PayPayのチャージをセブンイレブンで行う方法-手数料やメリットも徹底解説

paypay




この記事は、PayPayのチャージをセブンイレブンで行う方法を解説します。

残高支払いでお得になるPayPayでは、様々なチャージ方法が提供されており、コンビニの「セブンイレブン」でもATMを使ってチャージを行うことができます。

今回は、セブンイレブンのセブン銀行ATMでPayPayへのチャージを行う方法とそのメリットについて解説します。

セブンイレブンでのPayPayチャージはセブン銀行ATMから可能

PayPay のチャージはセブンイレブンで行うには、セブンイレブン店内に設置してあるセブン銀行 ATM から、現金を投入することで可能です。

レジスタッフに話しかける必要もなく、手持ちの現金を簡単にチャージすることができますので、銀行口座やクレジットカードの登録がまだできないユーザーの方は重宝するでしょう。

セブンイレブンのATMでPayPayにチャージする方法

セブンイレブンに設置してあるセブン銀行 ATM で PayPay にチャージするには、 実際に店舗を訪れセブン銀行 ATM が利用できる段階で PayPay アプリを起動する必要があります。

STEP

▼ PayPay アプリが起動できたらチャージを選択。

STEP

▼その他のチャージ方法の所に ATM チャージがありますのでこちらをタップ。

そうすると、カメラが起動しますので、一度この状態をキープします。

STEP

▼次に実際にセブンイレブンに設置しているセブン銀行ATMの画面に向かい、スマートフォンでの取引をタップ。

そうすると、画面上にQRコードが表示されますので、そのQRコードをPayPayアプリ上で表示されているカメラで撮影すると、

▼ PayPay の画面上ではこのように表示されます。

この後からは、ATM側での作業になります。

STEP

▼ATMの画面を確認すると「企業番号を押して確認を押してください」と表示されていますので先ほどアプリ上で表示された4桁の番号を ATM で入力します。

STEP

▼注意書きが表示されますので確認をタップ。

▼ PayPay の取引であることを確認し確認をタップ。

STEP

▼入金する金額を選択し、開いた投入口に選択した金額を投入します。

STEP

▼問題なくカウントが完了すると、明細取得の確認画面が表示されますので、明細を保存したい場合は必要、不要な場合は不要をタップします。

STEP

▼その後、PayPayアプリのウォレットタブを確認してみると、 取引履歴の欄にセブン銀行 ATM からチャージとチャージした金額が表示されていることが確認できます。

▼詳細の画面を見てみると「セブン銀行 ATM からチャージ」というタイトルとその時間・金額等を確認することが出います。

セブンイレブンアプリ内のPayPayからチャージを進める方法

ここまでの説明では、PayPayアプリを開いてチャージの画面を表示し、実際のチャージを行う手順を解説しましたが、ポイントを貯めることができるセブンイレブンアプリからでも PayPay のチャージ画面を簡単に呼び出すことができます。

ただし、セブンイレブンアプリから PayPay を利用できるようにするためには、セブンイレブンアプリから PayPay アプリとのユーザー連携を行う必要があります。

STEP

▼ユーザー連携を行う方法は、セブンイレブンアプリを起動し決済を登録をタップ。

STEP

PayPayを登録をタップ。

STEP

▼ユーザー情報の連携に関する利用規約とPayPayのプライバシーポリシーへのリンクが表示されていますので内容を確認し画面下に表示されている上記に同意して続けるをタップ。

STEP

▼セブンイレブンアプリからの連携が完了するとこのようにセブンイレブンアプリの中でペイペイの決済用バーコードを表示させることができます。

STEP

▼ここからセブン銀行 ATM へのチャージを行うには、チャージを選択し、チャージ画面が表示されたら画面を表示されているセブン銀行 ATM からチャージをタップ。

あとは、この後カメラ起動しますので、上記で解説した手順の通り企業番号・チャージ金額・現金投入の手順でチャージを進めることができます。

セブン銀行ATMでPayPayチャージを行う時の手数料は

セブン銀行ATMでPayPayチャージを行う際の手数料は無料です。

また「セブン銀行ATM」とあるので、一見セブン銀行の口座が必要かと思いますが、それも必要ありません。セブンイレブンがありその場で ATM を利用することができれば、誰でも簡単に現金を PayPay にチャージすることができます。

セブン銀行ATMでPayPayチャージを行うメリットとは?

キャンペーン時はポイント山分け企画がアリ

過去のセブン銀行キャンペーン企画

過去にセブン銀行 ATM から PayPay チャージが出来るようになったタイミングで、 上記のような山分けキャンペーンが開催されていましたが、今現在ではそのようなキャンペーンは開催されていないため、 セブン銀行 ATM からお金をチャージによるポイントバックなどは行われていません。

そのためポイントは金額的なメリットはありませんが、一旦ここでチャージをしておく事によってその他の店舗で PayPay 残高からの支払いができることでキャッシュレス決済が各所で可能になるというメリットがあります。

現金から使うため無駄遣いのリスクが下がる

通常、 PayPay のチャージは銀行口座やクレジットカードからのチャージがほとんどですが、画面上で操作が完結する便利さの反面、口座から現金を引き出している感覚がなくついついお金を使いすぎてしまうことがあります。

その点、セブン銀行ATMで現金にてチャージすることによって、物理的に現金が移動している感覚がありますので、使いすぎを防止するメリットが考えられます。

クレジットカードがなくてもPayPayへのチャージを利用することができる

ユーザーによっては登録できる銀行などの金融機関、クレジットカードを持っていないために PayPayのキャッシュレス機能を利用できないケースがあります。

そのようなユーザーにとって現金をセブン銀行 ATM からPayPayにチャージできることは、 PayPayのキャッシュレス機能を各所で利用できる、というメリットがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は PayPay の残高にセブンイレブンのセブン銀行 ATM からチャージする方法の詳細について解説しました。

アプリ上で完結する銀行口座からのチャージもかなりスムーズに出来るアプリの構造になっているため、わざわざ現金を ATM で投入するユーザーは多くはないかと思いますが、お金が移動してる感覚をより明確につかむことができる点や口座・クレカがないユーザーへの入金ができるという点は便利さが向上しているポイント。

また、ATM利用ということで店員と喋る必要がないという点も便利ですね。 



利用ユーザーの満足度No.1音楽サブスクが初回無料!
無料お試し
利用ユーザーの満足度No.1音楽サブスクが初回無料!
無料お試し