「Amazonプライムスチューデント」とは-アマプラ学割版の登録方法・条件・料金を徹底解説




この記事は、Amazonプライムスチューデントについて解説します。

Amazonプライムにも費用が半額になる学割プラン「Amazonプライムスチューデント」があります。

今回は、Amazonプライムスチューデントの登録・切り替え・解約方法から、高校生は利用できる?登録できない場合の対処法など解説します。

Amazonプライム スチューデントとは

「Amazonプライムスチューデント」はいわゆるAmazonプライム会員の「学割」版です。

会費はなんと半額となりますが、最長加入期間が4年半だったり、学生であることの証明が必要だったりします。

Amazonプライムスチューデントの料金

まず、料金面で通常のプライム会員と比べてみましょう。

プライムスチューデント Amazonプライム
無料期間 6ヶ月 30日
月額 250円(税込) 500円(税込)
年額 2,450円(税込) 4,900円(税込)

このように月額・年額ともに約半額になる点も注目ですが、なんといっても初回の無料期間がなんと6ヶ月付与される点も学割プランであるプライムスチューデントの大きな魅力です。

Amazonプライムスチューデントを利用できる条件

プライムスチューデントはざっくり「学割」とされていますが、半額となる分、それを利用できるユーザーも制限されています。

▼Amazonプライムスチューデントが利用できるユーザーの条件は以下の通り。

Amazonプライムスチューデントの加入条件

  1. 大学、大学院、短期大学、専門学校または高等専門学校の学生である。
  2. 高校生はPrime Student会員登録の対象外。
  3. 有効な学籍番号、もしくは学生用Eメールアドレス、学生であることを証明できる書類を持っていること
  4. 会費支払用のクレジットカード、au WALLETプリペイドカード、デビットカードを持っている、もしくは携帯決済が可能。
  5. Prime Student会員限定の特典やキャンペーンに関するEメールのお届けに同意できること。
  6. 未成年者の方は保護者の同意があること。

参照

この通り、重要なのは「学生であることを証明できること」と言えます。

通常のプライム会員との違い

では、通常の半額となるAmazonプライムスチューデントと通常のプライム会員との明確な違いは以下の通りです。

Amazonプライムスチューデント Amazonプライム
文房具・ノートの割引 あり なし
PCソフトの割引購入 あり なし
Amazon Music Unlimitedのプライム会員値引き なし あり
Amazonファミリー特典 なし あり
Prime Gaming なし あり
家族会員登録 なし あり
プライムペット なし あり

このように、学生の消費活動に対して、割引が適用されるなど学生に優しい設計となっている一方、Amazon Music Unlimited利用時の値引き(100円)が適用されなかったり、ファミリー向けの特典がなかったりします。

ゲームサービスの「Prime Gaming」も利用不可で、学生はゲームをせずに勉学に励めと表しているようです。

ちなみに

Amazon Music Unlimitedはそもそも「学生プラン」がそれ自体に用意されており、通常の半額で利用できますので、プライム会員の値引きは必要ない、ということになりますね。

Amazonプライムスチューデントに登録する方法

通常の登録方法

▼まずはこちらのリンクをクリック後、Amazonプライムスチューデントの説明ページが表示されますので、画面にあるPrime Studentに登録するをタップします。

▼次に所有している自分のAmazonアカウントの情報をパスワードとともに入力、サインインの承認を行います。

▼サインインの承認が完了したら画面が切り替わりますので、学生の認証方法卒業予定年月を設定し、

▼最後に支払い方法と請求先住所を確認し6か月の体験期間を試すからAmazonプライムスチューデントの利用を開始することができます。

Amazonプライム通常会員から切り替える方法

すでにAmazonプライム会員の方で学生認証が可能な方は、途中からでもAmazonプライムスチューデントに切り替えることができます。

こちらのページにアクセスして、今すぐ開始をタップ。

▼ログインが求められますので、アカウントアドレスとパスワードを入力してログイン。

▼プライム会員からの注意事項が表示されますので、確認し、学生認証方法・卒業予定年月・お支払い方法・請求先住所を入力して、

6か月の体験期間を試すをタップします。

このあと、学生認証が通れば、Amazonプライムスチューデントに切り替えることができます。

Amazonプライムスチューデントに登録できなかった時の対応方法

上記の手順でAmazonプライムスチューデントに登録資格があるのに登録できなかった場合、学生であることを証明する書類をメールで送付する必要があります。

主に、学生用Eメールアドレス、または学籍番号を持っていない場合です。

こちらの条件を満たしながらでも上記2点が所持していないという理由で申請できない場合は、「amazon-student-verification@amazon.co.jp」のアドレス宛に教育機関の名称が記載された以下の書類をスキャン、もしくはスマホカメラで撮影し、送付することで個別の審査を行ってくれます。

  • 学生証
  • 在学証明書
  • 受講証明書
  • 合格通知書(半年以内に入学の場合のみ)

参照

Amazonプライムスチューデントを解約する方法

Prime Studentの解約方法は、

▼まずは、アカウントサービスにアクセスし、

プライム会員情報の設定・変更→プライム会員情報の会員情報を更新し、プライムをキャンセルするをタップ。

▼次のページのプライム会員資格を終了し、特典の利用を止めるをタップ。

以降のページから会員資格の停止を選択し、画面を進めることで解約を行うことができます。

Amazonプライムスチューデントはいつからいつまで利用できる?

いつから・何歳から利用できる?

Amazonプライムスチューデントは年齢として何歳から利用できるのでしょうか?

▼Amazonプライムスチューデントの規約としては下記のようにありますので…

日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校または高等専門学校の学生であること。(高校生はPrime Student会員登録の対象外です)

通常は18歳以上、大学に飛び級入学をした場合は、17歳から利用できるケースも。

ちなみに

日本の大学における飛び級入学は特定の大学に対し、最低2年間の高校生活が必要になりますので、必然的に最年少でも17歳となるでしょう。

いつまで利用できる?

Amazonプライムスチューデントの利用可能期間は、最長で利用開始したときから4年半となっており、それから延長はできません。

そういった意味では、卒業後、専門学校や大学院への進学、留年が有った場合でも4年半の経過により会員資格がなくなってしまいます。

ただし、必ずしも「卒業」でAmazonプライムスチューデントの資格がなくなるわけではなく、4年制大学在学中の途中からAmazonプライムスチューデント利用を開始、その後、留年や大学院への進学が有った場合、申請を行えば期限である4年まで利用し続けることができます。

もし、それまでAmazonプライムスチューデントを利用しておらず、社会人になってから大学機関等に入学した場合、有効な学籍番号があれば利用できます。

Amazonプライムスチューデント利用時の注意点

卒業後は通常のAmazonプライム会員に自動移行する

卒業後、Amazonプライムスチューデントの契約が終了した場合、通常のアマゾンプライム契約に自動移行します。もし、Amazonプライムの契約を継続したくない、もしくは家族会員で目的の特典やメリットが得られるため不要、という方は直前で解約を行っておくと良いでしょう。

延長はできない

Amazonプライムスチューデントの期限は「4年半」と定められており、それを超過した場合、大学院や専門、留年などで4年半以上学生の状態になっても延長は不可能です。

家族会員と併用できない

Amazonプライムスチューデントに登録した場合、Amazonプライムの家族会員との併用はできない仕様となっています。

同居家族にAmazonプライム会員がいる場合は、出費を考えるとAmazonプライムの家族会員が無料で利用できますので、おトクになります。

もしAmazon Prime VideoやPrime Musicを利用したい場合は、月額/年額の費用を支払い、Amazonプライムスチューデントを利用すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Amazonプライムの「学割」版「Amazonプライムスチューデント」について詳しく解説しました。

一人暮らしの大学生でAmazonをよく利用する方は必須かも知れません。

Prime Video等の特典も考えてかなりおトクになりますので、積極的に利用してみましょう!