InstagramをPC(パソコン)から使用する方法-機能はどこまで利用可能?PC用アプリは?投稿は可能?など徹底解説!

おすすめ音楽聴き放題アプリ ▶こちら




スマートフォンからアクセスすることの多いInstagramですが、実はパソコンから使用することもできることをご存知でしょうか?

しかし、パソコンからのアクセスの場合、スマートフォン版で使用できる機能が使用できないものもあります。

そこで今回はInstagramをパソコンから使用する方法や、使用できる機能の違い、また、「PCからiPhoneのアクセスを装う」方法で、スマホからしか利用できない機能をPCでも利用する方法をご紹介いたします。

Instagramを利用する全てのパターン

PC(パソコン)でInstagramを利用するパターンは多岐に枝分かれしています。

WindowsでInstagramを利用するパターン

WindowsのPCでInstagramを利用する方法としては、

  1. ウェブブラウザでInstagramに通常アクセス
  2. ウェブブラウザで「iPhoneを装って」アクセス
  3. Microsoft Storeで「Instagram」アプリを利用する

の3つがあります。

まず、①と②については通常通り、ブラウザを使ってInstagramにアクセスし、利用するパターン。

③については、Microsoft Storeという、iPhoneでいう「App Store」のようなプラットフォームにアクセスし、ソフトとインストールすることで使用することが出来ます。

Windows版Instagram公式アプリはある?

上記でお伝えしたとおり、WindowsはMicrosoft StoreにてInstagramの公式アプリが存在します。

▼こちらがMicrosoft StoreのInstagramアプリのページ。

▼そしてこちらが、Windows版Instagramアプリを開いたものです。

こちらをご覧いただいてお分かりかもしれませんが、中身はブラウザ版と全く変わらず、Instagramのための独立したウィンドウが表示されている点のみが異なる点となっていますので、インストールを行う意味合いはそれほどありません。

MacでInstagramを利用するパターン

MacでInstagramを利用するパターンは、

  1. ウェブブラウザでInstagramに通常アクセス
  2. ウェブブラウザで「iPhoneを装って」アクセス

の2パターンのみとなっています。

Mac版Instagram公式アプリはある?

Macに至ってはMac App Storeに公式のInstagramアプリは配信されておりません。

【Windows・Mac】PCからウェブブラウザでログイン・利用する方法

パソコンでInstagramにアクセスする場合、まずはログインをする必要があります。

▼このようなログイン画面が表示されますので、ログインをしましょう。

パソコンでInstagramを使用する際、スマートフォンの画面とは異なる表示になります。さらに、パソコン版では使用できない機能もあります。それぞれの動きがスマートフォン版とパソコン版でどのように異なるのかを見ていきましょう。

タイムラインや投稿・ストーリーズを閲覧する

タイムラインや投稿の閲覧は同じようにできます。

▼スマートフォン版とは少し配置が異なりますが、左側にタイムラインの投稿、右側にストーリーズが配置され、右上にホームボタンや「いいね」「コメント」などの確認ボタンがあります。
▼それぞれのアカウントのページを見ると、このように、スマートフォン版とほぼ同じ配置となっています。

写真やストーリーズの投稿は可能か?

写真やストーリーズの投稿は、PCブラウザ版をそのまま閲覧している状況では出来ません。

後述するようにInstagramへのアクセスを「iPhoneからのアクセスであると装う」ことによって、PCブラウザからでも投稿を行うことが可能になります。

コメントはできる?

コメントはスマートフォン版と変わらず行うことができます。

▼投稿の下部にあるコメントを追加という部分に文字を入力し投稿するをクリックすればコメントが完了します。

ダイレクトメッセージは送れる?

PCブラウザ版のダイレクトメッセージ機能は、つい先日実装されました。

▼PCブラウザ上を確認してみると、この部分にダイレクトメッセージのアイコンが表記されており、

こちらをタップすることでDM送受信が確認できる画面を表示させることができます。

ライブ配信は見ることができる?

ライブ配信はスマートフォン版ではストーリーズのところに表示されますが、パソコン版では表示されず、見ることができません。閲覧だけでなく、配信を行うことももちろんできません。

PCのウェブブラウザで「iPhoneを装って」利用する方法

ChromeなどのブラウザでInstagramにログインしてそのまま使用する他に、ウェブサイト側に「iPhoneからのアクセスです。」と装うことにより、PC版でもスマホブラウザから閲覧しているような画面にしたり、機能を利用したりすることができます。

Windowsで「iPhoneからのアクセス」として利用する方法

まずは、WindowsのPCを使って、Chromeを使い、アクセス元を「iPhone」と装ってInstagramを利用する方法をご紹介いたします。

Instagramにログインする

▼まず、パソコンで通常通りInstagramにアクセスし、ID・パスワードを入力してログインを行います。

ブラウザ設定で「iPhoneからのアクセス」に設定

▼そうしてログインが完了し、通常通り「ホーム」のタイムラインが表示されたらキーボードの「F12」キーをタップすると

▼このように画面右部分が、何やらコードが書かれた画面に切り替わります。

実はこの画面、Webの開発者用に提供されている機能の画面で、プログラムした内容が意図した通りに画面上に表示されているかを確認するための画面になっています。

▼この画面を表示させた後、この部分にスマホとタブレットらしきアイコンがありますので、こちらをタップすると、

▼このようにスマホブラウザで見ている時のような画面に切り替わります。

もしこの状態で、スマホ画面に切り替えることが出来なかった場合は、

▼画面上部に表示されている端末名部分をクリックすると、再現可能な端末名が表示されますので、その中から任意の端末名をタップすることで、

もれなく「スマホからInstagramを見ている状態」を再現することが出来ます。

これにてPCのブラウザを使って「スマホでログインしている状態」を作り出すことができたことになります。

写真/画像を投稿する

アプリでいつも行っているような写真投稿を行うには、

▼こちらの+ボタンをタップし、

▼画像選択後、アプリと全く同じようにフィルターをかけたり、編集を行うことができます。

ストーリーを投稿する

▼ストーリーを作成・投稿するには、こちらもアプリと同じように画面上部に表示されているストーーリーズをタップし、

画像選択のウィンドウが開きますので、投稿したい画像を選択すると…

▼こちらのストーリーズ用コンテンツ編集画面が表示されます。

このPC上の画面でもスタンプの貼り付けや文字入れなどアプリと同様の操作を行うことが出来ます。

検索を行う

▼検索もアプリと同様にルーペアイコンから行うことが可能です。

アクティビティ(通知)を確認する

▼アクティビティ(通知)の画面もアプリと同様に画面下のハート型のアイコンから確認することが出来ます。

プロフィール・設定確認を行う

▼画面下・右端のアイコンをクリックすると、こちらもアプリと同様にプロフィールの編集や設定変更などを行うことが可能です。

Macで「スマホアクセス」としてInstagramを利用

次はMacで「スマホのアクセス」としてInstagramを利用する方法のご紹介です。Macの場合、Mac上でChromeを利用していた場合、Windowsと同様の手順になりますが、デフォルトブラウザの「Safari」を使用する場合は、設定変更する箇所が異なります。

Instagramにログインする

まずは、Safariでも同じようにInstagramにログインする所から開始します。Instagramのログイン画面にアクセスし、ID・パスワードをフォームに入力後、ログインを行いましょう。

ブラウザ設定で「iPhoneからのアクセス」に設定

次に、ブラウザからのアクセスを「iPhoneからアクセス」しているように見せかけます。

▼画面上のバーに表示されているSafariから環境設定を選択し、表示されたウィンドウにて以下の「詳細」の画面を表示させます。

こちらのウィンドウの下部を確認してみるとメニューバーに”開発”メニューを表示という項目がありますので、こちらにチェックを入れると、

▼このようにバーに開発という項目が表示されますので、その中からユーザーエージェントを選択、

▼いくつかある選択肢のうちSafari – iOS 13.1.3 – iPhoneを選択すると、

▼先程まえの画面がガラリと変わり、iPhoneアプリ版Instagramと同様の画面に切り替わります。

これにて、Safariからの「iPhoneとしてログイン」が完了しました。

写真/画像を投稿する

▼写真を投稿するには画面下の+ボタンをタップし、

▼Mac内の画像選択後、このようにフィルターを適用したり、編集を行い、投稿することが可能です。

ストーリーを投稿する

▼Safariからストーリーズを投稿するには、ストーリーズ+となっている所をクリックし、

▼アプリで行っているようにスタンプ・文字入れなどの編集を行い、ストーリーズへの投稿を行うことができます。

検索・通知を確認・設定変更など

それ以外もアプリの操作と同様で、

▼こちらからコンテンツの検索、

アクティビティ(通知)を確認するにはハートのアイコンをクリック、アプリと同様にプロフィールの変更を行う場合には、プロフィールアイコンをタップします。

PCとスマホアプリ。根本的に違う所は?

PCとアプリで比較すると、基本的にはアプリで利用されることが前提となっていますが、PCブラウザ版でもほぼ大半のことができる・投稿できるようになっていることがわかります。

ただし、以下に挙げる機能は現段階においてもPCでは利用することが出来ません。

  • ライブ配信
  • BOOMERANG
  • レイアウト
  • SUPERZOOM
  • ハンズフリーなど

という上記に記載した「ストーリーズ作成時に選べるフォーマット」についてはPCからでは選択することができません。

PC版Instagramにて画像の保存はできる?

投稿の画像を保存することは、パソコン版Instagramではできません。

▼自分のページに好きな投稿をまとめておく「お気に入り」の機能はパソコン版でも使用することができます。投稿の右下にあるマークをタップすれば「お気に入り」保存が可能です。

PCでInstagramを見るメリット&デメリット

それでは、パソコン版のInstagramのメリットとデメリットを考えてみましょう。

Instagramをパソコン版で閲覧するメリット

メリットとしては、スマートフォン版よりも投稿された画像を大きなサイズでみることができるです。パソコンのサイズにもよりますが、スマートフォン版の画像の約4倍の大きさで見ることができます。

Instagramをパソコン版で閲覧するデメリット

デメリットとしては、ここまでお伝えしているようにできないこと・使えない機能が多いことです。頻繁にダイレクトメッセージのやり取りをする方などは不便に感じることが多いのではないでしょうか。

Instagramの投稿の埋め込みを行う方法

パソコン版を使用するうえで便利なこととしては、サイトやブログなどにInstagramの投稿の埋め込みをする際にパソコン上で作業が完結することです。

▼投稿の埋め込みは、投稿の右上にあるをクリックし、

埋め込みをクリックします。埋め込みコードをコピーをクリックするとコードがコピーされますので、埋め込みたいサイトの投稿画面に貼り付ければ完了です。

まとめ

今回はInstagramをパソコンから使用する方法や、使用できる機能の違いなどをご紹介しました。投稿やダイレクトメッセージの使用、ライブ配信の閲覧などできないこともありますが、タイムラインの確認などは問題なくできます。

ぜひパソコンでもInstagramをチェックしてみてはいかがでしょうか!