TikTokの「ログインできない」時の対処法-パスワード再設定とSNSログイン時の注意点

おすすめ音楽聴き放題アプリ ▶こちら




今回ご紹介するのは、TikTokにログインができなくなった場合の対処法となります。

TikTokのログインはユーザー名や電話番号・メールアドレスの他にLINEなどの外部ツールなどを使って行うことも可能です。

多様なログインが可能なTikTokですが、時折「ログインできない」という状態に陥ります。

そこで本記事では、そんなログインできない状況に陥った際の対処法、パスワード再発行の方法・外部のIDを使用していた時の適切な対処法をご紹介します。

TikTok上で使えるログイン方法とは?

まず初めに、TikTokでログインする際には主に下記の情報やSNSサービスが使えます。

幅広いSNSサービスのアカウント

TikTokでは以下のSNSサービス上で作成したアカウントを使ってログインすることができます:

  • LINEアカウント
  • Twitterアカウント
  • Googleアカウント
  • Facebookアカウント
  • カカオトークのアカウント
  • Instagramアカウント
  • Apple ID(iOS端末をご利用の場合)

TikTokが対応しているSNSアカウントは、GoogleやLINEなどよく利用しているものが多いのでとても便利です。

電話番号やメールアドレス

また、TikTokでは上記SNSアカウント以外にも、以下の個人情報を使ってログインすることも可能です:

  • 電話番号
  • メールアドレス
  • ユーザー名・パスワード

「LINEアカウントを使うのはちょっと」など、それらの利用に躊躇している方はこちらでログインしてはいかがでしょうか?

TikTokにログインできない!考えられる原因は?

電話・メールアドレス・ユーザー名・パスワードのいずれかが間違っている

これはTikTokだけに限りませんが、ログイン方法として電話番号やメールアドレス、ユーザー名・パスワードを設定している場合、それらの情報がたとえ1桁・1文字間違っていると、ログインに失敗してしまいます。

特に文字列に関しては大文字・小文字を正しく入力しないといけませんので、これらのログイン情報を人の目に絶対に触れない場所に保管しておくことを強くお勧めします。

SNSアカウント利用時、別のアカウントでログインしている

TwitterやInstagramでは一つの端末で複数のアカウントを持つことが可能ですが、それらのサービスでTikTokアカウントを作成した場合、初回に作成したTwitter・Instagramなどのアカウントとは別のアカウントにログインしていることで、TikTokにログインができない、ということが考えられます。

これは、一つのアプリ上で複数のアカウントでマルチログインできる機能が関わっていて、異なるアカウントにログインしていた場合、TikTokでの認証時に「別アカウントとして」認識されてしまうのでご注意ください。

対処法としては、該当SNSにて正しいアカウントにログインすることです。

TikTokでパスワードを忘れてしまった場合の再発行方法

電話番号/メール/ユーザー名の場合

▼ログイン画面にて、1番目の電話番号/メール/ユーザー名を使うをタップ

▼次に2番目のメールアドレス/ユーザー名タブをタップ

▼切り替わったら、パスワードをお忘れですか?をタップ

▼パスワードの再設定方法のオプションを選択することができます。

電話番号でパスワード再設定する場合

▼1番目の電話番号をタップしてください

▼電話番号の入力画面に移動するので、国番号と電話番号を入れてコードを送信してくださいをタップ

▼入力した電話番号に認証コードが送信されるので、コードを入力してください

▼パスワードのリセット画面が開くので、新しいパスワードを入力してログインをタップすればOK

メールアドレスでパスワード再設定する場合

▼2番目のメールをタップしてください

▼登録したメールアドレスを入力して、リセットをタップしてください

▼すると該当メールアドレスに認証コードが送信されるので、届いたコードを入力してください

▼先ほど同様に新パスワードを入力して、下のログインをタップすればOKです

各SNS等/Apple IDの場合

SNS・Apple IDの場合、それぞれのアカウントにログインできていれば、パスワードは必要がないので便利です。

ただし、各所のアカウントを使用してログインできない場合、それぞれ利用したアカウントに問題なくログインできている必要があるのでご注意ください。

また、それらアカウントのパスワードを失念等していた場合は、該当サービスにて設定し直す必要もあります。

アカウント連携可能なサービスでログイン・パスワード発行する方法

もし、TikTokのログインにLINEなど外部のサービスのアカウントを使用していたとして、それらのサービスに適切にログインできない場合、同時にTikTokにもログインできない状態が発生しうることとなります。

そうなった場合に各サービスでどのようにログインし直すか・パスワード発行を行うかを簡単にご紹介します。

LINEアカウントの場合

LINEではアカウントへのログイン方法として以前の電話番号でログイン、またはメールアドレスでログインがあります。

前者の場合、こちら「現在の電話番号よりも前に使った電話番号」(現在の番号ではない)を入力する必要があり、後者に関してはアカウント上で設定したメールアドレスを使ってログインすることが可能です。

Twitterアカウントの場合

Twitterでは登録時に設定した電話番号、メールアドレスもしくはユーザー名とパスワードでログインします。

万が一、設定したパスワードを忘れてしまった場合は、ログインボタン横のパスワードをお忘れですかをタップすることをお勧めします。

また、Twitterでは複数のアカウントにログインすることが可能であり、右上のボタンをタップすると、ログイン中のアカウントをリストから選んで切り替えることが可能です。

Googleアカウントの場合

Googleアカウントにログインする際には、登録したメールアドレス、次にパスワードをそれぞれ入力する必要があります。

メールアドレスやパスワードなどのログイン情報を失念された場合、特定の情報を入力して探したり再設定することができます。

Google上でも一度に複数のアカウントにログインすることが可能であり、切り替えの際には対象アカウントをタップすればOKです。

Facebookアカウントの場合

TikTok上でFacebookでログインを選択した際に、ブラウザ上でご自分のFacebookアカウントにまだログインしていなかった場合、そちらで携帯電話番号やメールアドレスとパスワードでログインする必要があります。

カカオトークのアカウントの場合

TikTokではカカオトークでのログインも可能で、初めに下記画面で登録時に設定したメールアドレスまたは電話番号、そしてパスワードを使ってカカオトークにログインします。

Instagramアカウントの場合

Instagramもその他SNS同様、アカウント登録の際に入力した電話番号、ユーザー名、またはメールアドレスを使ってログインします。

InstagramもTwitterやGoogleと同じように一度に複数のアカウントにログインすることが可能となっています。

プロフィール画面上のユーザー名をタップすると現在ログイン中のアカウントが表示されるので、その中から一つ選べばそのアカウントに切り替えることができます。

お使いのApple IDでログインの場合

Apple IDでのログインを選んだ場合、iPhone上で現在ログインしているApple IDを使ってサインインすることができます。

サインインの方法については、パスコードが有効になっているとコードの入力、Touch IDが有効だとタッチによる指紋認証となっています。

TikTokアカウント登録時に何を使ったか覚えていない場合

さて、上記方法を用いることでTikTokアカウントにログインし直すことが可能ですが、もし上記のうち「何を使ったか」を覚えていない場合はどうすればよいのでしょう?

ユーザー名でログインを試みる

過去に一度でもアカウントを作成していたら、明確なアカウント削除をしない限り、そのアカウント情報は残り続けます。

TikTokではユーザー名でのログインが可能ですので、それを覚えていればユーザー名を入力し、パスワードの再設定をすることでログインが可能です。

ユーザー名が思い出せない場合、リアルの友人に問い合わせ

さらにアカウント登録時に特段ユーザー名を変更せず、「userxxxxxx」など数字の羅列のままにしてしまっている場合で、どのSNSで登録したかも思い出せない場合は、当時のアカウントを知る人物にログインできるTikTokのアカウントから探してもらう、という手段もあります。

新規でアカウント作成し、過去のアカウントを捜索する

アカウント捜索を友人に頼めない場合は、捜索用のアカウントとして新規でTikTokアカウントを作成し、そのアカウントで検索を行い捜索をする手段もあります。

過去の動画に付けたハッシュタグや覚えている範囲でアカウント名に使った文字列などで自分のアカウントを探し、ユーザー名が分かった所で、パスワードの再設定を行いアカウントの再スタートを行うことができます。

全てのログイン方法を使って強引に探す

もしどうしてもログインしたい場合は、最初のオプションから最後までしらみつぶしに試すことで、自分のアカウントに強引にアクセスすることも不可能ではないです。

ただしこの場合、もし使っていない情報やサービスがあると、その都度新しいアカウントを登録してしまう恐れがあり、かえって混乱してしまうことも有り得るので十分お気を付けください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はTikTok上で作成したアカウントへのログインやパスワード再設定の方法をご紹介いたしました。

大切なアカウントにいつでも問題なくアクセスできるよう、電話番号などの個人情報や、各SNSアカウントのログイン情報を控えておくと安全です!