Apple Musicの『共有』機能の使い方-「ファミリー共有」と「共有プレイリスト」の基本と知らない人に見せない方法

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




Apple Musicでは、サービス内容やプレイリストを自分以外のユーザーに共有することができる機能が提供されています。

今回はApple Music において「サービスの共有」を意味する「ファミリープランのファミリー共有」と、自分のお気に入り楽曲をまとめたプレイリストを友人と共有したり、見ず知らずのユーザーに公開することができる方法をご紹介します。

Apple Musicの「共有」機能はどのようなものがある?

通常「スマホで音楽を聴く」という行為は一人単独で行うものですが、 Apple Music はどのようにして他人と共有を行うことができるのかご紹介します。

サービスを家族で「共有」する「ファミリープラン」の「ファミリー共有」

まずサービス自体を家族で共有し合える「ファミリー共有」という機能があります。

ファミリー共有という機能は、Apple Music の有料プランを家族でも使えるようにするというサービスで、 家族のApple IDを招待する形で、有料機能を共有することができます。

ただし有料機能が利用できる人数が増えるため、通常の個人プランで「ファミリー共有」を行うことはできず、「ファミリープラン(1,480円/月)」に登録する必要があります。

ファミリー共有でファミリーメンバーに招待された家族内のユーザーは個別の個人ユーザーとして Apple Music を利用することができ、ファミリー共有で招待したユーザーの影響をなんら受けることなく、自由に使い倒すことができます。

プレイリストを公開して共有する「共有プレイリスト」

次にもう一つのApple Music上の「共有」といえば、「共有プレイリスト」です。

共有プレイリストとは、自分が作成したプレイリストを広く一般に開放することで、直接つながっている家族友人のみならず、 Apple Music を利用する一般のユーザーにも利用してもらうことができます。

「ファミリー共有」を使ってApple Musicを共有

「ファミリー共有」とは?

ファミリー共有とは、 家族の誰か一人がApple Music のファミリープランに加入することで、最大6名にでも家族ユーザーを無料で有料プランに招待することができる機能です。

ファミリー共有を行って家族メンバーをApple Musicに招待するには、 IPhoneの設定から家族が使用しているApple IDを招待する必要があります。

▼ファミリー共有機能を使って家族メンバーを招待する具体的な方法はこちらの記事の「ファミリー共有」でApple Musicの家族メンバーを招待する」をご確認くださいませ。

Apple Musicの『ファミリープラン』に登録し「ファミリー共有」で家族を招待・追加する方法

2020年4月4日

ファミリー共有を行うより先に、招待する側のApple Musicユーザーがファミリープランに加入している必要があります。

ファミリープランに加入する方法は以下の記事の「Apple Musicの『ファミリープラン』の加入方法」を御覧ください。

Apple Musicの『ファミリープラン』に登録し「ファミリー共有」で家族を招待・追加する方法

2020年4月4日

ファミリー共有できない場合の対処法

ファミリー共有を行おうと思ってもうまく家族メンバーを招待できないなどの問題が発生する場合は、以下の箇所を確認してみてください。

ファミリープランに登録できているか確認する

上記に記載されている手順でファミリー共有ができない場合は、まずファミリープランに登録されているかどうかを確認してみましょう。

現時点のプランがファミリープランかどうかを確認するには、

▼まず設定アプリを起動して画面最上部に表示されている Apple ID(自分の名前が記載されている箇所)をタップします。

▼次にサブスクリプションという項目がありますのでこちらをタップします。

▼次に表示される画面では今現在サブスクリプション(定期購読)を行っているアプリの一覧が表示されます。

もし Apple Music になりも登録していない状態であれば、こちらからApple Musicのファミリープランの登録を直接行いましょう。

もしこの画面上に Apple Musicサブスクリプション と表示されていれば、合わせてプラン名を確認してみてください。

▼この部分が「ファミリー(1か月)」となっていれば、問題なくファミリープランに登録できています。

もしこの部分に「個人」という記載があれば、このリスト部分タップし、

▼次に表示されるこちらの画面でファミリー(1か月)をタップしましょう。

そうすることで現在の個人プランをファミリープランにその後で切り替えることができます。

「共有プレイリスト」を作成し共有・公開する

次に共有プレイリストを作成する方法です。

まずは、共有するための「プレイリスト」を作成する必要がありますが、

▼プレイリストを作成する基本的な方法は以下の記事に詳細を掲載しています。

【基本】Apple Musicの『プレイリスト』とは?-使い方や共有方法、公開・非公開の切り替え等を徹底解説!

2020年4月1日

プレイリストを共有する方法

作成したプレイリストをLINEの友達に教えたり、Twitter上で公開したりするには、

▼まず Apple Music上で共有を行いたいプレイリストの画面を開き、をタップします。

▼次に画面下からそのプレイリストに対して、行える選択肢が表示されますので、こちらでは共有をタップします。

▼そうすると画面上部に共有を行うために利用できるアプリ一覧の表示されますので、 LINEで送信する場合は、LINEのアイコンをタップします。

その他 Twitter やFacebookで作成したプレイリストの異なる場合は、それぞれのアプリアイコンをタップします。

それぞれのアプリが独自の共有用ウィンドウを表示しますので、URLの形式で作成したプレイリストを共有する事ができます。

自作したプレイリストを検索可能な設定にする

個別でURLを送信していいリストを共有する形とは別に、見ず知らずの Apple Music ユーザーに自分の作成したプレイリストを検索可能な形で共有することができます。

▼その方法はまず公開したいプレイリストを開き画面右上にある編集をタップします。

▼そうするとそのプレイリストの編集画面が表示される中でマイプロフィールと検索に表示という項目がありますので、こちらをタップします。

上記のようにこのスイッチがオンの状態になっていれば、そのプレイリストは Apple Music上の検索でヒットし、同じようなテーマを求めている他のユーザーに、プレイリスト内容を提供することができます。

ちなみにこのプレイリストは Apple Music の有料ユーザーにのみ利用することが可能で、 Apple Music の個人プランに加入してないユーザーはプレイリスト内の楽曲を聴くことはできません。

「共有プレイリスト」を非公開にする

上記の手順で公開状態にしたプレイリストを再度非公開の状態にするには、

▼同じようにマイプロフィールと検索に表示のスイッチをオフの状態にすることで検索ではヒットしない状態に設定変更することができます。

知らない人に見られないようにする

一度公開したプレイリストを知らない人が見られないようにするには、上記でご説明した非公開の手順でも可能ですが、長期間公開していたなどの理由でまだそのプレイリストが公開されている状態かどうか不安な方は、一度そのプレイリストを削除することをお勧めします。

▼プレイリストを削除するには、 プレイリスト詳細画面を表示しをタップ、

▼次に表示される選択肢の中でライブラリから削除をタップします。

▼最後に確認用のウィンドウが表示されますので、この画面上にしてプレイリストを削除をすることによって、選択したプレイリストを削除することができます。

このプレイリストを削除する上での注意点は、画面にも記載がある通り、Apple MusicやiCloudミュージックを同期している全てのデバイスからこのプレイリストを削除することになるため、「別端末からの復元」ができない点です。

もし、プレイリスト自体は削除せずにできるだけ非公開の状態にしておくのであれば、マイプロフィールと検索に表示のスイッチをオフの状態にするのが適切な対処となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は Apple Music において「共有」を意味する2つの機能

  • 「ファミリー共有」を使ってサービスを共有する
  • 「共有プレイリスト」で楽曲を共有する

をご紹介いたしました。

初回3ヶ月の料金キャンペーンは記念実施されていますが、やはり有料の楽曲を聴くには有料プランに加入しないと聴くことができません。それでもファミリープランやファミリー共有が提供されていますので、それらを組み合わせて一人当たりの一か月のコストをできるだけ軽減してみましょう!