『Twitter』のアカウントが突如凍結した場合の対処法-解除方法と凍結理由・放置でも凍結?を徹底解説




男女老若問わずに全てのユーザー層で利用されているSNSアプリ「Twitter」。しかしある日、どういうわけかアカウントが凍結されて利用不可になっていた、そんなことを経験したことはありますか?

「どうして凍結されてしまったのか?」
「回復することは可能なのか?」

そこで今回は、Twitterアカウントの凍結に繋がるとされる複数の理由、ならびに仮に凍結されてしまった場合の対処について詳しく説明していきたいと思います!

Twitterの凍結とはどのような状態か?

Twitterのアカウント凍結は、ツイート投稿が一切できなくなってしまう状態を指しています。

▼アプリ版の場合、このような表示がなされ、

▼Web版の場合もこのように凍結したことがわかりやすく表示されます。

また、上記のような表示と同時にフォロー・フォロワー数がゼロとなり、今まで行ってきたツイートも表示されなくなります。

Twitterアカウント「凍結」の種類と段階

警告(第一段階)

初めて凍結された時にTwitterにログインすると、自分のプロフィールにアカウント凍結の旨が書かれたメッセージが表示されます。

警告状態になると、自身のフォローおよびフォロワーの数が共に0と表示される他、ツイートを一切投稿することが不可能になります。

ただ、この段階はまだ「警告」として復旧が最も簡単な段階となります。

さらにTwitterの規約に反した行動などを繰り返していくと、以下に続くより重い「凍結」処分になっていきます。

凍結(第二段階)

一度凍結されて警告を受けたのち、再度ルールを違反してしまった場合、アカウントが本格的に本凍結されてしまいます。凍結状態になると、電話番号の登録すら出来なくなると言われています。

この段階でも復旧できない場合がありますが、殆どの場合は「凍結に関する異議申し立て」のページから

  1. 凍結に至った理由を自覚している場合、その点を反省し2度と行わないことを宣言する
  2. 凍結理由が不明瞭・Twitter側の明らかなバグ・判断ミスである場合、その点を指摘する

のいずれかを記載することで凍結が解除されることが多いようです。

放置で凍結?
最近ではアカウントを一定期間アクティブでないだけで凍結されてしまうケースも増えているようです。Twitter社が明らかにしているのが、今後アクティブでないアカウントの一掃を計画している、という話もあり、対象に当てはまるアカウントの場合は、定期的にアクティブにするなど対策を取りましょう。

永久凍結(最終段階)

アカウントの凍結と解除が複数回重なってしまった場合、アカウントが永久に凍結されてしまいます。ここまで来ると、恐らく如何なる方法でも解除できなくなるとか。

永久凍結かどうかを判断するには、Twitterから表示されるメッセージ内に

  • Twitterのルールに繰り返し違反したため凍結されました。

  • 「永久凍結」

という言葉が使われている場合、永久凍結になってしまっている可能性が高いです。

また、昨今ではTwitterを発端にした匿名での恐喝・脅迫が横行しており、暴言を記載した内容が他ユーザーから通報されたりした場合、通常の「凍結」無しの「一発永久凍結」も確認されている模様です。

Twitterアカウント「凍結」時の解除方法

方法1-携帯電話番号や特定の情報を入力

Twitterの公式ヘルプでも書かれているように、アカウントは自分で凍結解除できる場合があり、ログイン時に携帯電話番号やメールアドレスを求められた場合、指示に従ってそれらの情報を入力することでアカウントの凍結解除することができます。

方法2-「このアカウントは凍結されています」ページで規約に同意する

その他の方法では、アカウントの凍結が告知されているページから規約への同意を求めるページが表示され、それに確認・チェックを付け、同意を確約することによっても凍結が解決するケースが存在します。

ただし、このパターンはレアケースで今現在はそれほど多くの表示が行われていない、とのこと。

また、このパターンは1回目の凍結(警告段階)に多く、同意をするだけで解決するケースが多いようです。

方法3 – アカウント凍結について異議を申し立てる

初期の警告凍結から2度目の凍結ともなると電話番号の入力や規約への同意だけでは凍結を解除できなくなります。いわゆる第2段階の「凍結」となると「凍結に関する異議申し立て」のページからTwitter運営本部に対して直接フォームから申し立てを行うことになります。

Twitterでは、アカウント凍結について異議申し立てをすることにより、場合によっては凍結解除できることがあります。もし特にルールに違反しておらず、手違いでアカウントが凍結されたと思われる場合は、異議申し立てが有力です。

『永久凍結』時に取ることが出来る対応内容とは?

上述している通り、この段階に到達してしまうとアカウント復旧の手段が用意されておらず、そこまで積み上げたフォロワー数などは復元できない状態となります。

もしも健闘むなしくアカウントが正式に永久凍結されてしまった場合、原状回復のためにも下記点を行いましょう:

  • おとなしく新アカウントを作成
  • 旧アカウントをフォローしていたユーザーにDMなどで永久凍結されたこと、新アカウントを作った旨を告知してフォロバしてもらう
  • 今までフォローしていたユーザーたちをフォローし直す
  • もしツイログに登録していたら、本サービスを使って過去のツイートを掘り下げる
  • 必要なら、これまでアップしたメディアを上げ直す

というアクションが関の山となるでしょう…。

完全な復元とまでは行かなくとも「ツイプロ」や「ツイログ」など、外部サービスを使用・遡ることによって、過去に自分が投稿したコンテンツを確認することは出来るでしょう。

ただし、これらのサービスも予め登録して使用していることが前提になりますので、凍結すれすれのギリギリを攻めながらTwitterアカウントの運営をされる方は、これらのサービスに予め登録をしておいたほうがよさそうですね。

Twitterアカウント凍結の原因となる行動・条件は?

Twitter上でアカウント凍結に繋がる行為や原因については、これまでに下記のようなものが判明されています:

  • アイコンやヘッダーに不適切な内容の画像が使われている(ポルノ等)
    • Twitterのブランドイメージを損なう恐れがあることから、不適切なアイコンやヘッダー画像を持つアカウントは凍結されやすいです。
  • 多くのユーザーよりブロックされた、ならびにスパムを報告されている
    • 相手を不快な気分にさせるようなツイート、リプ、メッセージを繰り返し送り、たくさんのユーザーからクレームが殺到していると、凍結になりやすい様子です。
  • 半年以上もアクティビティが無い放置アカウント
    • 長期間にわたってアクティビティがない場合、アカウントが凍結される場合があるため、数か月に一度はログインすることをオススメします。
  • 他人になりすましたアカウント
    • タレントや実在する人になりすまして非公式な内容を書いていると凍結対象になる模様。
  • 他ユーザーに対して過剰にダイレクトメッセージを送信する
    • 特定のユーザーに向けてあまりにも過剰な量のダイレクトメッセージを送りつけると凍結されやすく、一部の情報では100通以上送信したのちに凍結されたと言われてますが、具体的な量は明らかになってません。
  • 売買目的でアカウント名を取得するなどの行為
    • 既存アカウントを金目当てで売買(俗に言うRMT)しているユーザーは凍結対象になりやすいです。
  • 詐欺や犯罪に関与している
    • 犯罪や詐欺関連のツイートを投稿していると、アカウントの凍結、最悪の場合は逮捕される恐れもあります。
  • 脅迫などを含む内容を投稿する
    • 脅迫声明を匂わせるツイートを投稿した場合、アカウントが凍結される場合があります。刺激的な発言は控えた方がよいでしょう。
  • 複数アカウントを使った多重な投稿行為
    • 10個など「複数のアカウント」を使って同様のツイートを投稿したとき、それら全てが凍結される恐れがあると言われています。
  • 誹謗中傷や個人情報を漏洩させるような行為
    • 特定のユーザーに対する誹謗中傷や、個人情報を故意に漏洩するような行為は凍結対象です。Twitterではこのような類のケースによる凍結の頻度が高いとされています。
  • アカウントを大量に作成するなどの行為
    • Twitterではアカウントを複数取得ことが可能になっていますが、フォロワー獲得のために多重アカウントを作った場合、限度によっては凍結対象になります。
  • 短時間で大量のフォロー・アンフォローを行うといった行為
    • Twitterでは短時間で大量のユーザーをフォローしたりアンフォローすると、アカウントが凍結される恐れがあります。一部では1日に100人近くのユーザーをアンフォローして凍結されたなどの声も挙がっています
  • 同じ内容のリプを大量に行う
    • 同一内容のリプライを特定のユーザーに大量に行う、つまりリプライをスパムするような行為はアカウントの凍結に繋がるのでご注意ください。
  • 自作自演のリツイートを大量に行う行為
    • 自分が投稿したツイートに対して、複数のアカウントを使って「まるで複数のユーザーが反応してリツイートしたかのように」自演する行為は、凍結の対象になると言われています。
  • 「死」や「殺」などの文字が入っているだけで凍結
    • 例えば「ゴキブリが部屋に出た!早く殺したい!」という投稿の場合、明らかにその攻撃対象はゴキブリですが、後半の「殺したい」というワードに反応し凍結処分を受けた、というケースもあります。
  • プロフィールに13歳以下となる誕生日を入力する
  • その他の原因不明な理由
    • これら以外にも、Twitterでは「アカウントを作ったら即座に凍結された」など、一風変わった理由でアカウントが凍結されるケースがあり、特定されていないものもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もちろん、通常通りの使用(ブログの更新を通知する・出来事を共有するなど)をしていた場合はこのような「アカウント凍結」になることはありません。

やはりどうしてもTwitterアカウント=メディアと考えると、より多くのフォロワーや閲覧者を増やしたくなり過剰フォローや過激な発言などで注目を集めたくもなりますが、アカウントが永久凍結されてしまうと事実上、消し去られることと同義になりますので、規約に沿った利用をしたほうが長い目で見ると良いでしょう。

また昨今はTwitter側の検知システムも正しくない挙動をしていることが度々指摘されています。それにより凍結されるべき人ではない場合でも唐突に永久凍結にされてしまったり。

もしそうなった場合は、冷静に異議申し立てを行うか、そもそもTwitterというプラットフォームがそういった事態が起こりうる、という前提で運用するほうが良いでしょう。