Twitterの『ヘッダー画像』とは?画像サイズや著作権フリーの素材サイト・作り方と設定できない時の対処法を徹底解説!

おすすめ音楽聴き放題アプリ ▶こちら




今回はTwitterで設定できる「ヘッダー画像」について詳しく解説していきます。

Twitterといえば、プロフィール画面やアイコンなどで自分らしさを表現できるのが魅力です。しかし、意外と「ヘッダー画像」の設定をしていないという方も多いのではないでしょうか。

今回はまずはヘッダー画像を変更する方法・オリジナルでヘッダー画像を作成する場合や、ヘッダー画像作成に適した外部アプリのご紹介ヘッダー画像を変更できない場合の対処法をご紹介致します!

Twitterのヘッダー画像とは

そもそもヘッダー画像とはどの部分を指すのでしょうか?

▼アプリの画面では、自分のプロフィール画面の最上部にある横長の画面のことです。

▼パソコンの画面でも同様にプロフィール画面の上部にある細長い部分です。

Twitterのヘッダー画像はどのような画像を設定すべき?

Twitterの「アイコン」が『顔』だとすると、ヘッダー画像は『服装』に該当します。

そのアカウントの印象や雰囲気、概要を画像で伝えることができるだけでなく、その人・アカウントが持つ「センス」もそのヘッダー画像で表現する必要があります。

▼Nikeのヘッダー画像は特に情報も記載せず、その時のブランディングに基づいたアートワーク

▼Gucciもそのシーズンのコンセプトに合わせたアートワークに。

▼ユニクロはヘッダー画像にもその時のマーケティングの情報を記載しています。

このように企業アカウントを取ってみてもその時のブランディングに合わせた雰囲気であったり、広告宣伝に一部利用する動きがあったり様々ですが、最も適しているヘッダー画像となるのは、『より良くそのアカウントを表現していること』となります。

Twitterの「ヘッダー画像」を編集・変更する方法

ご自身で設定をしなければ、初期設定ではヘッダー画像は何もない状態です。

公式Twitterアプリでヘッダー画像を変更する方法

▼このように真っ青な画面になっています。ヘッダー画像を設定するには右上の変更をタップします。

▼ヘッダー画像部分のカメラのイラストをタップします。

▼ヘッダー画像にしたい画像を選択します。▼右上の適用をタップします。

▼さらに右上の完了をタップします。▼設定した画像がヘッダー画像部分に反映されていることを確認したら右上の保存をタップしすれば完了です。

モバイルウェブ版Twitterからヘッダー画像を更新する方法

iPhoneのSafariなど、モバイルブラウザからTwitterにアクセスし、ヘッダー画像を変更することができます。

▼ブラウザでTwitterを開き、自分のプロフィールページにアクセスします。そこからプロフィールを編集をタップし、

▼ヘッダー画像が表示されている所をタップすると、

写真を撮るフォトライブラリブラウズと表示されます。

それぞれ、

  • 写真を撮る:カメラ起動
  • フォトライブラリ:「写真」アプリ内の素材選択
  • ブラウズ:「ファイル」アプリ内の素材選択

となります。

▼画像を選択すると、どの位置を採用するかの「トリミング」の画面が表示されますので、画面右上の適用を選択してヘッダー画面への反映を行うことができます。

PCウェブ版Twitterからヘッダー画像を更新する方法

PCのブラウザからもヘッダー画像を変更することが可能です。

▼ブラウザからプロフィール画面を表示させプロフィールを編集をクリックします。

▼その後、ポップアップで表示されるヘッダー画像をクリック→写真を選択して、

ヘッダー画像の変更を行うことができます。

Twitterヘッダー画像の最適なサイズは?

ヘッダー画像はとても細長いですが、最適なサイズはどのくらいなのでしょうか。

そのサイズは、1500px×500pxです。

1対3の割合であればきれいに画像が切れずに反映できるということですね。

またこちらのサイズ、各画像編集アプリで「Twitterヘッダー用の画像サイズ」として設定が初めから搭載されています。

以下より、手軽に画像編集を行い、予め搭載されている設定で簡単にTwitterヘッダー画像を書き出すことができるアプリをご紹介します!

Twitterヘッダー画像の作り方

PicsArtでTwitterヘッダー画像を作成

自分でオリジナルのヘッダー画像を作りたい場合におすすめのアプリは「PicsArt」というアプリです。

おしゃれ&かわいいイラストや、かっこいい&シンプルな素材もありますし、自分でそういった素材を加工してオリジナルヘッダー画像を作成することも可能です。

▼早速オリジナルヘッダー画像で作成してみましょう。アプリを開き、画像を選択します。ツール切り抜きをタップします。

▼サイズ下部から選択できますのでTwitterマークのヘッダーをタップします。

▼スタンプを押したり、文字を入れたり……

▼オリジナルのヘッダー画像が作ることができました!

画像編集アプリ『Canva』でTwitterヘッダー画像を作成

▼画像編集・デザインアプリ「Canva」でもTwitterヘッダー用の書き出し設定が予め存在します。

▼アプリを起動してすぐに画面上部に表示される検索ボックスに

▼このように「Twit 」と表示するだけで「Twitterヘッダー」と提案されますのでこちらをタップします。

▼次に、予め搭載されているデザイン素材が表示されますので、これらの素材から選択するか、

空白を選択することで、端末内に入っている画像を読み出すこともできます。

画像読み込み後、編集を行いそのまま書き出すことで簡単にTwitterのヘッダー画像を作成することができます。

▼Canvaのダウンロードはこちら

Canva-名刺,チラシ,ポスター,プレゼン,カード作成
Canva-名刺,チラシ,ポスター,プレゼン,カード作成
開発元 : Canva

写真編集アプリ『Photoshop Express』でTwitterヘッダー画像を作成

写真編集といえば「Photoshop」ですが、そのアプリ版の一つである「Photoshop Express」でもTwitterヘッダー画像書き出し用の便利な設定があります。

▼アプリを起動してヘッダーにしたい写真を選択した後、こちらのアイコンをタップすると、

Twitterヘッダーの画像サイズが表示されますので、こちらをタップすると、

▼簡単にTwitterヘッダー用のトリミングを行うことができます。

その後、書き出しを行うことによって、こちらのアプリでも簡単にTwitterヘッダー用の画像作成を行うことができます。

▼Photoshop Expressのダウンロードはこちら

Photoshop Express: 写真・画像コラージュ
Photoshop Express: 写真・画像コラージュ
開発元 : Adobe Inc.

Twitterのヘッダー用画像を配布しているサイトはある?

ほかにも、ヘッダー用画像を配布しているサイトもあります。

▼おすすめはTwitrCoversというサイトです。

▼オシャレで可愛らしいヘッダー画像や、

▼クールな画像、キュートな画像など種類も豊富です。

自分のTwitterのイメージにぴったりなものを選んでみましょう!

Twitterのヘッダー用画像を配布しているアプリはある?

Twitterのヘッダー画像配布を専門としているアプリも存在します。

▼そのアプリがこちらの「Unsplash」というアプリ。

Unsplash
Unsplash
開発元 : Unsplash Inc

▼アプリを立ち上げ、検索窓に写真にまつわるキーワードを入力すると、

このようにフリーの素材が数多く表示されます。

こちらで表示されている画像素材をダウンロードし、先程ご紹介したPicsArtやCanvaなどで編集することによって洗練されたプロフィールページを簡単に作成することができます。

Twitterの『アイコン』を著作権フリーで探したい場合は、
▼こちらの記事が参考になります。

著作権を侵害しない「Twitter」用のフリーアイコン素材サイト・アプリ40選-配布サイトから作成アプリまで

2019年6月11日

Twitterの他ユーザーのヘッダー画像を保存する方法

同じ趣味・属性の他ユーザーのヘッダーアイコンを見た時に、自分も同じもの、もしくは少し編集したものにしてみたいと思ったことはありませんでしょうか?

そんな時、Twitterの公式アプリであればヘッダー画像を保存する機能もアプリに盛り込まれています。

▼保存してみたいヘッダー画像を使用しているアカウントを表示し、ヘッダー画像部分をタップしてみます。

▼そうするとこのようにヘッダー画像のみ表示される画面になりますので、画面右上に表示されているをタップすると、

▼このようにその画像に対してのメニューが表示されますので、こちらの写真を保存を選択することで写真アプリにこのヘッダー画像を取り込むことが可能になります。

注意
他ユーザーが使用しているヘッダー画像は大抵の場合、そのユーザー、もしくは別のユーザーが著作権を保持している場合が多く、そのまま無許可で使用することにより著作権の侵害を意図せずしてしまう可能性があります。

既に設定されているヘッダー画像をベースにアレンジしたい場合、できるだけ掲載主に許可を取り編集を加えるようにしましょう。

Twitterのヘッダー画像が変更できない?その対処法

ごくまれに、ヘッダー画像が変更できないことがあります。どのような対処法があるのでしょうか?

アプリの不具合、ネット接続が不安定

アプリの不具合やネット接続が不安定な場合はヘッダー画像の変更が出来ない場合があります。そうしたことが疑われる場合にはアプリやスマートフォンの端末自体を再起動してみましょう。

場合によっては、一度Twitterアプリをアンインストールし、再度インストールをしなおすことも有効です。

ファイルフォーマットが未対応

Twitterにアップロードできるヘッダー画像のフォーマットは、JPG、GIF、PNGのいずれかに限られています。ヘッダー画像をアップロードする際にはこれらのフォーマットかどうかを確認しましょう。

画像アップロードしても反映されない

画像をアップロードしてもヘッダー画像に反映がなされない場合は、アップロードがうまくいっていない可能性が高いです。その場合、通信環境の確認、アプリの再起動、WiFiの接続を切るなどを行って見て再度アップロードを確認してみてください。

まとめ

今回はオリジナルでヘッダー画像を作成する場合や、配布されているものを利用したい場合の方法についてご紹介しました。

自分らしさを表現し、プロフィール画面を彩る素敵なヘッダー画像の設定をぜひ試してみてくださいね!