LINEで「メンバーがいません」や「メンバーなし」と表示される理由

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




本記事は、LINEで表示される「メンバーがいません」「メンバーなし」の表示について解説します。

トーク履歴を見直していると、友だちの名前だったはずのところに「メンバーがいません」や「メンバーなし」という不可解な表示がされることがあります。

相手にブロックされてしまったのか、それとも自分が操作を誤ったのかびっくりしてしまいますよね。そこで今回はLINEで「メンバーがいません」と表示される理由・復活方法について解説します。

LINEで「メンバーがいません」「メンバーなし」は一体何?

LINEのトーク一覧の中に「メンバーがいません」や「メンバーなし」と表示されていると驚くと思います。

これはどういうときに表示されるメッセージなのかをご説明します。

「メンバーがいません」と「メンバーなし」の違い

▼トークの相手が何らかの理由でアカウントを消えてしまうと、トーク一覧や相手とのトークの名前部分に「メンバーがいません」と「メンバーなし」と表示されますが、これはどちらも同じ意味です。

このトークルームではすでに相手が不在のため、どんなにメッセージを送っても相手にその内容が通知されることはありません。

「メンバーがいません」「メンバーなし」と表示される原因

なぜ「メンバーがいません」「メンバーなし」と表示されてしまうのでしょうか。いくつかの原因が存在します。

一対一のトーク相手がLINEを退会した時

▼まずは、一対一のトークルームで相手がLINEを退会してしまった場合です。LINEそのものを辞めてしまった場合、アカウント名やアイコンは残ることなく、「メンバーがいません」と表示されます。

機種変更の際のアカウントの引き継ぎを失敗した時

機種変更時には予めデータのバックアップを行いアカウント引継ぎの手続きをして、トーク履歴などもすべてそのまま引継ぐことができますが、

LINEのデータを「バックアップ」する方法-iCloud・Google Drive・LINE Keepで復元、できない場合も徹底解説!

2020年5月4日

ごく稀にその引継ぎを失敗してしまうことがあります。

その場合、アカウントは消えないけれど、これまでのトークや友だち一覧が消えてしまい、相手のトークルームからは消え「メンバーがいません」と表示されます。

グループトークで自分が強制的に退会させられた時

▼グループトークの場合、あなたのことをグループトークのメンバーが「退会」させた場合、「メンバーなし」と表示されます。▼トーク一覧では「メンバーがいません」と表示されます。

「メンバーがいません」はブロックではない

この「メンバーがいません」はブロックとは異なります。一見、「自分がブロックされたのでは」と思ってしまうような表示ですが、基本的には、相手側のアカウント削除、もしくは、グループからの強制退会が原因で「ブロック」とは別物です。

とはいえ、「グループからの強制退会」は予期しないタイミングで起こった場合、ブロックに近いニュアンスがあります。

全員が退会した場合「メンバーがいません」にはならない

グループトークで自分以外の全員がトークから退会した場合、「メンバーがいません」となりそうなものですが、その状況においては、「メンバーがいません」という表示にはなりません。

▼自分以外のメンバーがグループトークを退会して自分一人になってしまっても、自分のトークルーム上ではそれまでのグループ名が表示されます。

「メンバーがいません」「メンバーなし」の復活方法

「メンバーがいません」と表示されてしまうと、誰とのトークかわからなくてとても不便です。また、相手との連絡も取れず悲しい気持ちになります。この「メンバーがいません」は復元することはできないのでしょうか。

一対一のトークの場合、復元は不可能

▼一対一のトークで「メンバーがいません」と表示される場合、相手方がLINEを「既に辞めている」ため、復元をすることはできません。

再度、連絡を取りたい場合にはLINE以外の方法で連絡を取るしかありません。

また、これ以上相手との会話が発生することはないので、不要な場合にはトークルームごと削除しても問題ありません。

グループトークの場合は再度招待されれば可能

グループトークで自分だけ強制退会となってしまい、画面上に「メンバーがいません」「メンバーなし」と表示されてしまった場合、

▼トーク一覧では「メンバーがいません」と表示されていても、 ▼グループトークのメンバーが再びあなたを招待してくれればまた「グループ名」とこれまでのトークを見ることが出来るようになります。

このケースの場合、「メンバーがいません」「メンバーなし」となってしまった後でも、トークが復活することになります。

見に覚えの無い「メンバーがいません」「メンバーなし」トークは要注意

もし、自分のトーク一覧画面にて唐突に「メンバーがいません」という相手が表示され、URL付きのメッセージの直後に「Unknownが退出しました」と表示されている場合、スパムの可能性が高いので削除か通報をしましょう。

このメッセージは、有害なウェブサイトに誘導したい悪意のある第三者ユーザーが検索などでランダムでユーザーを見つけ出し、「かつての友人」などのふりをしてウェブサイトのURLをメッセージで送信する、というもの。

受け取った本人は「誰からだろう?」と過去の記憶を探り、URL先に何かヒントがあるかもしれない、とついついタップしてしまいますが、そのようなメッセージは詐欺やスパムである可能性が非常に高いので、絶対にタップしないようにしましょう。

まとめ

今回はLINEで「メンバーがいません」と表示される理由について解説しました。

自分ではどうしようもないことが理由なので、相手に理由を尋ねるか、グループトークの場合再び招待してもらうなどして対応しましょう。