『Simeji(しめじ)』の基本的な使い方-背景・ボタンの変え方・フルアクセスは危険?など徹底解説!

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




この記事は、キーボードアプリ「Simeji」の基本的な使い方について解説します。

App StoreでiPhone向けカスタムキーボードがリリースされた当初から配信をしている「Simeji」。

元々Android でかなり高い評価を得ていた「Simeji」のアプリですが、今回はその多機能なSimejiの基本的な使い方の部分から、知られざる「そんな所まで変更できたの!?」という所や、様々存在するカスタマイズ部分を網羅的にご紹介をしていきます!

Simejiとは?

合計4800万ダウンロードを記録している人気キーボードアプリ。

特徴としてはキーボードの背景を変更できることや、ボタンのデザインのフォントのデザインを変えれる点が 今の若い世代に受け入れられ、高いダウンロード数を記録しています。

『Simeji』のダウンロード

Simeji - 日本語文字入力&きせかえ・顔文字キーボード
Simeji – 日本語文字入力&きせかえ・顔文字キーボード
開発元 : Baidu Japan Inc.

Simejiをキーボードに設定する方法

Simejiのアプリをダウンロードしただけではキーボードの自動的に設定されませんので、設定画面から Simeji をキーボードとして追加する必要があります。

▼設定アプリを開き一般をタップ。

▼次にキーボードをタップ。

▼さらに次の画面でもキーボードをタップ。

▼次の画面にて新しいキーボードを追加をタップ。

▼すでにSimejiをダウンロードしている場合は、こちらにSimejiと表示されますので、こちらをタップ。

▼それと先ほどの画面に「Simeji」のキーボードが追加されたことが確認できます。

「フルアクセスを許可」について

ここまでの設定でもSimejiのキーボードとしての機能を使用することができますが、この記事で後述するキーボード背景の変更や特殊な変換機能などを使用するには、キーボード自体にインターネットの通信を許可するフルアクセスの許可」を行う必要があります。

フルアクセスの許可を行うには、

▼こちらのSimejiをタップし、

▼こちらのスイッチを ON にします。

▼そうすると、このようなポップアップが表示してます。

ここで表示されてる内容をよく読むと、「クレジットカードや住所などの情報が転送される」という何やら物騒な表示がなされます。

この表示がされるがゆえに「Simejiは危険」という文脈や記事をネット上で数多く見かけますが、この表示はSimejiに限ったことではなく、Googleがリリースているキーボードアプリ「Gboard」の設定時にも表示される内容になります。

日本語対応したGoogleキーボードアプリ『Gboard』の使い方

実際に「Simejiのフルアクセス許可」はリスクが高いのか?

Simejiというアプリ自体、他者が作成している製品ですので、当サイトが一概に「安全です」と言い切ることは難しいですが、ここで表示されている「フルアクセス許可」の本質キーボードがネット接続を行うこと、になりますので、Simejiでクレジットカード情報などの入力をしなければ、そのリスクは高まることは少ない、と言うこともできます。

どうしても心配であれば、手間が発生しますが、課金を行うためになどでクレジットカードの入力が必要になった場合は入力するキーボードを Simeji から iOS の純正キーボードに切り替えるなどの対応ができれば問題ない可能性があります。

▼Simejiのアプリ上でもこのようにフルアクセスの許可自体、全く問題ないことを主張していますが、

とはいえ、最終的な使用の判断はやはり自己責任・自己判断ということになります。

Simejiキーボードのデザインを変更する方法

ここまでの流れで問題なくSimejiのキーボードが設定されたら、Simejiのメインの機能である「背景変更」を行っていきます。

キーボードの背景を変更する手段としては、2通りあり、

  • Simejiが作成し提供・配信されているものを設定する。
  • 自分が持っている画像・動画を背景にする。

という手段があります。

配信されている既定のデザインを設定する

▼アプリを起動しきせかえをタップすると、このように既に完成されているキーボードのデザインがいくつも表示されます。

▼表示されてるサムネイルをタップすると、プレビューが表示され無料ゲットなどをタップすると、

▼このように自動的にキーボードとして設定することができます。

キーボードに設定された後、自動的にプレビュー画面が表示されますので、そのプレビューの画面上で使い心地やデザインの再確認などをすることができます。

また定期的に版権キャラクターとのコラボレーションが実現しており、アニメキャラクターやサンリオのキャラクターなどが度々登場します。

自分の持っている画像・動画をキーボード背景にする

自分の持っている画像・動画からオリジナルのキーボードを作成するには、

▼Simejiのアプリを起動してこちらのアイコンをタップします。

▼画面上部に表示されているのが写真・動画きせかえになっていることを確認し、アルバムから選ぶをタップ。

▼端末内の画像フォルダーが表示されますのでキーボードの背景に設定したい画像を選択します。

ちなみに

Simejiの有料会員である VIP に登録すると、最大で4枚の画像を選択することができます

画像が選択できたら次へをタップ。

▼ 次の画面でコンパネレイアウトフィルターを適用することができます。

コンパネとは、画面上部に表示されるSimejiの機能メニューのアイコン一覧で背景色あり、もしくは半透明などの設定にすることが出来ます。

▼次にキーボード全体のデザイン調整に入ります。テンプレートに表示されているところから選択すると、予め設定されたコンセプトのデザインに一括で設定することができますので、こちらも試してみましょう。

▼次にボタンデザインのカスタマイズを行ってみましょう。ボタンのデザインはこちらのアイコンをタップすることで選択可能なバリエーションを表示することが出来ます。

▼次に、ボタン上に表示されるフォントを選択することが出来ます。

▼こちらのアイコンで表示される内容では、ボタンを長押した際に表示されるフリック候補の見え方を調整することが出来ます。

▼こちらのアイコンではキーボードに触れた際に表示されるアニメーションの設定・選択が出来ます。

▼このようにして一通りの選択が完了したら画面右上に表示されている完了をタップします。

▼これにてキーボードの作成とデザイン適用が完了です。次にキーボードが表示されるタイミングからこちらのデザインのキーボードが表示されます。

ボタンをオリジナルなデザインに変更する

ボタンきせかえは、ボタン一つ一つの背景画像も細かく変更したきせかえを作成することができます。

▼画面上部のドロップダウンから、ボタンきせかえを選択し、

▼キーボードの現時点のイメージとフォント選択の画面が表示されますので、まずはフォントを選択します。

▼次に、キーボード上をタップすると、画像選択の画面に切り替わりますので、選択後、このように画像のトリミングとどのボタン部分に設定するかを選択することが出来ます。

選択部分を同じデザインにするにチェックを入れておくことで、指定したボタン部分の背景を一括で変更することができます。

▼そしてフリック時のイメージと、

▼キータップ時のサウンドを選択して、より細かなオーダーを施したボタンきせかえを作成することが出来ます。

キーボードの変換精度を向上させる

キーボードの性能を一番左右するところ、判断基準としてはやはり「入力文字の変換精度」になるかと思います。

長い文章を入力したときに、変換後、とんちんかんな文章や言い回しが出来上がっていたりするとげんなりしますよね。

最近のiOSの純正キーボードの性能も上がってきており以前のようなアホ変換は見なくなりましたが、それでも変換性能は日本語キーボードの永遠の課題になっています。

Simejiでも変換については数多くの機能や選択肢が用意されています。

クラウド超変換を利用する

クラウド超変換とは、感情の単語を入力するとそれに見合った顔文字が表示されたり、タレント名やアニメのタイトル冒頭などを入力するとマニアックな固有名詞でも変換候補に出してくれるという便利機能。

本記事冒頭の「フルアクセス」を許可したのであれば、せっかくキーボードがネット接続されているわけですし、クラウド超変換を使わない手はありません。

クラウド超変換を利用するには、

▼画面下部、設定をタップし、

▼この画面にてクラウド超変換をタップしましょう。

▼そうすると変換機能に関する各On/Offが表示されますので、必要な限りでOnにしておきましょう。

その他Simejiの辞書機能を利用する

Simejiが連携できる辞書及び、独自に情報を格納する辞書などを充実させていくことによって、さらに入力の利便性を上げていくことができます。

▼設定の辞書/変換をタップすると、

▼Simejiの辞書関連の機能を確認することができます。

それぞれ機能としては、

  • Simejiユーザー辞書:単語登録と変換候補を入力できる機能。
  • iOS連絡先と連携:電話帳データを取り込み、友だちの名前などを変換候補に出せるようにする。
  • 変換学習をリセット:今まで選択してきた変換候補の保存された内容をクリアする
  • iOSユーザー辞書を導入:iOS側に持っているユーザー辞書を取り込む
  • 英文の頭文字を大文字に:アルファベット入力時、文頭を自動的に大文字にする

となっています。

特に、Simejiを導入したのが最近、且つiOSの辞書にかなり情報を入れていたユーザーの方はiOSユーザー辞書を導入をOnにしておくほうが良いでしょう。

Simejiのキーボードで音声入力を行う方法

最近話題の音声入力もSimejiで可能です。

▼Simejiのキーボードを表示させた後、こちらのマイクのアイコンをタップすると、

▼音声入力の待機状態となります。この段階で入力したい文字を口頭でしゃべると、

▼こんな風に文章を入力することができます。

最初は慣れが必要な音声入力ですが、慣れてくるとタイプして文字を入力するよりも格段に早く、周囲に迷惑がかからない環境であれば、積極的に利用してみましょう。

文字入力のスムーズさは一度覚えるとやめられないくらいはかどります。

キーのタップ時に流れるサウンドを変更する方法

文字入力は当然のことながら画面を何度もタップしますよね?そのタップしたときに流れるサウンドを設定にて変更することができます。

変更後はピアノ(音階有り)にすることができたりドラムの音源にすることが出来たりと、サウンド面でも多様な設定にすることが可能になっています。

▼まず先程の設定画面を開き、その他の設定をタップします。

▼次にキー音を選択。

▼その次に表示されるこちらの画面で予めプレゼントされているサウンドに変更できたり、マイクで録音した音をキー音に設定したりすることができます。

キーボードのサウンド設定をかける細かいやり方については

▼以下の記事を参考にしてみてください。

無料キーボードアプリ『Simeji』でタイプ音のサウンドを変更する方法-自作サウンドの録音も可能!

2015年11月17日

Simeji有料版の機能とは?

ここまで説明してきた内容、実は全て無料で利用することができますが、さらなる利便性や便利さを求める人向けに有料プランも用意されています。

▼こちらがSimejiの有料メニュー。

ユーザー目線で一番影響が大きいのは広告を外すになります。

時折表示されるキーボード上の広告で画面表示部分が狭くなるため、広告除去ができれば使いやすさがかなり上昇します。とはいえ、表示頻度や広告の消しやすさなどを加味すると、無理に有料プランに登録せずとも有用に使えるように思います。

Simejiの画面説明

アプリ側

▼きせかえはキーボードデザインの一覧が表示される他、自作のキーボード・ボタンを作成する画面。

▼スタンプは一般ユーザーが作成した画像スタンプが並ぶ画面。

主にコピペでLINEなどで使用できることを前提とする作りになっており、静止画やGIFアニメーションなどが配信されています。

SimejiからLINEなどのメッセンジャーアプリでスタンプを使用する方法については

▼以下の記事をご参照くださいませ!

「Simeji」のスタンプをLINEなどのメッセンジャーアプリで使用する方法

2016年12月12日

▼超変換は他ユーザーが投稿した入力語と変換語の一覧を確認することができます。

▼設定はキーボードの細かい調整や変換や辞書に関する機能を編集することができます。

キーボード側

キーボード側もキーボード画面上部にいくつかのアイコンが並んでおりそれぞれ以下のような機能を有しています。

▼Simejiアイコンはアプリ側の設定画面で調整できるように機能が表示できます。

▼ゲームのコントローラーのアイコンは、アプリ側のミニコンテンツの内容と同様です。

▼中央のこちらのアイコンは、

▼タップすると、このように今入力しているテキストエリアのカーソル位置を細かく移動させることができます。

使い方としてはこの部分を左右にスワイプすることによって、文中のカーソルの位置調整を行うことができます。

▼こちらのくまのアイコンをタップすると、

▼このように利用できるスタンプ一覧を表示させることができます。

▼こちらのマイクのアイコンは、

▼以下の音声入力を起動させるスイッチの役割となっています。

▼画面右恥の下矢印については、キーボードを非表示にすることができるボタンになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はキーボードアプリとしては最大手の「Simeji」の使い方についてご紹介をさせていただきました。

ご紹介させていただいた数々の機能がありますが、まだまだ細かい便利な機能があり、それらも順次記事に対して追加していきたいと思います。

また新しく機能がリリースされた場合でも、この記事内に随時追加更新をしていければと思います。

一度使いだしたら止めることができない「Simeji」。

本記事にてその機能を余すところなく利用してみてくださいね。