TwitterのDMで「既読」を付けない方法と「既読かどうか」を確認する方法

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




本記事は、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)における「既読表示」について解説します。

Twitterのような開かれた場所では、知人・友人のみならず様々なユーザーと交流する機会があります。そんな中、LINEでストレスになる「既読表示」もTwitterのDMにおいて実装されています。

今回は、TwitterのDMにおける「既読」表示機能について、既読を付けない方法・既読かどうか確認する方法・「機内モード」で絶対に既読を付けない方法をご紹介します。

TwitterのDMで受信メッセージに既読を付けない方法

メッセージを自分に送った相手側の画面に「既読」が付かない方法は、

  • 設定の「既読通知を表示」をオフにすること

でDM画面上で「既読」を非表示にすることができます。

具体的な設定変更の方法は、

▼Twitter アプリの左上に表示されている自分のアイコンをタップし、設定とプライバシーをタップします。

▼次にプライバシーとセキュリティをタップします。

▼次の画面で表示される既読通知を表示をオフにすることで、相手のDM画面上に「既読」の表示が行われなくなります。

「既読通知を表示」がオフになると、相手側ではどのように表示されるかというと、

▼このように「送信済み」とだけ表示され、既読の文言は表示されなくなります。

TwitterのDMで送信メッセージが既読かどうか確認する方法

上記とは逆に、自分が送信したメッセージが既読になったかどうかを確認する方法を解説します。

既読通知をオンにする

自身のメッセージが既読になったかどうかは、「既読通知を表示」をオンにすることで確認することができます。

「既読通知を表示」をオンにする方法は、

設定とプライバシープライバシーとセキュリティ既読通知の表示を下記のようにオンにします。

こうすることで、自身のDM画面で相手の既読状況を確認することができます。

自分の送信したメッセージの吹き出しをタップする

設定を変更しただけでは、既読表示は行われません。

▼このようにxx:xx ✓と表示されている吹き出し部分をタップすると、

▼このように既読 ✓と表示が切り替わります。

このように「既読かどうか」を判別するには、確認したいメッセージの吹き出しをタップする必要があります。

「既読通知」をオンにしても既読かわからない…原因は?

自分の設定画面から「既読通知の表示」をオンにしても、相手側で既読かどうかわからない場合があります。

その原因は、「DMの相手側が「既読通知の表示」がオフになっている」という状況です。

実は、「既読通知の表示」はどちらか片方がオフになっているだけで、自分側も既読通知が表示されない状態となります。

  • DMの双方が「既読通知の表示」オン→「既読」が表示される。
  • DMの片方・もしくは両方が「既読通知の表示」オフ→「既読」が表示されない。

となります。

お互い「既読通知」オンの状態でも既読を付けない確認方法

DMの両者が「既読通知の表示」をオンにしていると、メッセージごとに既読かどうかが明らかになりますが、その状態でも「既読」を付けずにメッセージ内容を閲覧する方法があります。

DM画面を開く前に「機内モード」にすること

既読を付けない方法は、

▼この一覧画面から詳細のメッセージ画面を開く前に機内モードにしてオフライン状態にしておくことです。

▼この機内モードでもメッセージの詳細画面は開くことができ、なおかつ送られてきたメッセージの全文を表示できます。

▼そして送信者側の画面では、このように「送信済み」と表示され、メッセージを読んでいるにも関わらず「既読」表示を避けることができました。

この手法で、相手側で既読を付けない閲覧が可能になります。

【注意】iOSのポップアップ表示でも既読がついてしまう

Twitterの最近のバージョンまでは、

▼DMのリスト画面から閲覧する部分を長押し+強めの押し込み(3D Touch)を行うことで、

▼このようにメッセージ全体をポップアップのように手前に表示することができ、

この状態であれば、既読が付かない仕様になっていましたが、Twitterアプリの最新版では、この閲覧方法でも相手方に「既読」が表示されてしまいます。

どうしても既読を付けたくない場合は、「機内モード」などのオフライン状態にしてから、メッセージ内容を閲覧するようにしましょう。

「既読通知の表示」についての注意点

既読通知の表示についての注意点は、ユーザー・スレッドごとなどで「既読表示」を個別に設定できない、という点です。設定から一度「表示」をオンにすると、全てのやり取りに適用される点に注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はTwitterのDMに関する「既読」の裏技・詳細について解説させていただきました。

気を使う相手の場合、こちら側が長時間無視するわけにも行かず、早めに何かしらのリアクションをしなくてはいけない場合、この「そもそも既読表示させない」機能は便利ですね。