Amazonの配送業者を確認する方法-注文後の確認やクレーム・問い合わせのやり方を徹底解説!

MusicFM/Boxの代わりは ▶こちら




この記事ではAmazonの配送業者を確認する方法についてご紹介します。

Amazonで商品を注文すると多くの場合「配送業者:Amazon」と記載されています。この「配送業者:Amazon」とは具体的にどの配送業者のことなのか気になった方も多いのではないでしょうか。たまに「配送業者:Amazon」でひどい対応をされたり、クレームが多いと耳にしたことがある方も多いかもしれません。

そこで今回は、Amazonの配送業者を確認する方法、さらにAmazonではない配送業者での商品受け取りをしたい場合の方法などをご紹介致します。

Amazonでの注文後、配送業者を確認する方法

Amazonでの注文後に配送業者を確認する方法は簡単です。

▼Amazonアプリのトップページから左下のヒト型アイコンをタップします。

注文履歴をタップします。

▼配送状況を確認したい注文履歴をタップします。

▼到着予定日と現在の状況が表示されますのでさらに表示をタップします。すると次の画面では、配送業者名を確認することができます。

Amazonの注文履歴を削除する方法

配送業者が「Amazon」の場合、どの配送業者が対応している?

気になるのは、この「配送業者:Amazon」だと思います。一般的な通販ではヤマト運輸や佐川急便、日本郵便などが配送業者であることが多く、「Amazon」という配送業者はありません。

Amazonでの購入で表示される「配送業者:Amazon」とは、Amazonの商品の配送のみを担当する配送業者です。実際にはAmazonが配送を行っているというよりは、Amazonと提携している個人事業主や地域限定の配送業者がAmazonから委託されて配送をしているということです。

しかし、Amazonからの発送通知メールなどには「ご注文商品はAmazonがお届けいたします」と記載され、個人事業主名などが載ることはありません。

配送業者「Amazon」を回避する方法

「配送業者:Amazon」について、具体的にどこの配送業者が荷物を運んでくれるのかわからないこと、あるいは過去にクレーム事案やひどい対応をされたなど嫌な思いをした人は避けたいと思うかもしれません。

注文時に「配送業者:Amazon」を避け、別の配送業者を選択することはできませんが、結果的に配達人と鉢合わせることを回避する裏技はあります。

Amazon Hubを利用する方法

まずは「Amazon Hub」を利用するという方法です。「Amazon Hub」は、駅やスーパーなどに設置されているAmazon専用の宅配ロッカーです。配送業者が家まで荷物を届けに来るのではなく、このAmazon専用の宅配ロッカー「Amazon Hub」に荷物を届けておいてくれるので、ロッカータイプなら自分で好きなタイミングに荷物を受け取ることができ、カウンタータイプであれば店舗のスタッフから荷物を受け取ることができます。

コンビニや営業所受け取りを行う

もうひとつは、コンビニ受け取り・営業所受け取りを行う方法です。配送先を自宅などではなく、コンビニエンスストアやヤマトの営業所などに指定することで、「配送業者Amazon」ではない配送業者が商品を取り扱うことになります。ローソンでの受け取りなら日本郵便、ファミリーマートでの受け取りならヤマト運輸が取り扱います。さらに。ヤマト運輸の営業所受け取りにすればヤマト運輸が取り扱います。

Amazonで「コンビニ受け取り」のやり方-設定方法や使えるコンビニ・受け取り期限を徹底解説!

2022年1月3日

「届かない」「置き配に問題がある」という場合、問い合わせ・連絡先は?

万が一、「配送業者Amazon」が配送している際に「届かない」「置き配に問題がある」ということが発生した場合どこに問い合わせれば良いのでしょうか?基本的にはAmazonのチャットでの問い合わせがスムーズです。

Amazonの「置き配」とは?-勝手に置き配設定になる?盗難された場合の対処法など

▼まずAmazonの問い合わせページからチャットを開き、チャットから問い合わせしたい商品を選択します。商品が届かないをタップします。商品を受け取っていませんをタップします。
▼いろいろとアドバイスをされますが、はい、まだサポートが必要ですをタップします。電話でサポートを受けるをタップします。Amazonから電話がかかってくるので状況を説明しましょう。

Amazonのカスタマーサービスに電話での問い合わせを行う方法-直接話して相談可能?など徹底解説

2022年1月24日

Amazonの「デリバリープロバイダ」とは?

Amazonの配送業者について調べていると、「デリバリープロバイダ」という言葉が出てくるかと思います。この「デリバリープロバイダ」はAmazonと提携している地域限定の配送業者のことです。

▼Amazonのページにも配送業者について下記のように記載されています。

個人事業主として配送を行う「Amazon FLEX」とは?

さらに、Amazonの配送業者には「Amazon FLEX」というものもあります。これは個人事業主の方などがAmazonの荷物を宅配することです。Uber Eatsの「Amazonの荷物版」と思えばイメージしやすいかもしれません。

まとめ

今回は、Amazonの配送業者を確認する方法、さらにAmazonではない配送業者での商品受け取りをしたい場合の方法などをご紹介致しまました。基本的には「配送業者:Amazon」でも大きなトラブルは起きないことが多いとは思いますが、どうしても避けたいという方は他の配送業者に運んでもらう方法も試してみてくださいね。