CapCutで音楽を入れる方法-TikTokやYouTubeから抽出して入れる方法など徹底解説!

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




この記事は、動画編集アプリ「CapCut」の編集で音楽を挿れる方法を解説します。

「Capcut」では、最初からアプリ内で提供されているフリー音源に加えてTikTokやYouTubeからの動画を音声として抽出してインポートすることも可能です。

今回は、CapCutで音楽を挿入する基本的な方法・TikTokやYouTubeから抽出して挿入する方法・気をつけたい著作権のポイントを解説します。

Capcutで音楽を入れる最も基本的な方法

▼動画の編集画面にてフッターのオーディオ、またはクリップの下にある+音声を追加をタップしてください。

▼4つのオプションが表示されるので、一番左の楽曲をタップしてください。

▼下記画面が表示されたら、動画の内容やテーマに合ったジャンルを選んでください。

▼すると一連の楽曲がリストアップされます。曲タイトルをタップすると視聴することが可能です。

▼追加したい曲が決まったら、一番右にあるボタンを押してください。

▼クリップの下に先ほど選んだ曲が反映されていればOKです。

TikTokの動画から音楽を抽出して入れる方法

初めにTikTokアプリを起動して、音楽を抽出したいTikTok動画を開いてください。

 

▽アプリ起動・ダウンロードはこちらからどうぞ。

TikTok ティックトック
TikTok ティックトック
開発元 : BYTEMOD PTE. LTD.

▼動画を開いたら、画面右下にあるシェアボタン(矢印)をタップ。

▼メニューが開くので、ダウンロードするをタップしてください。

▼画面下部に「◯◯% 保存中…」と出ていれば ダウンロードが始まっています。

▼Cupcatに戻り、フッターのオーディオ、またはクリップの下にある+音声を追加をタップ。

▼次に3番目の抽出済みをタップしてください。

▼先ほどダウンロードした動画があるので、サムネイルの右上をタップして画面下の音声のみをインポートをタップするか、あるいは動画をタップ後、右下の追加をタップすればOKです。

▽TikTok動画をダウンロードするその他の方法については、こちらの記事でも取り上げてますので是非ご覧くださいませ。

『TikTok』の動画をダウンロード保存する方法-「音声あり」で保存する・できない場合の対処法

2022年3月1日

YouTube動画から音楽を抽出して入れる方法

ここではドハックが最近ご紹介したアプリの一つ「トルミル」を使ってダウンロードしたYouTube動画を使用しています。

使用した「トルミル」の詳しい使い方については、こちらの記事をぜひお読みくださいませ

保存アプリ「トルミル」の使い方ーYouTube保存・mixdata、Kingboxからのデータ移行を解説

2022年4月15日

▼アプリ等でYouTube動画をダウンロードした後は、先ほど同様にCapcutで抽出済みをタップして、

▼ダウンロードしたYouTube動画を選択して、右下の追加をタップしてください。

「トルミル」を初めとする様々な動画ダウンロードアプリ・サイトをまとめた記事もございますので、こちらもご参考にして頂けると幸いです!

【2022年7月版】YouTubeの動画をダウンロード保存するアプリ・ウェブサイトのまとめ

2022年6月23日

iPhone内部・iTunesに保存されている音楽を追加する方法

▼初めに一番左の楽曲をタップしてください。

▼下記画面が開いたら、2番目にあるフォルダアイコン(マイミュージック)をタップしてください。

▼「抽出済み」または「デバイスから」の2択があるので、後者をタップしてください。

▼タップ後、画面を上にスワイプしてください。

▼するとiPhoneに保存された楽曲の一覧が表示されるので、追加したい曲がタップしてください。

▼曲の視聴が終わったら一番右のボタンを押して完了です。

自分で撮影した動画ファイルから音声を抽出して追加する方法

iPhoneのカメラで撮影した動画なども、YouTubeやTikTok動画と同じ方法で音声を抽出していただけます。

▼先ほど同様、3番目の抽出済みをタップしてください。

▼保存されている動画の一覧から、抽出対象の動画を選んでください。

▼最後に右下の追加をタップすればOKです。

CupCutに挿入した音楽を編集する方法

上記方法で挿入した音楽や音声を編集したい場合、以下のような編集オプションを利用することが可能です:

音量

編集中の動画のシーンに合わせて、音の強弱を加えることができます。

フェードイン/フェードアウト

音楽の初めが徐々に多くなったり、終わりが小さくなっていくなどの効果を加えられます。

分割

挿入した音源を分割して、それぞれの部分を個別に編集できるようになります。

速度

音声の再生速度を0.1倍から100倍にかけて細かく調整することが可能となります。

音楽をCapCutに挿入して配信することは著作権的に問題ある?

CapCutを使用して編集・個人で楽しむ範囲では問題なし

CapCutなどを使用して著作権の絡む音楽を動画に使用して製作する場合、その動画コンテンツを自分のみ、もしくは家庭で楽しむ場合は著作権を気にする必要はありません。

TikTokやYouTubeなどプラットフォームへのアップロードは許諾が必要

ただし、著作権を含む音楽を動画に挿入し、出来上がった動画をTikTokやYouTubeなどの動画プラットフォームにアップロード・投稿する際は、音楽を作った権利者に「許諾」を取る必要があります。

「許諾」を得るにしても実際的に契約書の締結等があり、現実的ではありません。

TikTokでは「セーブ」した楽曲から音楽の利用が可能

TikTokでよく使用されている著作権楽曲の使用方法は、

▼それが使われている楽曲の右下に表示されている円盤型のディスク部分をタップし、

▼楽曲の詳細が表示されたらセーブするをタップ。

こうすることで楽曲をいつでも引き出して使えるように「セーブ」することができました。

このセーブした楽曲を動画に引用するには、

▼動画を作成する際に楽曲を選ぶを選択し、セーブ済みタブを確認することでその楽曲を簡単に引用することができます。

▽詳しいTikTokの使い方・動画の作り方については以下の記事を御覧ください。

『TikTok(ティックトック)』の基本的な使い方-今さら聞けない見るだけ・投稿のやり方解説

2022年3月15日

まとめ

いかがだったでしょうか?

無料で用意している音楽はもちろんのこと、お気に入りのYouTubeやTikTok動画を音源として利用できることが、Capcutでの動画編集が一層楽しくなります。

一方で著作権といった不安要素はありますが、あくまで非営利で個人的な利用であれば問題ないのでご安心ください。