『TikTok』で動画に「キラキラ」加工を行う方法-舞い散る蝶や輝くゴールドパウダーをはじめとするエフェクト加工も充実!

おすすめ音楽聴き放題アプリ ▶こちら




15秒から最大1分のミニ動画が撮れて、かつそのまま投稿できる人気のSNS「TikTok」は、国内でも圧倒的な利用率を誇ってます♪

さて、女性のTikTok動画ではフワフワ・キラキラした可愛いものを良く見かけますが、これって実は標準機能だったのはご存知でしょうか?

そこで今回は、TikTok上で動画にキラキラ加工を行う方法などについてご紹介してまいります!

「TikTok」のオススメ関連記事

動画SNS『TikTok』の動画フィルターを完全マスター!各シチュエーションにおけるオススメも紹介!

2019年5月11日

動画SNSアプリ「TikTok」のおすすめスタンプを徹底紹介-堕天使やARスタンプなど

2019年5月9日

TikTok動画を「キラキラ」加工する方法

それでは動画を実際にキラキラ加工してみましょう。

▼TikTokの撮影画面にて、右下のアップロードアイコンをタップしてください

▼すると動画の一覧が表示されるので、加工したい動画を選択してください

▼そのまま進み、以下の画面に移動したら左下のスタンプアイコンをタップしてください

▼編集画面が開いたら赤枠内のシークバーを動かし、キラキラ効果が入る開始位置を選択

▼位置を確定したら、入れたいキラキラエフェクトのアイコンを長押ししてください

▼長押しでエフェクトの範囲を決めたら、右上の保存をタップして完了となります

▼加工後の動画はこのようになっています☆

オススメのキラキラエフェクト

TikTokには上記例で使用したエフェクト以外にも色々ありますので、状況に合わせて使い分けることが可能となっています。

以下は筆者がオススメするキラキラエフェクトとなります:

Stars(スター)

画面中央から無数の星が放射状に広がっていくエフェクトとなっています。とてもシンプルですが、加工後もメインの映像が見やすいのが良いところ。

サンプル動画

Gold Powder(ゴールドパウダー)

本エフェクトの特徴はなんといってもキラキラ感がすごい点で、まるでまき散らした金粉が光に反射して輝いているような光景になります。

サンプル動画

Starlight(スターライト)

「Starlight」は、画面上下から大小の星々が現れるエフェクトとなっています。もし「Stars」が”静”であれば、「Starlight」は”動”ってところでしょうか♪

サンプル動画

Butterfly(バタフライ)

一つ上のサンプルでも登場していますが、「Butterfly」は文字通り、白い蝶たちが舞い踊るエフェクトです。優雅さを演出したい際にはオススメです!

サンプル動画

Bling(ブリング)

「Bling」は少し変わったエフェクトとなっており、あまり光が差さない場所ではこれといった変化が見られませんが、光や反射の部分があると、下記のサンプル動画のようにギラギラ光るようになっています☆

サンプル動画

まとめ

いかがだったでしょうか?

加工を行っていない動画は場合によっては味気がなくて、あまり魅力的にみえないことがあります。

しかし今回ご紹介したものをはじめとした様々なエフェクトで加工することによって動画がユニークになりますし、なにより作業自体が楽しくて、つい夢中になってしまうでしょう★