Spotifyがプリペイドの『年割プラン』を発表-メリット・デメリットや登録・支払い方法を徹底解説!

おすすめ音楽聴き放題アプリ ▶こちら




Spotifyから新しい料金プラン「年割プラン」が発表されました。

今まで「Spotify Premium DUO」やファミリープラン学生プランなど様々な料金体系で選択肢を提供していますが、今回は年間使用料を一括払いできる、というもの。

そこで今回はSpotifyの「年割プラン」のメリット・デメリット・おすすめできるユーザーや、具体的な登録方法を詳しくご紹介いたします。

Spotifyの『年割プラン』とは?

年額の一括払い

Spotifyの『年割プラン』とは、12ヶ月分の料金を一括で支払うことのできる「プリペイド」のプランとなっています。通常であれば、月々の料金をクレジットカードなどで支払いますが、「年割プラン」は一度の支払いのみとなります。

2ヶ月分の使用料がオトクに

「年割プラン」の最大の特徴はその料金です。

通常のプレミアムプランで12ヶ月継続で利用した場合、
980円x12ヶ月=11,760円

の使用料がかかりますが、「年割プラン」の場合、10ヶ月分の9,800円で12ヶ月の利用が可能になります。12ヶ月間利用した想定だと1,960円がおトクになる計算です。

こんなユーザーにおすすめな『年割プラン』

一括払いをする代わりに使用料がお得になる「年割プラン」ですが、こんなユーザーにおすすめです。

長期間解約しない予定のユーザー

もし音楽サブスクサービスとしてSpotifyのみを選択していて、プレイリストなどを大量に作成して快適に利用している場合、これを期に「年割プラン」に移行しても良いかも。

社会人以上の「学生」ではないユーザー

学生には「学割プラン」という別のプランが提供されており、そのプランの場合、利用料がなんと半額にまでディスカウントされます。確かに2ヶ月分の料金はお得なものの学生プランと比較すると断然学生プランのほうがオトクですので、学生プランが適用できるユーザーはそちらを選択するほうがよいでしょう。

▼Spotifyの学生プランに関する詳細・登録方法・学生認証の方法についてはこちらの記事をご覧くださいませ!

音楽アプリ『Spotify』で半額の「学割プラン」を適用する方法-手続き方法は?高校生も適用できる!?など徹底解説!

2020年2月6日

Spotifyの『年割プラン』に登録する方法

▼まずこちらのページにアクセスして内容を確認しましょう。

ページに表記されているプレミアム年額プランにするのボタンをタップし、

▼現状登録しているプランが表示されますので、こちらの年間12ヶ月分と記載があるこの部分をタップすると、

▼支払い方法の選択肢が表示されますので、年割りの金額9,800円を支払う方法を選びます。

▼例としてクレジットカードまたはデビットカードを選択すると、このようにカード情報を入力する画面が表示されますので、各所を入力していきます。

▼最後にページ下部に表示されているSPOTIFY PREMIUMを開始をタップすると、決済が行われ、

これより先12ヶ月分は使用料の支払いなしでSpotifyのプレミアムバージョンを利用することができます。

Spotify『年割プラン』の支払い方法は?

Spotifyの「年割プラン」へは以下の支払い方法を利用することが可能です。

  • クレジットカードまたはデビットカード
  • Paypal
  • ATM・銀行振込
  • 楽天などのオンラインバンキング
  • コンビニでの現金払い

コンビニでの現金払いの方法は、こちらを選択して決済を進めると、印刷可能なバウチャーが表示されますので、それをコンビニに持ち込み支払いを完了させることができます。

また、受付可能なコンビニは

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルK
  • ミニストップ
  • セイコーマート

です。

Spotify『年割プラン』で確認したい注意点

遥かにオトクな学割が適用できるか確認

2ヶ月分の使用料がオトクになる今回の「年割プラン」ですが、本記事冒頭でもご紹介したとおり、学生プランと比較すると、学生プランの方がより安い料金設定になっていますので、もし学生プランの適用が可能な資格をお持ちの方は、年割プランよりも学生プランの適用をおすすめします。

自分が無料トライアルが利用できるか確認

本記事執筆時点でSpotifyは定常的なキャンペーンとして初回3ヶ月無料キャンペーンを実施しています。もし、自分が無料トライアルの適用が可能な場合、年割プランを登録する前に

▼こちらから3ヶ月の無料体験を行うと良いでしょう。

プラン終了後はそれまでのプランに戻り解約とはならないこと

12ヶ月分の使用料は一括支払いで、それ以降は、それまでの料金プランに戻ります。スタンダードプランだった場合、何もしなければ再度都度払いに切り替わり、解約とはならない点に注意が必要です。

また、学生プランから年割プランに登録していた場合(学生プランが遥かに安いので無いとは思いますが…)、年割プラン終了後に再度、学生認証の作業が必要になる点、注意が必要です。

『年割プラン』の途中解約はできる?

年割プランに登録後、途中解約はできるのでしょうか?その場合、返金などの対応は可能なのでしょうか?

その答えとして

途中解約は可能・ただし返金などの対応は不可、ということになります。また、解約を行ったとしても契約満了日まで利用可能ですので、特段途中解約の意味がないことが分かります。

もし、スタンダードプランを利用していて年割プランに変更、その年割プランの失効日にSpotifyを解約したい、といった場合は、年割プランの失効前に併せてスタンダードプランの解約も行っておくようにしましょう。

▼Spotifyの「解約」方法に関する詳細は以下の記事を御覧くださいませ。

音楽アプリ『Spotify』の有料(プレミアム)プラン・無料トライアルの解約方法を簡単解説!

2020年1月13日

プリペイド年間プラン終了後はSpotifyを使えなくなる?

年間プラン終了後は、基本的に「年割プラン登録前の状態に戻る」ということになります。無料会員だった場合は、任意の楽曲を選曲する機能などが使えない「無料プラン」に切り替わります。

▼Spotifyの無料プランについては、こちら。

『Spotify』の無料プランで出来ることは?「3ヶ月無料」とは違う?いつまで使える?出来ないことや制限など徹底解説!

2020年1月5日

期間満了後もプレミアム会員向けの機能を使いたい場合は、「年割プラン」を更新して向こう一年まで聴けるようにするか、スタンダードプランに入り直しましょう。

他にも「年間プラン」を提供している音楽サブスクサービスはある?

今回Spotifyから提供された年割プランですが、実は他の音楽サブスクサービスでも実施されています。

Apple Music Amazon Music Unlimited LINE MUSIC
通常プラン(月額) 980円 980円(プライム780円) 980円
年割プラン 9,800円 7,800円(プライム限定) 9,600円
年割プラン(ファミリー) 14,800円 14,000円
割引分 2ヶ月分 2ヶ月分 2ヶ月分+α

Apple Musicの年割プランはSpotifyと同様で、Amazon Music Unlimitedの場合、相対的にお安くなっていますが、プライム会員限定で年払い可能、LINE MUSICは2ヶ月分より少しだけ割引額が加算されます。

またAmazon Music Unlimited・LINE MUSICではファミリープランでも年割りが使用できるため、大人数で登録して長く使う予定の場合は、そちらを選択することで最安値を追求することができます。

▼Apple Musicはこちら。

▼Amazon Music Unlimitedはこちら。

▼LINE MUSICはこちらからどうぞ!

音楽はLINE MUSIC 人気音楽アプリ
音楽はLINE MUSIC 人気音楽アプリ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はSpotifyが新しく発表した料金プラン「年割プラン」のご紹介をさせていただきました。

また一つ料金に関する選択肢が増えた形になりますが、学生だったり、家族で使用したりなど料金の最安値追求は年割プランにもたくさんありますので、必ず、現在の状況を確認してから利用するようにしましょう。

▼Spotifyの料金プランについては、こちら。

Spotifyの『料金プラン』を徹底解説!全プランのメリット・デメリットや他の音楽サービスを完全比較!

2020年4月24日

▼Spotifyのファミリープランについては、こちら。

Spotifyで家族で入れる家族割「ファミリープラン」に登録する方法とそのメリットを徹底解説!

2019年4月15日

▼Spotifyの無料プランについては、こちら。

『Spotify』の無料プランで出来ることは?「3ヶ月無料」とは違う?いつまで使える?出来ないことや制限など徹底解説!

2020年1月5日