PayPayのチャージでポイント付かない!?チャージポイントの発生や現在の状況を徹底解説

paypay




この記事は、PayPayのチャージでポイントが付かないケースについて解説します。

PayPayでは様々なキャンペーンが開催され過去にはチャージをするだけでポイントが付与される、というキャンペーンも。

今回は、そのPayPayでチャージをするだけでポイントを付けられる方法があるのか、チャージで獲得できるポイントのキャンペーン、ポイント獲得が効率よくできる方法について解説します。

PayPayへのチャージでPayPayポイントは付かない、ただし・・・

PayPayへのチャージでPayPayのポイント還元が発生するものはなし

PayPay の残高にチャージすることで「PayPayポイント」還元が発生する企画は今現在のところ存在しません。

チャージ方法として「銀行口座からの入金」やセブン・ローソン銀行ATMからのチャージ、クレカからのチャージなどがありますが「PayPayポイント」が還元される方法はないのが現状です。

ただし…、獲得するポイントがPayPayポイントではなく「楽天ポイント」であれば、チャージによるポイント獲得が可能な方法があります。

ソフトバンクまとめて支払いでチャージし楽天カードで支払うことでポイント獲得できる

PayPayのチャージ方法の一つ「ソフトバンクまとめて支払い」はソフトバンクユーザーの他、ワイモバイル・LINEMOユーザーも利用することができますが、この支払い方法と別個で契約した楽天カードによってチャージごとにポイント獲得を行うことができます。

その方法と手順は以下より解説しています。

PayPayのチャージでポイントを貯める方法

PayPayのチャージでポイントは貯まります。ただし、そこで貯まるのはPayPayポイントではなく、「楽天ポイント」となる点に注意が必要です。

以下の方法によって、PayPayのチャージでポイントを貯めることができます。

  1. 楽天カードの契約を行う。
  2. ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOのいずれかと契約
  3. 携帯料金の支払いを楽天カードに設定する
  4. PayPayのチャージ方法に「ソフトバンクまとめて支払い」を設定
  5. 携帯料金とPayPayチャージが楽天カード請求に合算され、チャージ分まで楽天ポイントが付与される。

という流れ。

以下より、詳しく具体的にその方法を解説していきます。

楽天カードの契約を行う

まず最初に楽天カードの契約を行います。最初の手順として楽天カードの発行を行う理由としては、カード発行に時間がかかるため、まず最初にカード発行を行っておく必要があります。

ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOとの契約

次に、ソフトバンク・ワイモバイルLINEMOのいずれかの通信キャリアと契約をしましょう。

なぜこの3つの通信キャリかというと、PayPayの系列であるソフトバンク関連の通信キャリアとなるためで、今現在では、この3つの通信キャリアのみPayPayチャージの代行支払いを行うことができません。

ドコモやauでも携帯料金と支払いを合算するサービスはありますが、PayPayでは、グループであるソフトバンクのソフトバンクまとめて支払いのみチャージを受け取れる仕様になっています。

カードが発行されてから通信キャリアと契約し、支払い方法をここで作成した楽天カードにする必要があります。

携帯料金の支払い設定を楽天カードに設定する

契約が完了したら、支払い方法の登録に楽天カードを設定します。

▼下記はLINEMOでの設定画面ですが、契約確認・変更から「支払い方法」を確認し変更するを選択。

▼支払い方法をクレジットカードに設定した上で、次の画面で楽天カードの番号を入力します。

これで支払い方法への設定は完了です。

ソフトバンクやワイモバイルでも手順は同様で、My SoftbankやMy Y!mobileから手続きを行います。

PayPayのチャージ方法に「ソフトバンクまとめて支払い」を設定する

次に、PayPay アプリ側でソフトバンクまとめて支払いの設定を行います。

ソフトバンクまとめて支払いをチャージに設定するには、予めサービス連携しておく必要がありますので、

👤アカウントから外部サービス連携を選択し、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOのサービス連携を完了させておくようにしましょう。

▼連携が完了したら、チャージ画面を表示させ、現在のチャージ元のところをタップすると、

▼チャージ方法の選択として、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いが選択できるようになっています。

あとはソフトバンクまとめて支払いでチャージし、請求とポイント付与を確認

あとは、チャージをまとめて支払いで行い、チャージ金額と携帯料金を合算させ、合算された請求金額を楽天カードで支払うことにより、実質的にチャージ金額に応じて楽天ポイントがもらえる、ということが実現できるようになります。

過去にチャージでPayPayポイント還元があったキャンペーン

過去にPayPayでは、セブン銀行 ATM で現金チャージが開始された時に総額5000万円相当のポイント山分けキャンペーンがありました。

ただし、このキャンペーンはATMでの現金チャージが始まった1ヶ月間で終了しており、今現在は再びこのキャンペーンが開催される予定はありません。

paypay
paypay

PayPay利用でPayPayポイント獲得ができる行動

では PayPay残高へのチャージ以外でPayPayポイントを獲得するにはどのような行動があるでしょうか。

PayPay残高から支払いをすること

まず一つ目は PayPay 残高から支払いをすることで0.5%のポイント還元を受けることができます。

これは全ての人に該当するポイント獲得策で、 PayPay残高から支払いを行った全ての人がこの0.5%の還元を受け取ることができます。

PayPayカードを作って支払いをすること

Paypayポイントを獲得したい場合は、PayPayカードを作って支払いをすることが最も効率的に貯める手段となります。

通常の PayPay カードであれば1%のポイント還元が、 PayPay カードゴールドの場合は最大1.5%の PayPay ポイントの還元が発生します。

ただしこの場合気をつけたいのが、

  • PayPay 残高へのチャージ
  • PayPay決済での使用

というPayPay関連の2つの行動では、ポイントが発生しないという点です。

 PayPay カードを使ってポイントが発生するケースとしては、通常のリアル店舗でのお買い物やユニクロゾゾタウンマクドナルドモバイルオーダーなどのネットサービスでの支払いで利用することとなります。

PayPayステップで条件をクリアする

PayPayステップの条件をクリアすることでもPayPayポイントを効率よく獲得する手段となります。

PayPayステップとは、1ヶ月の間に30回&10万円の買い物に利用した場合、翌月のポイント還元率が+0.5%になるというもので、通常のPayPayユーザーであれば、実質的に1%の還元率にアップされる、というもの。

また、2022年12月1日より、PayPayカードの利用もこの「30回・10万円」のカウントに加算されるようになりましたので、PayPay・PayPayカードの両方を利用しているユーザーはこの条件がクリアしやすくなったと言えます。

ただし、1ヶ月30回の決済は平日毎日1回利用しても到達しない回数ですので決してハードルの低い条件ではないでしょう。

PayPayのクーポンでポイントを獲得する

PayPayアプリ内にある「PayPayクーポン」を積極的に利用することもPayPayポイントを獲得する大きな手段となります。

PayPayクーポンはPayPayのアプリ内から確認することができ、

▼各店舗での利用で商品価格を割引するものよりも、PayPayのポイントを還元するものが多く提供されていることがわかります。

また、最新のアップデートでPayPayクーポンは購入前に予めセットしておくことでポイント還元が適用されるようになりました。(かつては、店舗レジ用のバーコード表示などで割引が提供されていた)この改修でクーポンが格段に使いやすくなったのは言うまでもありません。

地域・店舗ごとで開催されるキャンペーンを利用する

PayPayでは常にローテーションで各地域・店舗ごとでポイント還元のキャンペーンが開催されています。

ポイント還元キャンペーンが開催されている店舗はPayPayアプリ内の「使えるお店」一覧から確認することができますので、行く予定のある店舗がキャンペーンを行っているかどうか、地図上で確認することができます。

▽地図上でキャンペーン店舗を確認する方法は、以下の記事をご覧ください。

paypay

PayPay支払い後にポイントがつかない?原因と対処法とは

PayPayで支払いを行ったにも関わらず、ポイント付与が一向に行われない、という事態があります。これはどのような原因があるのでしょうか。

キャンペーンポイントは支払い翌日の30日後

PayPayのポイント付与は支払いが行われた翌日の30日後になります。

PayPayポイントがいつ発生して、いつ付与されるのかについては、

ウォレットタブの取引履歴のもっと見るPayPayポイント付与処理中をタップしてみると、このようにポイントの発生時刻・付与時刻を確認することができます。

ポイント利用設定が「支払いに使う」か「ポイント運用に自動追加」になっている

ポイントの利用設定が「支払いに使う」か「ポイント運用に自動追加」となっている場合、自分に付与されたタイミングですぐに消化している場合があります。(実際には消化ではなく、支払いに充当されたか運用に回され(投資)ている。)

この設定だと、付与が行われていても、ポイント確認画面では付与されて溜まったことが確認できませんので、ポイントが一件ついていないようにも見えます。

この場合は、ポイントの利用設定を「貯める」に変更しておきましょう。

また、PayPayのポイント利用設定は、

ウォレットタブの「ポイントを貯める」欄にある設定を変更するから確認可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、PayPayのチャージでポイントが付くかどうかについて詳しく解説しました。

実際は、チャージだけではPayPayポイントは付きませんが、ソフトバンク&楽天カードユーザーであればチャージで楽天ポイントが付きます。

日頃利用する機会に、ポイント獲得ができる手段があるかどうか見直してみてくださいね!



利用ユーザーの満足度No.1音楽サブスクが初回無料!
無料お試し
利用ユーザーの満足度No.1音楽サブスクが初回無料!
無料お試し