【2020年7月版】Music Box復活?最新はオレンジ色のアイコンで本物MusicFMとして最新版-今後の配信予測など徹底検証

おすすめ音楽聴き放題アプリ ▶こちら




最新のアプリ名は「Music Box」

最新でリリースされていた本命のアプリ名は「Music FM」ではなく再度「Music Box」でした。

▼こちらが前回のMusic Boxのアイコン。

▼そして今のところ最新のMusic Boxがこちら。

CDの様なモチーフはそのままに音符のイラストを取り除いた形になりました。

また、以前のMusic Boxアプリを起動すると、

▼またもやこのように新規Music Boxに対して誘導を行なっていました。

最新の「MusicBox」はいつ頃配信されていた?

最新版はメモアプリ「Mood Sayings」に偽装して配信

2020年の2月に配信されていたメモアプリ「Mood Sayings」が実は隠れたる「Music FM」だったことで話題を呼びました。

ただ、このアプリが偽装して配信していたことを受けて、気づいたApple側がすぐに配信停止措置。

▼今現在もダウンロード済みの端末であれば、アイコンは消えずに残っていますが、

▼アプリを起動すると、以前は2回目の起動でMusic Boxの画面が表示されましたが、今現在はメモアプリの様子から画面が変わらず、

音楽アプリとして使用することは不可能なようです。

AppCake経由で『Music FM』をインストールすることは可能

Music FMをインストールすること自体は、半脱獄ツールである「AppCake」というプロファイルを使用して行うことが可能です。

ただし、その「AppCake」を実行するのにiPhoneに「構成プロファイル」をインストールする必要がありますが、非公式の「構成プロファイル」をインストールすることは、端末の乗っ取りや不正行為の温床となっており、かなり危険な行為でおすすめしません。

▼AppCakeに関する詳しい情報はこちらをご確認ください。

超危険!?非公式アプリ配信『AppCake』とは?Music FMがダウンロードできる?「検証できません」など徹底解説!

2020年4月22日

アプリ名が「Music Box」として出されたのは2019年8月が最後

2019年8月10日(土)の午前0時、日付が変わったタイミングで配信が開始された模様です。

これまでのMusic FM・Music Boxの配信開始のタイミングは、年末年始の長期休暇前、ゴールデンウィークなどの連休前、いわゆる「音楽関連業者が権利関係の問い合わせを入れにくいタイミング」を見計らって配信開始したものと推測されています。

その前提からすると、今回の配信タイミングもお盆休みに入った初日に配信がされていますので、予めアプリの開発・審査は完了させた上で、この日を狙ったものと思われます。

最近は予想されたタイミングで配信されず
2019年末から2020年初頭にかけては、クリスマス前か年明けには新しいMusicBox(もしくはMusic FM)が配信されると予想されていましたが、より一層厳しくなるAppleの審査に通過出来なかった模様。

最新版とかつての「Music Box」との変更点

デザインの全面的な刷新

今回はそれまでのMusic FM・Boxの更新からはなかったような大規模なデザインの刷新が行われています。

▼こちらが前回までのバージョンの基本デザインでしたが、

▼今回は「FM」の画面がなくなり、「発見」に全てまとめられている状況。

ダウンロード機能の廃止(ただし、キャッシュ機能の追加)

こちらは一部ユーザーの中で混乱があるようですが、

▼再生画面のところに今まであった「ダウンロード」の機能がなくなっています。

どうやら今回のバージョンでは明確に「ダウンロード」という機能は除外されており、その代わり「キャッシュ」という言い回しで端末への保存が行われているようです。

キャッシュとは?
ネットの閲覧などで一時的にファイルを保存することで読み込みスピードを高速化する仕組み。

おそらく今まで「違法ダウンロードアプリ」と叫ばれているなか、実はストリーミング配信は、ユーザー側にとってはグレーゾーンでした。

また「キャッシュ」も実質的には「ダウンロード」とほぼ同様ですが、言葉の意味としてダウンロードからは一線を画しており、その当たり、追求を避けることを目的として、今回の仕様変更があったものと推測しています。

▼設定から確認できる「キャッシュ設定」の画面では、現時点どれくらいの音楽ファイルが溜め込まれているか、確認できるようです。

▼また「よくある質問」ではわりと堂々と保存に関する記述がなされています。

この記述から考えると、実際的な「楽曲のダウンロード」は

  • 再生時
  • お気に入り登録時

の2つのタイミングで行われているようです。

また古い・再生されていない楽曲から優先的にキャッシュが削除されていくとのこと。

楽曲へのコメント機能

こちらも今回のバージョンからできなくなっています。

その他、いくつかトラブルが発生していた模様

キャッシュ後の楽曲がオフラインで再生できない

当方で検証したタイミングでは、

▼このように機内モードに変更した状態でも「お気に入り」に入れた楽曲は再生が可能になっていました。

ですので、引き続き「オフライン再生が可能」な状態ではありますが、

▼アプリのレビュー欄ではオフラインで聴けないという意見もちらほら。

プレイリストの引き継ぎができない

Music FM・Boxを使い続けているユーザーは、MyMusicに大量のダウンロード楽曲が入っているとのことですが、今までアップデートがなされた時はTwitterのアカウントなどを使用し、それまでダウンロードしてきた楽曲の引き継ぎができていました。

今回のバージョンでも

▼設定画面のこちらからアカウント連携ができるようですが、

一部のユーザーで引き継ぎが正しく行われない、という事象が発生しているようです。

データベースへの更新問い合わせが殺到しているためかと推測されます。

最新の「MusicBox」の利用は違法?違法性について

もろもろ新しくなった本物の「Music FM」とされる「オレンジのMusic Box」ですが、

  • ダウンロードからキャッシュへの変更

など著作権法的にどストレートでNGな部分は取り除くなどで対応してきたような印象です。

ですが、ダウンロードからキャッシュへと文言変更を行ったところで現実的に「音楽データを端末に提供」し、実質的な「ダウンロード保存」ができてしまっている以上は、使用しているユーザーも「ダウンロード違法」のリスクが当然のごとくあります。

法律的な見解はいくつかありますが、摘発された場合は言い逃れできないでしょう。

その点では引き続き、このアプリが「強烈は自己責任系アプリ」であることをお伝え致します・・。

▼以下のページは過去配信された「ピンクのMusic Box」配信時のレポート記事になります。