【2020年3月版】Music Box復活?今度はオレンジ色のアイコンで本物MusicFMとして最新版-今後の配信予測など徹底検証

おすすめ音楽聴き放題アプリ ▶こちら




【緊急追記:2020年3月30日】

本文記載現在、オレンジ色のMusicBoxが初期画面(スプラッシュ画面)から先に進まない、という事象が発生しています。

▼一度は起動するものの、この画面から先に進めなくなっています。

このアプリは起動当初、おそらくMusic FMサーバーと通信を行っていますが、その通信面でエラーが起こっている可能性が高いと考えられます。

現在のところ、対処法は見つかっていませんが、画面上の曲リンクが表示されていたところをタップすると音楽が流れます。ただし、どの場所に曲が配置されていたのかを完璧に記憶していないと自分の任意の楽曲が再生出来ない状況です。

【追記:2020年2月16日】

なんと最新のMusic FMが音楽カテゴリではなく、「ライフスタイル」カテゴリに「メモアプリに偽装して」配信開始…!

▼詳細はこちら

最新Music FMは『MoodSayings』というメモアプリに偽装して配信!その手口とアプリ内容・オフライン再生などを徹底検証!

2020年2月16日

▼さらにAndroidでも最新版MusicFM(Music Jude)が配信されていましたが、こちらは今現在停止状態となっています。

Android版MusicFMの『Music Jude』は危険?その使い方・ダウンロードとオフライン再生を徹底検証

2019年8月11日

また、最近のApp Storeでは「偽物のMusic FM」と言われている「音楽プレイヤー Music LIST Z」「Music HD」などがランキングの高順位を獲得している様子。

また、つい先日までApp Storeのランキング上位にいた「偽Music FM」である「音楽ダウンロードXM」や「みゅーじっくFM」は少なくとも日本のランキングからは削除されたようです。

そのような状況ですが、ここからは先般配信されていた、オレンジのMusic FM(Music Box)について

  • 今までのものと機能的には変更があったのか?
  • 法的な問題点の部分はどうなっているのか?

などの観点から検証をしてまいりたいと思います。

▼【2020年】無料で音楽ダウンロードできるアプリのおすすめはこちら。

【2020年版】無料&合法でダウンロードができる音楽アプリのおすすめを徹底解説!-MusicFMより使えるものランキング

2020年3月30日
【おすすめ音楽アプリ】

逮捕されるかもしれないのに
まだ違法音楽アプリを使います?

「合法」「聴き放題」「ダウンロード」
「オフライン再生」ができるアプリは

▼こちら▼

『嵐』聴き放題で配信開始!

違法アプリのリスクは開発者よりも利用者の方が高いってホント?

知恵袋などで『Music FMなどのアプリは違法ですか?危険ですか?』という質問をよく目にします。

その点、率直に書きますと、

  • 見つかれば逮捕。
  • 2年以下の懲役・200万円以下の罰金。
  • 逮捕歴が就職など影響。
  • 家族も風評被害。

のリスクがあります。

また、iTunesなどで有料で配信されている楽曲をMusic FMなどで聞いてしまうことは、CDショップで堂々と万引きしているようなもの。

当サイトとしては、

  • Music FMを使わずとも
  • フル尺で聞けて
  • 機能としてオフライン再生も実装する

アプリがありますので、

↓こちらのアプリをおすすめします↓

【3ヶ月間無料!】Apple Music

後ろめたい気持ちで違法音楽アプリ使い続ける方に【朗報!】

  • 会員数伸び率No.1音楽アプリ!
  • オフライン再生&歌詞表示可!
  • 長期3ヶ月間の無料聴き放題!
  • その間の退会は使用料ゼロ円!
  • 国内最大級5000万曲が聴き放題!
となっています!

▼こちらから!▼

今回のアプリ名は「Music Box」

今回のアプリ名は「Music FM」ではなく再度「Music Box」になったようです。

▼こちらが前回のMusic Boxのアイコン。

▼そして今回のMusic Boxがこちら。

CDの様なモチーフはそのままに音符のイラストを取り除いた形になりました。

また、以前のMusic Boxアプリを起動すると、

▼またもやこのように新規Music Boxに対して誘導を行なっています。

いつ頃から配信されていた?

正確なタイミングは観測できていませんが、8月10日(土)の午前0時、日付が変わったタイミングで配信が開始された模様です。

これまでのMusic FM・Music Boxの配信開始のタイミングは、年末年始の長期休暇前、ゴールデンウィークなどの連休前、いわゆる「音楽関連業者が権利関係の問い合わせを入れにくいタイミング」を見計らって配信開始したものと推測されています。

その前提からすると、今回の配信タイミングもお盆休みに入った初日に配信がされていますので、予めアプリの開発・審査は完了させた上で、この日を狙ったものと思われます。

最近は予想されたタイミングで配信されず
2019年末から2020年初頭にかけては、クリスマス前か年明けには新しいMusicBox(もしくはMusic FM)が配信されると予想されていましたが、より一層厳しくなるAppleの審査に通過出来なかった模様。

一つ前の「Music Box」との変更点

デザインの全面的な刷新

今回はそれまでのMusic FM・Boxの更新からはなかったような大規模なデザインの刷新が行われています。

▼こちらが前回までのバージョンの基本デザインでしたが、

▼今回は「FM」の画面がなくなり、「発見」に全てまとめられている状況。

ダウンロード機能の廃止(ただし、キャッシュ機能の追加)

こちらは一部ユーザーの中で混乱があるようですが、

▼再生画面のところに今まであった「ダウンロード」の機能がなくなっています。

どうやら今回のバージョンでは明確に「ダウンロード」という機能は除外されており、その代わり「キャッシュ」という言い回しで端末への保存が行われているようです。

キャッシュとは?
ネットの閲覧などで一時的にファイルを保存することで読み込みスピードを高速化する仕組み。

おそらく今まで「違法ダウンロードアプリ」と叫ばれているなか、実はストリーミング配信は、ユーザー側にとってはグレーゾーンでした。

また「キャッシュ」も実質的には「ダウンロード」とほぼ同様ですが、言葉の意味としてダウンロードからは一線を画しており、その当たり、追求を避けることを目的として、今回の仕様変更があったものと推測しています。

▼設定から確認できる「キャッシュ設定」の画面では、現時点どれくらいの音楽ファイルが溜め込まれているか、確認できるようです。

▼また「よくある質問」ではわりと堂々と保存に関する記述がなされています。

この記述から考えると、実際的な「楽曲のダウンロード」は

  • 再生時
  • お気に入り登録時

の2つのタイミングで行われているようです。

また古い・再生されていない楽曲から優先的にキャッシュが削除されていくとのこと。

楽曲へのコメント機能

こちらも今回のバージョンからできなくなっています。

その他、いくつかトラブルが発生している模様

キャッシュ後の楽曲がオフラインで再生できない

当方で検証したタイミングでは、

▼このように機内モードに変更した状態でも「お気に入り」に入れた楽曲は再生が可能になっていました。

ですので、引き続き「オフライン再生が可能」な状態ではありますが、

▼アプリのレビュー欄ではオフラインで聴けないという意見もちらほら。

プレイリストの引き継ぎができない

Music FM・Boxを使い続けているユーザーは、MyMusicに大量のダウンロード楽曲が入っているとのことですが、今までアップデートがなされた時はTwitterのアカウントなどを使用し、それまでダウンロードしてきた楽曲の引き継ぎができていました。

今回のバージョンでも

▼設定画面のこちらからアカウント連携ができるようですが、

一部のユーザーで引き継ぎが正しく行われない、という事象が発生しているようです。

データベースへの更新問い合わせが殺到しているためかと推測されます。

新しい「MusicBox」の利用は違法?違法性について

もろもろ新しくなった本物の「Music FM」とされる「オレンジのMusic Box」ですが、

  • ダウンロードからキャッシュへの変更

など著作権法的にどストレートでNGな部分は取り除くなどで対応してきたような印象です。

ですが、ダウンロードからキャッシュへと文言変更を行ったところで現実的に「音楽データを端末に提供」し、実質的な「ダウンロード保存」ができてしまっている以上は、使用しているユーザーも「ダウンロード違法」のリスクが当然のごとくあります。

法律的な見解はいくつかありますが、摘発された場合は言い逃れできないでしょう。

その点では引き続き、このアプリが「強烈は自己責任系アプリ」であることをお伝え致します・・。

▼以下のページは過去配信された「ピンクのMusic Box」配信時のレポート記事になります。