Twitterを「見るだけ」で利用する方法-見るだけができなくなった?見たことはバレる?を徹底解説!




今回は、Twitterで「見るだけ」を行う方法をご紹介します。

様々な芸能人・企業・団体が参加する「Twitter」ですが、基本的にはアカウントを作成しないと中の情報を得ることができない、と思われがちです。実は、アカウントを作らなくてもTwitter内をほぼ自由に閲覧することができます。

今回は、Twitterにて簡単に「見るだけ」ユーザーとなる方法、注意点をご紹介します。

Twitterの「見るだけ」とは?

Twitterでアカウントを作らず・ログインせずツイートを閲覧することを「見るだけ」と呼びます。

現時点で、Twitterで「見るだけ」を行うことは、可能です。

その「Twitterの見るだけ」ユーザーですが、当然Twitterのすべての機能を利用できるわけではありません。

以下に「見るだけ」ユーザーの出来ること/出来ないことを簡単にまとめます。

Twitter見るだけユーザーが出来ること

▽見るだけユーザーがTwitterにアクセスして出来ること一覧です。

  • 他ユーザーのプロフィールページの閲覧
  • 他ユーザーのフォロー/フォロワー一覧を見ること
  • 他ユーザーのメディアやいいね一覧の閲覧

Twitter見るだけユーザーが出来ないこと

▽Twitterの見るだけユーザーがTwitter上で出来ないこと一覧です。

  • リプライ
  • リツイート
  • いいね
  • ダイレクトメッセージ

アカウント無しでTwitterの「見るだけ」を行う方法

Twitterをアカウントを作らず・ログインせず見るだけの方法はいくつかあります。

以下より、その具体的な方法を解説します。

ブラウザでTwitterウェブサイトにアクセスし見るだけを行う方法

最も簡単にTwitterで「見るだけ」を実現する方法は、ブラウザアプリ(SafariやChromeなど)でTwitterにログインせずにアクセスする方法です。

▼こちらのURLを長押しでタップしてみてください。

https://mobile.twitter.com/search

▼そうすると、このように全画面ではなく一部画面のみ表示でブラウザ表示を実現できます。

▼この時に画面下に表示されている開く、もしくは新規タブで開くをタップすると、

▼このようにブラウザ画面で開くことができます。

この時に画面下にアプリで開くようにおすすめされますが今はしないをタップすることで、アカウントなしのままウェブブラウザでツイッター内部をブラウジングすることができます。

ただし、上述の通り、この閲覧方法では出来ること/出来ないことがありますので注意が必要です。

「見るだけ」状態でTwitter検索・プロフィールを見る方法

Twitterの見るだけでも通常通り検索を行うことで、Twitterにログインせずとも・アカウントがなくてもTwitter内部を閲覧することができます。

▼ログインなしでも話題のツイート最新アカウントなどのタブごとで情報を確認することができます。

▼ツイート内部に埋め込まれている動画も問題なく閲覧することができます。

このことから結論としては、「ウェブ(ブラウザ)でログインせずにアクセスすれば、完全に「見るだけ」を実現できる」ということが言えます。

▼また、ユーザー名部分をタップすることで、そのユーザーのプロフィールページもアプリと同様に閲覧することができます。

URLにユーザーIDを入力しユーザーのプロフィールに「見るだけ」アクセスする方法

ブラウザでのアクセスは検索を経由して行うだけでなく、URLにユーザーID(ユーザー名)を入力することで直接、特定のユーザーページにログイン無しでアクセスすることができます。

「ユーザーID」とは?

TwitterのユーザーID(ユーザー名)とは、自分自身の名前となるアルファベットの文字列で、Twitter内では「@◯◯」と表記されます。

Twitterの「ユーザー名」とは?変更方法と注意点・デメリット・変更できない時の対処法を解説

▼ブラウザのURL部分で、「https://mobile.twitter.com/【ユーザーID】」を入力してアクセスすると

▼検索を経由することなく、目当てのユーザーのページにアクセスすることができます。

このページは通常のウェブページになりますので、Safari・Chromeの機能である「ブックマーク」を使用していつでもアクセスできるようにすることも可能です。

ただしこの方法は、事前にアクセスしたいユーザーのユーザーIDを知っておく必要がありますので、前提としては、すでにTwitterのアカウントがあり、アクセスしたいユーザーのIDが分かっている状態である必要があります。

Yahoo!リアルタイム検索を利用して「見るだけ」を実現する方法

ブラウザアプリ以外のツール(アプリ)を使用しても、ログインなし・「見るだけ」の閲覧を行うことができます。

▼その方法は、「Yahoo!リアルタイム検索」アプリを使用してTwitterを利用することです。

Yahoo!リアルタイム検索 for Twitter検索

Yahoo!リアルタイム検索 for Twitter検索
開発元 : Yahoo Japan Corp.

▼アプリを起動すると、今現在Twitterで話題になっているキーワードがランキング形式で表示されます。

▼このアプリ画面上部で表示されている検索窓からテキストによる検索を行うことによって、TwitterにアクセスせずともTwitter内部の検索を行うことができます。

Twitterアカウントを作成して「見るだけ」を実現する方法

基本的には、「ノーアカウント、ノーログイン」で行う「見るだけ」ですが、アカウントを作成してできるだけバレずに見るだけを行う方法もあります。

非公開リストの機能を活用してフォローせずに「見るだけ」を行う

Twitterにて「リスト」という機能があります。リストとは、Twitter内のユーザーブックマークのようなもので、「リスト」を作成し、その中でユーザーをまとめておくことができます。

▼Twitterのリストについては、この記事にて詳しく解説しています。

その「リスト」機能を使って、逐次チェックしたいアカウントをまとめておくことでフォローせずとも特定ユーザーの更新を常時チェックすることができます。

また、リスト自体を自分しか見ることのできない「非公開」のものにしておくことで、「特定のアカウントをチェックしていることを誰にも知られない」状態で管理することができます。

▼リストを作成するには、メニュー画面からリストを選択、次の画面で水色のアイコンをタップします。

▼次にリスト作成画面に移動しますので、非公開のスイッチをオンにしておくことで非公開のリストを作成することができます。

ユーザーIDを検索して閲覧する

見たいアカウントが公開状態になっている場合は、検索を利用してタイムラインを閲覧することでフォローせずとも更新内容を確認することができます。

▼検索で閲覧したいユーザーに関する名前を入力すると、そこから検索候補が表示されるほか、

▼アルファベットのユーザーIDを入力することでも直接的にユーザーページにアクセス可能・タイムラインを閲覧することができます。

Twitterの見るだけがバレる可能性はある?

基本的にログインせずリアクションしなければバレる心配なし

Twitterで自分が特定ユーザーの内容をいつもチェックしているかどうかは、ツイートなどにいいねやRTなどのリアクションをしない限り、バレることはないでしょう。

ただし、逆にいえば、誤っていいねボタンなどを押したタイミングで相手に通知が飛んでいる可能性がありますので、その時はツイートをチェックしていた事実が発覚してしまうケースがあります。

リストが「公開」状態になっている場合要注意

こちらで解説した「アカウントを作成して見るだけを行うパターン」で非公開リストを作成し、見るだけを行うケースを解説しましたが、もし、そのリストが誤って「公開」の状態になっていた場合、自分が随時誰をチェックしていたかがバレてしまう可能性があります。

▼自分以外のユーザーが作成・公開中のリストを閲覧する方法は、プロフィールページのをタップし、リストを表示をタップ。

▼その後、リスト一覧が表示され、リスト名をタップすると、そのリストに格納されているTwitterアカウントを見ることが出来てしまいます。

ここで「見るだけを行っていたことがバレる」可能性が発生しますので、見るだけ用のリストは極力「非公開」にしておくことをおすすめします。

Twitterで「見るだけ」を行う時の注意点

Twitterで「見るだけ」を行う際に、いくつかの注意点が存在します。

アカウントなしの場合:アンケート回答はできない

アカウントなしでブラウザからウェブ版のTwitterを閲覧している場合、ユーザーがツイートにてアップロードしている「アンケート」には回答することができません。

▼また、ログインしていない「見るだけ」の状態でアンケートの回答ボタンを押そうとしても、

▼回答ボタンをタップすると、このようにログイン画面に飛ばされ「見るだけ」状態の場合、カウントされる回答を行うことができません。

アカウントが有っても「鍵垢」は承認されないと見ることができない

アカウントがあっても、そもそも「見れない」アカウントが存在します。

▼それはこのような鍵付きのアカウント(通称:鍵垢)はアカウントがあるだけでは、閲覧することができません。

鍵付きアカウントが更新する内容を閲覧したいときは、まず画面右上のフォローするをタップし、フォロー申請を行う必要があります。その申請を当事者である鍵垢ユーザーが「承認」をした場合のみ、そのアカウントのタイムラインを閲覧することができます。

もし、どうしても鍵付きアカウントのタイムラインを閲覧したい場合は、既存or新規でアカウントを用意し、フォロー申請する他、手段はありません。

Twitterの「見るだけ」に関するよくある質問

Twitterの「見るだけ」はできなくなった?今でもできる?

Twitterの見るだけ利用は今でも可能です。ただし、検索やタイムラインで閲覧することのできる情報に限りがある場合があります。例えば、タイムラインの途中で「◯◯のツイートをもっと見る」と表示され、ログインを促される(ログインしないと続きが見れなくなる)というケースがあります。

「見るだけ」を行っていて相手にバレる可能性はある?

基本的に「見るだけ」利用をしていて相手にそれがバレることはないでしょう。ただし、ログインしている状態でツイートにいいねなどのリアクションをしてしまったり、相手のアカウントを登録している「リスト」が公開状態になってしまったりしていた場合は、相手方にバレる可能性が上がります。詳しくはこちら

一番カンタンに「見るだけ」ができるおすすめの方法は?

最も簡単に「見るだけ」を実現する手段は、Twitterのアプリを使わず、ブラウザでTwitterウェブサイトにアクセスすることです。その際、アカウントにログインせずに検索などを駆使して目的の情報を探すことも出来ます。

Yahoo!リアルタイム検索アプリは「見るだけ」になる?

Yahoo!リアルタイム検索アプリは「見るだけ」利用を実現できます。ログインせずともTwitter内の様々な情報・トレンドを確認することが出来ます。

Twitter以外のウェブサイトでツイートの埋込の閲覧やURLを直接アクセスすることは「見るだけ」になる?

ツイートの埋め込みやURLからの直接アクセスした場合、ブラウザならログインしていない状態であれば、「見るだけ」利用となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Twitterにおける「見るだけ」を行う方法や注意点をご紹介しました。

Twitterには興味を持ちつつもアカウントを作成するまでではない、という方は、今回ご紹介した手法をお試しくださいませ!



利用ユーザーの満足度No.1音楽サブスクが初回無料!
無料お試し
無料プランでも好きな音楽が聴ける唯一のアプリ
無料ダウンロード