Amazonプライムのアカウントを共有する方法-家族共有のやり方と条件を徹底解説




この記事は、Amazonプライム会員の家族共有の方法について解説します。

Amazonプライムを利用する最大の金額的なメリットは「配送特典」になる方も多いハズ。この配送特典は同じ家族内であれば、「家族共有」という仕組みを利用して一人分のアカウントで最大2人まで利用可能になることをご存知でしょうか?

今回は、Amazonプライム会員の「家族会員」を登録し、共有・招待する方法、「家族会員」のできること/できないことなどについて解説します。

Amazonで開催中のおすすめキャンペーン!

  • Amazon Music Unlimitedの3ヶ月無料キャンペーン!(1/11まで)
  • Audibleの2ヶ月無料キャンペーン(12/26まで)

Amazonプライムは家族共有できる。ただし、配送特典のみ利用可

Amazonプライムの機能は家族に共有可能

Amazonのアカウントを家族でそれぞれ持っていた場合、誰か一人がAmazonプライムに入会すれば最大2人までプライム会員まで招待することができます。

つまり、家族でだれか一人Amazonプライムに入会すると最大で3人までプライム会員の機能を利用することができます。

ただし、プライムビデオやプライムミュージックは利用不可

ただし、共有・招待された家族会員が利用できるプライム会員機能は主に

  • 配送特典
  • 会員限定タイムセール
  • ネットスーパー/Amazonフレッシュ利用

のみとなり、Amazonプライムビデオや200万曲が聴き放題となる「プライムミュージック」は利用できない仕様となっています。

ちなみに

正式な共有機能ではプライムビデオ/ミュージックのサービス利用はできませんが、同一アカウントとして利用を共有する形であればプライムビデオ/ミュージックを家族が利用することは可能です。

家族の共有は「同居」が条件。ただし…

家族を家族会員に加えることができる条件としては「同居していること」となりますが、実際、共有/招待を送信する流れにおいて、同居しているかどうかのチェックは入っていない模様

このことから、家族以外のユーザーでも家族会員として利用することはできそうです。また、配送先の住所にしても基本的には複数の配送先をアカウント単位で持つことができますので、「家族会員の配送先が限定される」というリスクもなさそうですね。

Amazonプライムを家族共有・招待する方法

では、具体的にどのようにアカウント共有・招待を行うかの手順を解説します。

前提として、アプリやモバイルウェブサイトからは、家族会員の共有・招待を行うことができません。(なぜか共有用のフォームが表示されず)

PCブラウザからアクセスし、共有を行う必要があります。

Amazonプライムの家族共有で招待する方法

具体的にアカウント共有を行うには、
▼まず、Amazonのトップページを開きアカウント&リストからAmazonプライム会員情報をクリックします。

▼そうするとプライム会員の情報ページが表示されますので、画面下までスクロールし…

プライム特典を共有するをクリックすると名前Emailの入力欄が表示されますので、招待したいユーザーの情報を入力、登録案内を送るをクリック。

これで家族会員登録の案内を送付することができました。

ちなみに

ここで入力するメールアドレスは、招待したいユーザーがAmazonに登録していないアドレスでも問題ありません。ここでのアドレスは招待用リンクの通知用途のみで使用されます。

招待受け入れから登録までの手順

アドレス欄に入力したメールには、

▼Amazonからこのような登録案内が届きます。このメールに記載されているこちらのURLリンクをタップすると、

▼こちらの画面が表示されますので家族会員に無料で登録するをタップ。

これにて家族会員としての登録完了となります。

現在の家族会員を確認する方法

現在自分が登録した家族会員メンバーを確認するには、

▼PCブラウザにてAmazonアクセス後、アカウント&リストからAmazonプライム会員情報をクリックし、画面最下部を確認します。

このように現状の登録者(招待者)を確認することができます。

購入履歴や閲覧履歴は家族会員にバレる?

Amazonプライムの契約に自分の家族を招待・共有した場合、やはり一番気になるのは「自分の購入履歴・閲覧履歴はバレるのか?」という点。

特にやましいことがなくとも自分のAmazon内で見て回っているものが知られてしまうのはなんとなく気まずいですよね。

その点については心配なく、家族にAmazonプライム会員の共有を行ったとしても完全に別のアカウントに対して、プライム会員の権利(配送特典など)を付与することになりますので、閲覧履歴や購入履歴が家族に共有されることはありません。

家族会員を解除する方法

▼PCブラウザにてAmazonアクセス後、アカウント&リストからAmazonプライム会員情報をクリックし、画面最下部を確認、家族会員の名前の下に取り消すボタンがありますので、こちらをクリック

これにて家族会員から当該ユーザーを外すことができます。

Amazonプライムビデオの権限を家族共有する方法

Amazonプライムの「共有」に関する仕様では、プライムビデオやプライムミュージックの共有利用はできません。ただし、「本人アカウント」をそのまま共有する形を取れば、家族にかかわらずプライムビデオやミュージックの利用を他人が行うことは可能です。

その手順は、

  1. 利用したい端末にAmazonプライムビデオのアプリをインストール
  2. 既存のアカウントでサインイン
  3. ユーザー別のプロフィールを作成

という手順のみです。

③のプロフィールを作成する方法は、

▼Amazonプライムビデオアプリの👤マイアイテムプロフィールを切り替えをタップ。

新規追加をタップして、新規プロフィールの名前を入力して完了です。

このプロフィール作成は、必ず必要になるものではありませんが、閲覧履歴などの過去のアイテムを別々に管理することができますので、利便性の点から作成しておいたほうがよいでしょう。

プライムビデオアカウント共有時の注意点

プライムビデオのアカウントを共有した際の最大の注意点としては、サインインする際に共有した情報でショッピングのAmazonアプリにサインインしてしまうと、共有元アカウントのこれまでの購入履歴やおすすめ内容から閲覧履歴まで明らかになってしまう、という点。その他にもクレジットカードの情報など重大な情報の漏洩が考えられます。

こちらはアカウント情報をやり取りするユーザーとの口約束になりますが、Amazonへのログインを2段階認証などの仕組みを使って、させないようにしましょう。

Amazonで二段階認証を設定する方法

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Amazonプライム会員の機能を家族に共有する方法について解説しました。

筆者の実体験として、実は家族別々にプライム会員になってしまっていたことがありました。

この機能があることを知って、すぐさま家族会員として共有を行いました。

一人分のプライム会員費が浮くことになりますので、ぜひ実践してみてくださいませ!