Twitterの「アカウント削除」を行う方法-復活の方法・ユーザー名やメールアドレスの再利用・削除後の見え方など徹底解説!

おすすめ音楽聴き放題アプリ ▶こちら




今回は「Twitterアカウントを削除」する方法をご紹介致します。また、一度削除したアカウントの復活は可能なのかを検証しました。

Twitterのアカウント削除は具体的にどのようにして行うのか?また削除後、思いとどまって復活をしたい時の方法・完全に削除した後の他ユーザーからの見え方など削除に関連する事柄を詳しくご紹介致します。

Twitterで「アカウントを削除」する方法

まずはTwitterのアカウントを削除する方法です。

設定とプライバシーをタップします。

アカウントをタップします。▼一番下にあるアカウントを削除をタップします。▼注意事項が表示されますので、一番下にあるアカウント削除をタップします。▼パスワードの入力を求められるのでパスワードを入力します。▼入力後、アカウント削除をタップします。▼確認画面で「アカウントを削除しますか?」と出ますので、削除するをタップします。

これでアカウントの削除自体は完了です!この後、30日間ログインをしなければこのアカウントは完全に削除されます。

Twitterアプリの「アンインストール」で退会できるのか?

スマートフォンからアプリをアンインストールすると、まるでアカウントが消えたように思えますが、実はアプリのアンインストールではアカウントの退会をすることはできません。

▼アプリのアンインストールをしようとすると「データも削除されます」と出ますが、実際にはTwitter上にアカウントは残っています。

Twitterアカウントを【完全】削除する方法

ここまでの手順で行ったアカウントの「削除」は、実は一時的なもので、後述するように再度ログインすることで簡単に復活をさせることができます。

Twitterのアカウントを【完全】に削除させる方法は、上記のアカウント削除の手順を行い、30日間、一切のログインをしないこと、となります。

アカウント削除の手続きを行った後に、1度でもログインを行ってしまうと、「アカウントの復元」を行ったこととみなされ、アカウントが削除されたことになりません

そのため(跡形もなく)アカウントの削除を行うためには、30日間の一切のログインを行わない、ということが鉄則になります。

Twitterアカウントの削除後、復活は可能?

アカウントを削除したあと、「やっぱりアカウントを削除しなければよかった」と思った場合、アカウントを復活することは可能なのでしょうか。

30日以内の「再ログイン」でアカウントの復活が可能

アカウントの削除を行った後、思い直し、再度復活を行いたい場合は、30日以内であればそのアカウントに再度ログインすることでアカウントが復活します。

補足
削除を行ったアカウントで再ログインを行った場合、「アカウント復活」をするかどうかの確認画面が表示されます。
その画面上で復活の意思表示を行い、実際的なアカウント復活、となります。

アカウント復活の「きっかけ」となるアクション

再ログインを行うことによって削除手続きをしたアカウントが復活をしますが、そのログイン自体は

からログインが復活のきっかけとなります。

Twitterアカウントの削除後、同じメールアドレスは再利用可能?

アカウントを削除した後、同じメールアドレスを使用して別の新たなアカウントを作成することは、30日間は不可能です。

同じアドレスを使用したい場合には、30日間の経過を待ってから新たなアカウント作成を試みましょう。

Twitterアカウントの削除後、同じユーザー名は再利用可能?

Twitterアカウントを削除した後、フォロワー0人から新しいアカウントとして同じユーザー名で運用をスタートすることは可能なのか?という点ですが、削除後30日間は同じユーザー名を利用することが出来ません。

例えば、アカウントを削除後、別のメールアドレスで新規作成を開始し、削除したかつてのアカウント名(ユーザー名)を利用しようとしても30日以内であれば、かつてのメールアドレス・アカウントに紐付いており、その時点ではまだ利用できない状態となります。

削除直前に別アカウント名にすれば、直ぐに利用可能

上記の仕様として「削除アカウントのユーザー名は30日間使えない」という前提がありますが、ユーザー名は設定画面からいつでも変更できるため、「アカウント削除直前にユーザー名を変更して30日間を待たず、同じアカウント名で再始動する」という手段もあります。

Twitterアカウントの削除後、プロフィールはどのように表示される?

Twitterアカウントを削除すると、自分のプロフィールや投稿はどのような画面になるのでしょうか?

別アカウントからログインし、削除したてのアカウントのプロフィール画面を確認してみると、
▼このように、「ユーザー情報を読み込めません。」と表示されます。

このように、削除後は比較的すぐにそれまでオープンになっていた情報が非公開(削除)の状態となります。

しかし、インターネットの記事などで引用されたものGoogleやYahooなど検索エンジンが一時的にデータを保存しているものは、一定期間情報として残ります。また、それらのデータはTwitterの範疇外になりTwitter側にデータ削除を要望しても取り扱うことが出来ない点に注意が必要です。

エラーが出てアカウント削除出来ない時の対処法

アカウントを削除しようとしても、エラーが出て削除できない場合があります。その場合の対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。

パソコンからアクセスする

Twitterのアカウントをアプリから削除しようとしてもエラーが出てしまう場合には、パソコンでアクセスし、削除を試みてみましょう。アプリの不具合や通信エラーによる場合にはパソコンであれば問題なく削除が行えることがあります。

パスワードを忘れた場合、再設定する

アカウントの削除にはパスワードの入力が必要です。パスワードを忘れてしまっている場合にはアカウントの削除ができませんので、パスワードの再設定を行ってから再度試みましょう。

Twitterアカウントの削除した後、DMはどうなる?

アカウントを削除した場合、プロフィールや投稿は「ユーザー情報を読み込めません。」と表示されますが、DM(ダイレクトメール)はどのようになるのでしょうか。

▼相手の画面にこれまでのダイレクトメールの履歴は残っているものの、新たにメッセージを送信しようとすると、「送信されませんでした」と表示され、下部には「予期しないエラーが発生しました。」と表示され、送信することができません。

まとめ

今回はTwitterアカウントを削除する方法、また削除後の復活や他ユーザーからの見え方について詳細をご紹介いたしました。

  • Twitterのアカウント削除は設定から簡単に可能
  • 削除から30日間はアカウントの復活が可能。
  • 削除後、他ユーザーからそれまでのツイートやプロフィールは見えなくなる
  • DMは会話データは残るものの、新規メッセージは送信できなくなる。

アカウントを削除する際の手順や、間違えて削除してしまった場合の復活方法を知っていれば、いざというときに慌てることはありません。ぜひ覚えておいてくださいね。