Instagramの『フォローリクエスト』とは?通知の削除方法や拒否された際の見え方などを徹底解説!

無料で始める音楽聴き放題アプリ ▶こちら




今や大人から子供までが利用しているSNSアプリ「Instagram」。その醍醐味は何といっても写真の一般公開ですが、「非公開」でフォロワー限定にしたい方も少なくないです。

ちなみに「非公開」中にフォローリクエストを受信したことはありますか?人によっては承認すべきなのか困惑してしまうはず。

本記事ではフォローリクエストの詳細や通知の削除方法、拒否した場合の両サイドの見え方などを解説して参ります。

そもそも「フォローリクエスト」ってなに?

フォローリクエストとは、Instagram上で非公開設定しているユーザーにフォロワーとして承認してもらうため、リクエストを送信する機能です。

公開中のアカウントは本人の承認が無くてもフォローできますが、非公開だと相手の許可が必要になるのです。非公開中に同リクエストを受けると、

▼iPhoneのロック画面や、

▼Instagramの「アクティビティ」画面上で通知が届きます

フォローリクエスト受け取り後、確認すべきこと

知っている人か知らない人からのフォローリクエストか

基本的にはまず相手のプロフィールを確認してから決めるのがベターです。

身内や知人など、信用できるユーザーであれば承認しても問題ありませんが、中には友人・知人を装って申請する人間がいる可能性もあるため、一旦本人らに確認を取った方が安全です。

それ以外だと、ユーザーの中には悪意を持ってアプローチしてくる輩も少なくないことから、見境なしにリクエストを承認するのはかえって危険ですし、そもそもそれでは非公開設定した意味がなくなってしまいます。

プロフィールを公開しているかどうか

また、相手の情報が色々未公開だったり、プロフィールが非公開になっている場合だと、相手のことが一層分からないため、こちらも無暗に承認するのはお勧めしません。

上記の通り、自分が非公開にしている状態でフォローリクエストを受け取った場合は「相手の素性」が理解出来てから承認することをおすすめします。

フォローリクエストを承認・拒否する方法について

ここではユーザーより届いたフォローリクエストの承認・拒否のやり方をご紹介します。

リクエストを承認する場合

▼Instagramアプリを起動して、ホーム画面下の4番目にあるアイコンをタップしてください

▼アクティビティ画面が開いたら、一番上にあるフォローリクエストをタップしてください

▼すると受信中のリクエストがあるので、右側にある承認ボタンをタップすればOKです

これで、あなたにフォローリクエストを送信してきたユーザーに対し「承認」したこととなり、あなたの投稿コンテンツをこのユーザーが閲覧できるようになります。

フォローリクエストを拒否する場合

アクティビティ画面に移動し、フォローリクエストをタップ

▼拒否したいリクエストの横にある削除ボタンをタップすれば完了です

リクエストを承認・拒否したら相手にバレる?

SNS上で最も心配されることが「〇〇をしたら相手にバレる?」で、人気のInstagramも例外ではありません。

フォローリクエストを承認したり拒否すると相手にバレてしまうのか、結論から言うとズバリ「YES」です。

承認すると相手にその旨が通知される

受信したリクエストを承認すると、上記画像のように、承認したことが相手のロック画面や通知センターに届き、結果的にバレてしまいます。

フォローリクエストの「拒否」をした場合、相手に通知される?

逆にリクエストを拒否した場合は、その旨が直接相手に通知されることはありません。

ただし、相手がこちらのプロフィールを再度確認した際、リクエストが送信可能な状態になっているため、「再度送信できる=相手が拒否した」という具合に相手にバレてしまいますので注意。

フォローリクエストを拒否した時、相手側の見え方

相手がこちらにフォローリクエストを送信したとき、

▼リクエスト送信側では下記のようなリクエスト済みが画面に表示されます

その後フォローリクエストを拒否すると、

▼このように再度フォローリクエストを送信できる状態に戻ります

このように一度届いたはずのフォローリクエストが再度出来る状態になっていると「拒否」がなされたことが確定となります。ただし、リクエスト送信側はこの後再度フォローリクエストを送ることが出来ます。

フォローリクエストが消えた・届いていない!その理由とは?

相手ユーザーがリクエストを取り消した

もしアクティビティ画面にて受けたはずのフォローリクエストがなかった場合、リクエストした相手自身が、申請を取り消した可能性が高いです。

Instagramでは相手がリクエストを取り消すと、それに連動して「アクティビティ」上にあったリクエストも連動して消えるようになっています。

アクティビティページが更新されていない

知人や身内からフォローリクエストが送られたものの、アクティビティページには何もなかった場合は、ページ自体を更新(リフレッシュ)していない可能性があります。

ページを一旦下にスワイプして再読み込みを行い、読み込みの完了後にフォローリクエストが上部に表示されるか確認してみてください。

自分が送ったフォローリクエストをキャンセルする方法

相手にフォローリクエストを送信したけど、後ほど取り消したくなった場合は、

▼初めにInstagramを起動して、ホーム画面下の🔍アイコンをタップしてください

▼次に画面上部の検索ボックスをタップしてください

▼リクエストを取り消したいユーザーの名前を検索してタップ

▼プロフィール画面が開いたら、リクエスト済みをタップしてください

▼タップ後、ボタンがフォローするに戻っていれば、キャンセル完了となります

しつこくフォローリクエストをしてくるウザいユーザーへの対処法

ユーザーの中には、相手のフォロワーになるために何度も何度もリクエストをしつこく寄せてくる輩もいます。

このような人物はいちいち拒否しても繰り返しリクエストしてくるので、対処法としては以下の方法があります。

フォローリクエストをそのまま放置して反応しない

拒否してもリクエストしてくるなら、最初から反応せずに放置した方が、自然とちょっかいを出してこなくなる可能性もあります。

ここで大事なのは、相手に「こちらにその気がないこと」を分からせることです。

本格的にウザくなってきたらブロックで一件落着

ただ、もし相手が「放置しても、リクエストを取り消す↔リクエストを再申請」といった無限ループでしつこく通知させてくるようであれば、思い切って相手をブロックすることで、リクエストが金輪際送れなくなるのでお勧めです。

▼ユーザーを『ブロック』する方法の詳細については以下の記事をご参照くださいませ。

【されたらどうなる?】Instagramで『ブロック』する方法-使い方やブロック後の変化を徹底解説!

2020年6月19日

まとめ

いかがだったでしょうか?

非公開中のアカウントをフォローしたい場合は、初めにリクエストを行い、その後相手が承認することでフォローできます。

本機能によりフォローできる人を厳選することが可能になるので、知人や家族、あるいは特定の人物といったユーザーにプロフィールや投稿を公開するのにも便利です。