音楽アプリ『Spotify』の有料(プレミアム)プラン・無料トライアルの解約方法を簡単解説!

無料で始める音楽聴き放題アプリ ▶こちら




今日本の音楽アプリの中で最もダウンロード数ユーザー数を確保しているのではないかと思われるアプリSpotify。

シャッフルプレイであれば無制限で無料で聞き続けることができる素晴らしいサービスですが、自由に音楽を聴くためには月額980円というプレミアムサービスに加入する必要があります。

今回はそのSpotifyの継続的に行われる月額課金をどのように停止・退会・解約するかのわかりやすい説明をさせていただきたいと思います。

実はアプリから解約できないSpotify。

Spotifyはアプリからの課金の解約はできない仕組みになっています。

アプリの設定画面を開いても、アカウントの画面を開いてもどこにも解約という文字が出てこない…。毎月980円も支払っているのにこのままどこまで課金されてしまうのか非常に不安になりますよね。

有料プランも無料トライアルプランも基本的に作業は一緒

Spotifyは今まで続くキャンペーンで「初回登録3ヶ月無料(無料トライアル)」を続けています。

ユーザーの中でも「3ヶ月間、みっちり楽しんでギリギリで解約しよう」という方もいらっしゃると思いますが、基本的に解約への作業内容は一緒です。

無料トライアル期間(3ヶ月以内)で解約しても料金はかかりません

また、「3ヶ月以内で解約すると、料金がかかってしまうんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、最初の3ヶ月はいわば「お試し」の期間ですので、3ヶ月以内に解約を行ったとしても登録したユーザーに請求が発生することは有りません。

Spotifyの解約。有料の解約と会員の削除の2通りが存在

「Spotifyの解約をしたい!」と言った時に、実は2通りの解釈が存在します。

その2つが

  1. Spotifyの有料(プレミアム)プランを解約すること
  2. Spotifyのアカウント自体を削除すること

の2つです。

言葉としては似ていますが、具体的には全く別の行動となります。

本記事では上記①の「有料(プレミアム)プランを解約すること」にフォーカスしてご説明進めてまいります。

有料(プレミアム)プランを解約するとどうなるか?

では、月額の有料プランを解約するとそのユーザー・アカウントはどのようになるかと言うと、Spotifyの無料プラン(Spotify Free)に自動的に移行となります。

Spotifyの場合、無料プランでも楽曲のフル再生を行うことができますが、様々な制約・及び広告表示が伴います。

「Spotifyの無料プランとは?」「無料プランで出来ること」についてはこちらの記事を御覧くださいませ!

『Spotify』の無料プランで出来ることは?「3ヶ月無料」とは違う?いつまで使える?出来ないことや制限など徹底解説!

2020年1月5日

Spotifyの有料(プレミアム)プランを解約する具体的な手順

まずはアプリを閉じて以下のリンクからSpotifyの画面を開いてください。

https://www.spotify.com/jp/

▼画面が表示されると、画面右上に三本線のボタンがありますのでそのボタンをタップ

▼ヘルプ・ダウンロード・登録する・と言ったリンクと同時にログインのリンクが表示されますのでこちらをタップ。

▼そうするとログイン画面が表示されますのでそこから自分のユーザー名とパスワードを入力しログインしましょう。

▼ログインが完了するとSpotifyのトップ画面が表示されます。

▼画面を下にスクロールしていくとSpotifyプレミアムというブロックの中に料金プランを確認というボタンが表示されますのでこちらをタップ。

▼次の画面には定期購入の確認画面になっています。この画面上に表示される変更もしくはキャンセルをタップ 。

▼次の画面で「料金プランを変更する」という項目があるのでPREMIUMをキャンセルというボタンをタップ。

次の画面も確認画面が続きます。

引き続き確認画面の中でプレミアムをキャンセルという画面が表示され

▼画面中央にはい、キャンセルしますというリンクが表示されるのでそちらをタップ。

これにてSpotifyのプレミアムサービスの解約が完了致しました。お疲れ様でした。

Apple App Store 提供している月額課金のサービスと比較するとかなり解約に関しての画面遷移は少ないように思います。

その辺りは良心的かなと思いつつも、そもそもアプリ側で解約への導線を敷いてないところに関しては若干不親切な気も。

Spotifyは無料でもすこぶる優れたサービス

無料サービスの範囲でも定評があるSpotifyですが、勢いで有料サービスに課金してしまった方は無料と有料でどのような違いがあるか把握していない場合もあるかもしれません。

有料無料の大きな違いは、

  1. シャッフルプレイ
  2. 広告

という2点になります。

シャッフルプレイはアーティスト単位・アルバム単位で強制的にシャッフル状態で再生されるモードを言います。何か特定の曲を聴きたいユーザーの場合、強制でランダム再生になるシャッフルプレイは少し利用しづらい側面があるかもしれませんがもともと好きなアーティストを流し聴きしたいという方には特段差し支えがない制約になると思います。

また広告は、曲と曲の合間に音声広告が挿入されます。こちらもシャッフルプレイ自体がラジオで音楽を聴いてるようなものに近いので、かなり長い尺の過払い金の広告を再生するラジオと比べ あまり気になるものではないかもしれません。

純粋に特定アーティストの楽曲をヘビーローテーションで行きたいユーザーとしてはどうしてもシャッフルプレイで聞くことに抵抗があるかもしれませんが、聴き放題で尚且つ無料でここまでの量の楽曲を聞けるサービスは他にありませんので、現状では合法で最も使いやすいアプリとして君臨している状態かと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はSpotifyの有料プランの解約方法についてご説明させていただきました。

現在日本でも数々の聴き放題音楽サービスが乱立している状況ですが、いずれも月額1000円弱の金額がかかるため複数のサービスに登録するよりかはどれか特定のサービスに搾られている状況だと思います。

また聴き放題サービスという枠組みの中で日本の音楽レーベルは提供する楽曲を一律で管理していますのでそれぞれのサービス内で、楽曲が公開されてるアーティストはそれほど大差がありません。

その中では現在当サイトとしてイチオシしているのは LINE MUSIC です。

音楽はLINE MUSIC 人気音楽アプリ
音楽はLINE MUSIC 人気音楽アプリ

無料版でも先頭の30秒はどの楽曲も無料で行けることに加え、 iTunes ミュージックに負けないラインナップで楽曲の個別購入もできます。 iTunes で個別に買っていた楽曲を LINE MUSIC でまとめるスタイルにすればほぼ全ての楽曲を LINE MUSIC 内に収めることができますので一元管理として非常に便利でおすすめです!