Spotifyの無料プランで出現する広告。ブロックする方法や頻度を下げる方法はある?について徹底検証!

無料で始める音楽聴き放題アプリ ▶こちら




無料で流行の音楽やお気に入りのアーティストの楽曲を聞くことができる便利なアプリSpotify ですが、無料プランでは頻繁に広告が流れてきます。無料で使っているのだから文句が言えないのはわかっているけれどもできれば広告は流れないほうがいいな……と思うのではないでしょうか。

そこで今回は、Spotify で無料プランの広告をブロックしたり、頻度を下げたりできるのかを徹底検証し、その内容を解説致します!

Spotifyとは

Spotify は、お気に入りのアーティスト、アルバムなどの音楽を聴くことができるアプリ。

有料のプレミアムプランは月額980円かかりますが、無料で使うことのできるフリープランでもアプリをダウンロードすれば収録されている楽曲を聞くことができ十分だと感じる方も多いはず。

フリープランで起きる制限は

  • シャッフル再生しか出来ない
  • 曲のスキップ(次の曲に飛ばす)は1時間に6回までしかできない
  • 一定の頻度で広告が流れる

です。

他にも、プレミアムプランでは最高音質を選ぶことができたり、オフライン再生をすることもできます。

▼Spotifyの基本的な使い方【超入門編】はこちら。

【超入門ガイド】音楽アプリ『Spotify(スポティファイ)』の基本的な使い方-無料・有料の違い・ダウンロード方法などご紹介

2020年1月27日

▼Spotifyの無料プランに関する制限・仕様の詳しい情報はこちら。

『Spotify』の無料プランで出来ることは?「3ヶ月無料」とは違う?いつまで使える?出来ないことや制限など徹底解説!

2020年1月5日

Spotifyはフリープランでは広告が流れる

フリープランで起きる制限のうちのひとつ「一定の頻度で広告が流れる」ですが、これはどのようなものなのでしょうか。

頻度としては、楽曲視聴の間に10曲に1回程度で15秒から30秒の広告が強制的に流れます。

早送りはできず、すべて聞かなくては次の曲に進むことができません。

広告が流れないようにするためには、有料のプレミアムプラン(月額980円)に加入する必要があります。

補足
ちなみにこの広告再生ですが、無料プランでもアーティストに著作権料の分配を行うため、この広告再生の収益を無料プランユーザーの再生数の割合でアーティストに分配が行われています。

フリープランでも広告を流さない方法ってある?

無料で使用しているので、広告が流れることは致し方ない、とはいえ10曲に1回では結構な頻度です。

1時間に2~3回は聞かなくてはならないことになります。

そこで、フリープランでも広告を流さなくて済む方法がないかを調べてみました。

フリープランで表示される動画広告を最後まで閲覧する

いつもある方法ではありませんが、たまに登場する方法です。

フリープランで音楽を聴いているといつもの15秒から30秒の「音声の広告」ではなく、「この動画広告を最後まで閲覧すれば今から30分間広告なしで音楽をお楽しみいただけます」というアナウンスが流れることがあります。

▼「この後の30分間は提供スポンサーの映像をご覧いただくと広告なしで音楽をお楽しみいただけます。」と表示されます。

▼動画広告が流れるので最後まで止めずに視聴します。

▼最後までアプリを閉じずに流しておけばその後30分間は広告が流れずに音楽を聴き続けることができます。

この動画広告試聴を実施する/しないとでは直近の広告出現頻度が大きく変わってきます。

しかもテレビ放送のような分単位の広告ではなく、30秒程度の広告になりますので、それほど大きなストレスにならず、さらにその後の音楽視聴を快適にすることができます。

アドブロックアプリ

広告をスキップできる「アドブロックアプリ」というものが存在します。

こうしたアプリを使えば、広告なしでSpotifyの音楽を再生することができると言われていますが、オフラインでしか再生できず、さらにSpotifyでは利用規約で禁止しており、場合によってはSpotifyのアカウントがブロックされる可能性もありますのでおすすめできません。

Spotify音楽変換ソフトで曲をダウンロード

Spotify音楽変換ソフトで曲をダウンロードし保存する方法もあります。

曲をダウンロードすれば広告なしでSpotifyの音楽をオフライン再生することができますが、こちらもSpotifyでは利用規約で禁止しており、場合によってはSpotifyのアカウントがブロックされる可能性もありますのでおすすめできません。

また、そのようなソフトを利用して半永久的に自分のPC環境に楽曲をダウンロードすることは著作権・法律的に極めて高いリスクがあります。

別ユーザーのファミリープランの一員になる

「お金を払わずに広告無しのプランで利用する」という点については、「自分がファミリープランの一員になる」という解決方法もあります。

▼Spotifyの「ファミリープラン」についての詳細はこちら。

Spotifyで家族で入れる家族割「ファミリープラン」に登録する方法とそのメリットを徹底解説!

2019年4月15日

ただし、Spotifyが定める「家族」の定義は、住所が同一であることです。

本当に同じ住所かどうかを検証するためにGoogle Mapのシステムを用いて検証するということも利用規約に記載されていますので、友達が加入したファミリープラン枠に入れさせてもらう、という行為はアカウント停止などのリスクがありますので注意しましょう。

まとめ

Spotifyを無料で使うことのできるフリープランの広告をできるだけ聞きたくない、という場合に広告をブロックする方法や頻度を下げるための方法を徹底検証しました。

「アドブロックアプリ」を使うことはおすすめできず、「ファミリープラン」もリスクが伴います。基本的には広告は我慢するか、有料会員となり存分にアプリの機能を楽しむようにしましょう。