Instagramで『ログアウト』する方法-アプリ・ウェブ版のやり方、出来ない場合の対処法など徹底解説!

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




今回はInstagramの「ログアウト」時に注意することをご紹介します。

Instagramのアカウント運用を共同で行っている場合、もしくはアカウント運用を行う端末自体を共用している場合などは必然的に細かなログアウト作業が必要になります。

今回は、Instagramのログアウト方法(アプリ/ウェブ)ログアウトできない場合の対処法・複数アカウント運用時のログアウト方法、また、ウェブで閲覧した後に完全にデータを消去する方法をご紹介いたします。

Instagramのアカウントからログアウトする方法

まずは、現在ログインしているInstagramからログアウトする方法をご説明します。

アプリ版Instagramにてログアウトする方法

▼ホーム画面で右下のアイコンをタップし、自分のプロフィール画面に移動します。

▼右上のをタップします。設定をタップします。○○(アカウント名)をログアウトをタップします。 ▼本当にログアウトするかどうか確認されますのでログアウトをタップし、ログアウトは完了です!

これでひとまずアプリにログインしている状態からログアウトすることができました。

InstagramのWeb(ブラウザ)版からログアウトする方法

InstagramはTwitterなどと同じようにSafariなどのウェブブラウザからでも閲覧・投稿などを行うことができます。

Instagramのウェブ版でログアウトをする方法は、

▼ブラウザでInstagramにログインした後、プロフィール画面に表示されている歯車アイコンをタップします。

▼次に「オプション」の画面が表示されますので、画面一番下に表示されているログアウトをタップします。

▼ポップアップウィンドウで「ログアウトしますか?」の表示がなされたら再度ログアウトをタップすると、

▼このようにInstagramのアカウントからログアウトをすることができます。

ただし、ログアウトは問題なく行えたとはいえ、Instagram側・ブラウザ側にそれまでログインしていたアカウントの情報が保持されるため、上記の画面のようにアカウント名が表示されたままになります。

この機能はブラウザ版における「ログイン情報の保存」機能で、再度ログインする前提である場合には、ID・パスワードの入力を省略できるため便利な機能ですが、共用している端末などでは、他の人が容易に自分のアカウントにログインすることができるため、完全にログイン情報を削除するにはまた別の作業が必要になります。(後述

Instagramでマルチアカウントでログインしている場合のログアウト方法

今現在、マルチアカウントでログインしているかどうかの確認する方法は、

▼プロフィール画面のをタップ。

▼その後、設定ログイン情報と選択するとこちらの「マルチアカウントログイン」という画面が表示できます。

こちらの画面で、複数のアカウントが表示、✓マークが表示されていれば、マルチアカウントでログインしている、ということになります。

マルチアカウントとは?
マルチアカウントとは、複数アカウントでInstagramにログイン、なおかつ「特定の1つのアカウントにログインするだけで、紐付けたそれ以外のサブアカウントにも同時ログインができる」という機能です。
企業で複数のアカウントを運用する際に、1つのアカウントへのログインで複数のアカウントへのログインが可能になり、複数のアカウントを管理する管理者的立ち位置の担当者はこの機能を使うことでアカウントを個別にログインする必要がなくなります。

全てのアカウントでログアウトする方法

マルチアカウントでログインしている状態にて、一度に全てのアカウントからログアウトする方法は、

▼このようにマルチアカウントでログインしている状態にて、

▼通常通りログアウトをタップして、ログアウトを行うことで、

▼このようにまとめて全てのアカウントから一気にログアウトを行うことができます。

この作業にて、全てのアカウントからログアウトすることができ、再度ログインするには認証コードの入力が必要になります。

一部のアカウントのみログアウトする方法

それに対して、一部のアカウントのみログアウトする方法は、

▼先程の「マルチアカウントログイン」画面にて✓をタップし、削除をタップしてアカウントとしての連携を削除します。

▼同じように連携しているアカウントのチェックマークを全て外すことができれば、

▼再度ログアウトをタップした時に、その時ログインしているアカウントのみのログアウトを実現することが出来ます。

▼最終的にこちらのポップアップにてログアウトをタップすれば、メインとなっているアカウントからのログアウトを行うことが出来ます。

この状態でログアウトしていて、且つそれ以外のアカウントでもログインしていた場合は、その中から別のアカウントに切り替わります。

Instagramでログアウト出来ない時の対処法

ログアウトをしたにも関わらず、ログイン画面で自分のアカウントがIDやパスワードを入力しなくてもすぐにログインできる状態になってしまっていることがあります。

▼アプリ内にログイン情報が残っている場合、ログアウトを行っても、このようにアカウント情報が残ります。

これは、「ログイン状態を記録」してしまっているからです。他人のスマートフォンなどを借りてログインした場合にはとても危険です。そのため、このような画面になる場合には「ログイン情報の削除」を行いましょう。

▼右上のをタップします。

設定をタップします。セキュリティをタップします。ログイン情報を保存をタップします。▼ログイン情報を保存が下記のようにONになっている場合にはタップしてOFFにしましょう。

▼確認されますので、削除をタップします。これで端末から情報が削除され、ログインするにはIDやメールアドレス、パスワードを都度入力しなければならなくなります。

Web(ブラウザ)閲覧した後に完全にログアウトする方法

SafariなどのWebブラウザでログインした後に、ログイン情報を完全に消去しログアウトする方法は、

  1. ログアウト後、(iPhoneの場合)端末のキーチェーンのInstagramに関する情報の削除
  2. Safariの閲覧履歴データの削除

の2点が必要になります。

キーチェーンとは?
iPhone内の「キーチェーン」とは、ID・パスワードの入力が必要なサービスに簡単にログインするため端末内にID・パスワードをまとめて保存している場所。設定アプリからその一覧を確認することができます。

まず、キーチェーン内のInstagramに関するログイン情報を削除するには、

▼設定アプリを開きパスワードとアカウントをタップ。

▼次にWebサイトとAppのパスワードをタップ。

▼Instagramの「i」の部分を確認してみると、このようにInstagramでログインしているアカウントが表示されます。

▼ここでログイン情報を削除したいアカウントを右から左へスワイプすると、削除ボタンが表示されますので、

この削除ボタンをタップすると、端末に保存されているログイン情報を削除することが出来ます。

ここからさらに履歴データの削除も必要になるわけですが、なぜ履歴データの削除が必要になるかと言うと、たとえ、ログインデータを削除したとしても、

▼履歴データを削除しない場合、再度Instagramのログイン画面にアクセスするとこのように先程までログインしていたアカウント名が表示されてしまいます。

もし、ログインしていた端末が複数人で共用の場合、過去にログインしていたアカウントの名前も表示させたくないはず。こちらのログイン画面で前アカウントの情報をも表示させないようにするのに、履歴データの削除が必要になります。

Safariの履歴データを削除するには、

▼設定アプリを開きSafariの項目を選択します。

▼画面を下方向にスクロールしていくと履歴とWebサイトデータを削除という項目がありますので、こちらをタップします。

▼その後、こちらの注意書きが表示されますので、履歴とデータを消去を選択すると、

Instagramでログインしたいたアカウント名も削除を行うことができ、再度Instagramのログイン画面にアクセスしてみると、

▼このように先程までログインしていたアカウント名も表示されていないことが確認できますね。

注意
上記の履歴とWebサイトデータを削除の機能ですが、こちらを行うとInstagramのログインデータのみならず、その他、ログインが必要なサービスのログイン情報やCookieデータ、閲覧履歴も削除されますので、例えば、Web版のTwitterを利用していた時は、Twitterの再ログイン時にIDとパスワードの入力を要求されます。

Instagramのパソコン版でログアウトする方法

パソコンのInstagramでログアウトする方法をみてみましょう。

▼ホーム画面の右上にある自分のアイコンをタップし、プロフィール画面に移動します。

▼プロフィール画面のプロフィールを編集の横にある歯車アイコンをタップします。

▼ログアウトをタップします。▼ログアウトされました!

Instagramアカウントからログアウトを行うとどうなる?

ログアウトをしても、これまでの自分の投稿が消えることはありません。アカウントの情報は保存されています。(稀に、下書き保存されている投稿は消えることもあるようです)

再度ログインすれば、またログアウト前と同じように使うことができます。

ログアウトとアカウント削除は違う

逆に言えば、ログアウトしても情報は残っているということになります。

自分の投稿やアカウントの情報全てを削除したい場合には、ログアウトではなく「アカウント削除」を行いましょう。

▼アカウント削除・退会・解約作業についての詳細はこちらの記事をご確認ください!

インスタグラムでアカウント削除を行う方法-削除ページやできない場合の対処法・復活方法を解説

2020年10月9日

フォロワーからの見え方は変わる?

自分がログアウトをしても、フォロワーからの見え方は変わりません。

ログアウト後、再度ログイン(再ログイン)する方法

ログアウト後、再度Instagramにログインするには、

  • Instagramアプリを起動する。
  • InstagramのWebサイトにアクセスする。
  • 別アカウントでログイン時にアカウント追加を行う。

のいずれかにてログアウトしたアカウントに戻ることが出来ます。

まとめ

今回はInstagramの「ログアウト」時に注意することをご紹介しました。

「ログアウト」と「アカウント削除」は異なること、ログアウト時に端末に情報を残したくない場合はその方法を知っておけば安心ですね。