LINEのトークから退出・退会する方法

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




本記事は、LINEのトークを退出・退会する方法を解説します。

LINEは一度繋がるといつでも連絡が取れる便利な手段です。しかし、相手との仲が悪くなってしまったり、参加しているグループとのリアルな関係が疎遠になってしまったりした場合、LINEのトークから退出したいなと思うこともあるのではないでしょうか。

そこで今回はLINEのトークから退出・退会する方法と退会後の画面の見え方をご紹介します。

LINEにおける「退出」とは?

LINEの退出とは、複数人で利用するトークルームから外れることを言います。

基本的に、1:1のトークでは、その相手とのトークだけから「退出」することはできません。そのため、1:1の個人のトークから「退出」するためにはLINE自体を辞める(アカウント削除)をする必要があります。

▼そのため、特定の相手とだけやりとりをしたくない場合には「ブロック」という方法を取る必要があります。

この場合、ブロックされた側はメッセージを送ることが出来てしまいますが、自分には一切届かなくなります。

▼LINEのブロックについての詳細はこちらを御覧ください。

LINEの「ブロック」基本的な使い方-する側・される側の見え方・されているかの確認方法など徹底解説!

2020年4月21日

LINEトークから「退出」「退会」する方法

それでは、LINEトークからの「退出」「退会」の方法を見ていきましょう。個人のトークなのかグループトークなのかによってその方法は異なります。

グループトークで「退出」「退会」する方法

グループトークの場合、LINEを辞めることなくそのグループトークだけから退出することが可能です。

▼グループトーク内の右上のをタップします。
退会をタップします。 ▼確認が出ますので、退会をタップします。 これで退会が完了しました。

トーク退会後の画面の見え方

▼残されたメンバーにはこのように「●●がグループを退会しました」と表示されます。

個人トークで「退出」「退会」した時のほかユーザーからの見え方

続いては個人のトークで退出する場合です。前述のように、特定の個人のトークだけを退出するすることが出来ません。そのため、LINEアカウントを削除した場合に自動的に「個人のトークを退出」したことになります。

▼ほかのユーザーからは、このように「メンバーがいません」と表示されます。 ▼それまでの会話の履歴は残っていますが、名前は「メンバーなし」と表示され、最後に「Unkownが退出しました」と出ます。入力欄には「トーク相手がいません」と表示され、文字を打ち込むことはできません。

まとめ

今回はLINEのトークから退出・退会する方法をご紹介しました。

個人のトークからLINEを辞めずに退出する方法はありません。グループトークであれば可能ですが、突然退会されてしまうと悲しいものですので、グループトークを退出する際や、またLINE自体を辞める場合にはひと声かけた方がいいかもしれませんね。