッドの解約方法

一通り機能も理解しながら使い倒してみたとして、最終的に「ハマらなかった」という判断をされる方もいらっしゃるかと思います。

そんな方のためにわかりやすくスムーズに解約するために解約の手順を

<こちら>にまとめさせていただきましたのでご確認くださいませ!

スマホでできる『Amazonミュージックアンリミテッド』の解約方法-退会手順のご説明

2019.03.02

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はAmazonが展開する「プライムミュージック」とその本気版である「ミュージックアンリミテッド」の詳細な使い方についてご説明させていただきました。

AppleもApple Music、専門業者の「Spotify」、LINEの「LINE MUSIC」など軒並み大手がしのぎを削っている状況になっていますが、もともと通販のプライム会員の母体があるため、価格やサービスの親和性でAmazonの音楽サービスを優位に思う方も多いかと思います。

本記事参考にしていただきつつ、Amazonの音楽サービスのポテンシャルを最大限まで引き出してお使いいただければと思います!