インスタグラムの「報告」とは?スパムやなりすまし・盗用・パクリを「通報」する方法

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




本記事ではインスタグラムでの「報告」について解説します。

インスタグラムは老若男女問わず多くの人が使用しているSNSですが、それだけにトラブルも多く発生しています。目にしたくないアカウントや、なりすましなどに直面した場合、有効なのは「報告」という機能です。

インスタグラムの運営に規約違反をしている投稿やユーザーを報告することで秩序を守ることができます。

今回はこのインスタグラムの「報告」の方法について、スパムの報告方法・なりすましの報告方法・転載・盗用を行っている投稿への「報告」「通報」をご紹介します。

インスタグラムの「報告」とは?

インスタグラムの「報告」とは、簡単にいうとインスタグラムの規約違反をしているユーザーや投稿を「通報」する機能のことです。

インスタグラムのようなSNSでは、スパムや有名人へのなりすまし、他人の投稿を盗用・転載しているアカウントや行動をインスタグラム運営側に対し通報・報告しユーザー共同で「治安を維持する」ことができます。

ただし、何も問題ないアカウントに対して通報を行うことで、相手側に謂れのないペナルティが科せられる可能性もありますので、通報・報告を行う際は善良な判断を持って行うようにしましょう。

インスタグラムで『スパム報告』する方法

まずは投稿へコメントで違反している投稿を見つけた場合の報告についてです。

▼自分の投稿に以下のようなスパムコメントが投稿された場合、該当のコメントを左にスワイプし、をタップします。このコメントを報告をタップします。「このコメントを報告する理由」を問われます。スパムコメントの場合はスパムであるをタップします。

これによりインスタグラム運営側に対して、当該コメント及びコメントを送信したユーザーの報告を行うことができます。

インスタグラムで『転載』や『盗用』を見つけた時の報告方法

自分の投稿が無断転載されているのを見つけた場合や明らかに著作者が居る投稿、盗用・転載している投稿も報告しましょう!

▼該当の投稿の右上のをタップします。報告するをタップします。

不適切であるをタップします。 ▼さらに理由を聞かれますので、今回は知的財産権の侵害をタップします。

▼最後に画面下部に表示されているヘルプセンターで報告をタップすると、運営側への報告を完了させることができます。

インスタグラムで『なりすまし』を報告する方法

自分のアカウントや芸能人に明らかに「なりすまし」をしている場合はそのアカウントを報告しましょう。

▼該当のアカウントのプロフィール画面を開き、右上のをタップします。

報告するをタップします。不適切であるをタップします。アカウントを報告をタップします。 ▼さらに理由を聞かれますので、今回はなりすましアカウントであるをタップします。

インスタのその他の機能で報告を行う方法

インスタグラムでは、スパム・なりすましや転載の他にダイレクトメッセージ(DM)やプロフィールなど、ユーザーが文字や画像を残せるところ各所に報告フォームが設定されています。

それぞれの具体的な報告方法をご紹介します。

不適切な投稿・アカウントを報告する

▼性的な内容など、不適切な投稿も同じく投稿の右上のをタップします。

報告するをタップします。不適切であるをタップします。ヌードまたは性的行為をタップします。

不適切なストーリーズを報告する

ストーリーズでも不適切な内容は報告することが可能です。

▼ストーリーズ再生中に右下のをタップします。

報告するをタップします。

不適切であるをタップします。 ▼さらに理由を問われますので、ヌードまたは性的行為をタップします。

注意
ストーリーズは閲覧者の足跡が付いてしまうため、閲覧者が少なかった場合で通報後、運営側に削除された場合は、通報者の絞り込みがかのうになる場合があります。

不適切なメッセージ・DMを報告する

DMでも不適切な内容の場合は報告が可能です。

▼不適切なDMが来たら右上のiをタップします。

報告するをタップします。 ▼理由を聞かれますので、不適切であるをタップします。 ▼さらに、コメントだけを報告したいのかアカウントごと報告したいのかにより変わってきますが、希望する方を選択します。

アカウントを報告を選択した場合、そのアカウントがどのような違反行為をしているかを選択することができます。

単に気に入らないを選択すると、報告ではなく「ブロック」を進められますので、以後そのユーザーの投稿を閲覧したくない場合は「報告」よりも「ブロック」をしたほうが良いでしょう。

「報告」や「通報」がバレる可能性

いわゆる「チクる」という行為に近い「報告」や「通報」というアクションですが、通報する相手側にそれは伝わることはあるのでしょうか?

インスタグラムの基本的な構造上、報告が相手方に直接伝わることはありませんが、ストーリーやDMでのスパム報告には注意が必要です。

ストーリーとDMの報告に注意が必要な理由

ストーリーはその機能として閲覧者の足跡が残り、投稿者側で確認できる機能が付いています。投稿者がアップしたストーリーを報告し、その後、そのストーリーが運営側によって削除・非表示になった場合、足跡の情報から通報者が絞り込めてしまう可能性があります。

またDMでスパム報告を行うと、自動的にそのユーザーへのフォローが外されます。再度フォローをすれば問題ないのですが、フォローを外したことと運営側からの通達が重なった場合、そこでも通報者を絞り込める可能性が発生します。

このように少ない情報から通報者の絞り込みが可能になるパターンも存在しますので、報告・通報は明らかに不快なもの以外は慎重に行うようにしましょう。

「報告」を行うとどのようなことが起こる?

実際に、「報告」を行うと、まず「報告」をしたコメントや投稿は自分のインスタグラムの画面からは非表示となります。

アカウントを報告した場合にはブロックしたこととなり、自分のインスタグラムの画面には出てこなくなります。しかし、他の人からは見えていることがあります。

また、一度「報告」をすると、取り消しをすることはできません。「報告」をする際には慎重に行いましょう。

自分が誰かから報告されたらどうなる?

もしも自分が誰かから報告をされた場合、アカウント停止やアカウント削除をされてしまう恐れがあります。

1人による嫌がらせ行為などですぐにアカウント停止になることはありませんが、多くの人が「報告」をした場合、そのアカウントが利用できなくなってしまうことがありますので、規約違反はしないよう注意が必要です。

まとめ

今回はインスタグラムの「報告」について解説しました。

場合によってはアカウント停止になることもある「報告」は慎重に行いましょう。

しかし、秩序を守るためにも不適切なものを見つけた場合には正しい方法でしっかりと「報告」を行ってくださいね。