Instagram(インスタグラム)で手早く簡単にリポスト(リグラム)する方法!マナーと注意点も解説!




インスタグラムでは、Twitterで言うところの「リツイート」的な機能が公式にはなく、自分のフィードでいい写真を発見し「自分のフォロワーにも紹介したい!」となった時に、手軽にシェアする方法がありません…。

そんな時は今回ご紹介するアプリを使用すれば数秒で自分のストーリーズやフィードに写真を取り込むことができます。

「あ!これはフォロワーにも紹介したい!」

と思った時に手早くできる今回の手段、ご覧くださいませ!

注意
記事の後半でも詳細を言及しておりますが、自分のタイムラインに他人の作品を掲載する場合は、マナーと注意が必要です! 

リポスト(リグラム)専用アプリをインストール

今回ご紹介するリポスト(リグラム)には、こちらの「Repost for Instagram Plus」を使用しますのでまずはインストールしておきましょう!

Repost for Instagram Plus
Repost for Instagram Plus
開発元 : Jesse Free

まず、インスタグラム側でリンクをコピーする

まずは、インスタグラムを開きます。

▼シェアしたい投稿を検索して、投稿の右上隅にある「…」をタップ。

▼次に「リンクをコピー」をタップ。

これにてクリップボードに今回のフィードの情報がコピーされた状態になりました!

「Repost for Instagram Plus」で投稿とキャプションをコピー

次に、インスタグラムを終了して、先程インストールした「Repost for Instagram Plus」を開きます。

アプリを開くと、

▼先程コピーした写真のリンクはアプリに自動的に反映されていますので、画面上部に表示されている投稿をタップ。

▼次の画面でこのように先程「リンクをコピー」した投稿の画像が表示されますので、【Repost】をタップしてから、

【Copy Caption & Open Instagram】をタップします。

このボタンを押すことによって、この投稿のキャプションをコピーした状態でInstagramが起動します。

再度インスタグラムに戻り編集

画面が切り替わり、またインスタグラムに戻ってきます。

インスタグラムの画面に戻ってきた後、当初リンクをコピーした投稿の画像が、

▼このように表示されていますので、フィードで投稿するのかストーリーとしてシェアするのかが選ぶことができます!

今回は「フィード」を選択します。

▼投稿する前に、写真を編集してお好みのフィルターを追加できます!編集が終ったら「次へ」をタップし、

▼元の投稿からのキャプションをそのまま使うには、キャプションテキストボックスを長押して、「ペースト」をタップ。

先ほど、Instagramに移動する前にキャプションがコピーされていたので、ここでは「ペースト」のみでそのキャプションが貼り付けられちゃうんですね!

▼ペーストができたら「OK」を押します。

※もちろん自分のオリジナルのキャプションも書くことができます!

▼全て完了したら『シェア』を押します。

▼これで、完了!あなたのフィードにリポストした投稿が反映されます!

マナーと注意点

Twitter のリツイートの場合は、Twitter側が提供する公式な「シェア」の手段ですが、インスタグラムにて今回ご紹介する方法でリポストを行った場合、単純に言ってしまえば画像をコピーしてそのまま自分のアカウントで配信していることになっています。

この一連の行動自体は、元々の投稿者から許諾を取っていないと盗用と同じになってしまいます。

SMS での不用意なストレスを避けるためにこの手のリポストを行う場合は、あらかじめ元の投稿者から許諾を取り、許可をもらった上で行うようにしましょう。

またフィードにシェアする時、ハッシュタグで#Repostをつけたり、元々の作者のアカウントをタグ付けしたりして、そのフィード自体にオリジナルの作者がいること、またそれを自分がリポストしていることを明確にして配信するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は Instagram で最も簡単にリポスト(リグラム)する方法をご紹介いたしました。
SNS だからこそ見つけられた画像をSMS だからこそシェアできる手段でマナーを守って楽しみたいですね!

また逆に、自分の投稿が他の誰かがリポストしてくれて、それがマナーある確認の手順を踏んでいた場合、リポストしてくれた人にお礼を言って、コミュニケーションを楽しみましょう!