位置情報共有アプリ『Zenly(ゼンリー)』のアカウントを削除して退会する方法




画面上でリアルタイムに位置情報を共有することができる、位置情報共有SNSの『Zenly(ゼンリー)』。

アカウント作成が必要なサービスですが、今回はZenlyのアカウントを削除する方法・そして復旧する方法をご紹介したいと思います!

▼「Zenly(ゼンリー)」の基本的な使い方ガイドはこちらを御覧くださいませ!

無料位置共有アプリ『Zenly(ゼンリー)』の基本的な使い方-認証番号や位置情報共有のメリットと危険性を解説

2019.01.25

Zenly(ゼンリー)を退会する方法

Zenlyのアカウントを削除するには、

▼まずアプリを起動しいつものマップ画面を表示させ、画面右下に位置するプロフィールアイコンをタップします。

▼プロフィール画面が表示されますので、画面右上のネジアイコンをタップしましょう。

▼そうすると設定画面が表示されますので、

画面下方向にスクロールしていくと、

▼「詳細」の欄にお問い合わせが表示されますので、そちらをクリック。

▼「お問い合わせの内容は?」と表示されつつもお問い合わせしかありませんので、そちらをタップ。

▼次の画面にてアカウントを削除というリンクがありますので、そちらをタップします。

▼「本当に実行しますか?」という確認と、30日以内の再ログインでアカウントが復旧する旨が記載されます。こちらの画面で実行するをタップすると、

▼「アカウントが無効化されました」と表示されます。と同時に、無効化した理由を聞かれますので、該当する理由をタップし送信して終了をタップします。

これにてZenlyの退会作業を完了させることができました!

退会すると他ユーザーからはどう見える?

退会処理を行なった後はアカウントが「無効」の状態となり、Zenly上で「友達」として繋がっていた人は、居場所を確認したり、地図上で交流したりというコミュニケーションができなくなります。

退会処理から30日後に完全削除

上記の退会処理を行なってから30日間経過すると、再度ログインを行おうとしても出来ず、アカウントの完全な削除が行われます。

機種変更などで電話番号が変わった際は新しいアカウントに移行可

ナンバーポータビリティを使用せず機種変更を行い、携帯電話の番号が止むを得ず変わってしまった場合は、

▼「お問い合わせの内容は?」のページ内のフィードバックを送信を選択し、

その他を選択、

▼その後表示されるこちらのページから古い電話番号を伝えてアカウント移行の内容を連絡するか、

もしくは、問い合わせ先のメールアドレスである「love@zen.ly」宛に連絡します。

退会手続き後、アカウントを復活させる方法

退会手続きが完了して30日以内であれば、アカウントを復旧することができます。

▼退会後、再度アプリを起動するとこのようにログイン前の画面が表示されます。ここで登録&承諾をタップし、

▼名前を再度聞かれますが、以前登録した名前が予め表示されています。
こちらはそのままをタップ。

▼生年月日も再度聞かれますので、こちらもをタップ。

▼最後に以前まで使用していた電話番号が表示されていればアカウントの復旧が可能になりますので、番号を確認してをタップすると、

▼お馴染みの「SMS認証」が入り、

▼最後に復旧の確認画面が表示されます。復旧ボタンを押して完了になります。

これで「うっかり削除」をしてしまっていた場合でも再度元のアカウントに戻ることができますね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は位置情報共有SNS『Zenly(ゼンリー)』の退会方法についてご案内させていただきました。

退会後復旧可能なのはTwitterも同じですが、こちらはより友達との距離が近いサービスのため、誤って削除してしまった方は、こちらの記事参照しながら復旧してみてください!