動画SNS『TikTok』の動画フィルターを完全マスター!各シチュエーションにおけるオススメも紹介!




個性的な動画がたくさんある人気SNSの「TikTok」。それを観た人の中には「クールなフィルターが付いたあの動画、どんな加工アプリを使ったんだろ?」って思う方もいるはず。

もしかしたらそれ、「TikTokが搭載するフィルターを使っている」かもしれませんよ?

そこで今回は、インスタならぬ「TikTok映え」が狙える、アプリのフィルター機能をご紹介したいと思います!

TikTokダウンロードはこちら

TikTok ティックトック
TikTok ティックトック
開発元 : BYTEMOD PTE. LTD.

どんなフィルターが利用できるの?

TikTokでは、動画撮影の際に下記3種類のフィルターを使用することができます。

  • ポートレート
  • ライフ(前バージョンは”ランドスケープ”)
  • アーティスト

この3つより、シーンに応じて使い分けることが可能です。

フィルターの使い分けについて

ポートレート

ポートレートは、主に自撮りといった「人物」を対象とする撮影向けのフィルターであり、”ライフ”よりもホワイトバランスが抑えられていることから、きつめな色合いになる心配がありません。

ライフ

ライフは、食べ物や建築物といった「風景」の撮影に向いたフィルターです。ちょっと暗めな風景動画でも、色合いを強調したり、明るめにすることができます。

アーティスト

アーティストは、これまでのフィルターと違って、アーティスティック(アート的)に動画を加工することができます。映画のワンシーンみたいなモノクロや、レトロ調なカラーなどがあります。

実際にフィルターを適用してみよう

それでは実際に動画にフィルタをかけてみましょう。

▼初めに「ホーム」画面の下部にあるボタンをタップしてください。

▼動画の作成画面に移動したら、右側にある美肌アイコンをタップ。

フィルター一覧が表示されるので、

▼お好きなものを選んでください(ここではライフB10を選択)

▼動画にフィルタがかかっていればOKです。

なお上記方法以外にも、

▼作成画面にて、画面を左右に横スワイプすることで、

▼フィルターを瞬時に切り替えることも可能です☆

人気・おすすめフィルター

ここでは、ドハックがオススメするフィルターをご紹介したいと思います。

人物メイン

S5 – ポートレート

本フィルターは色合いを強調し鮮やかにしてくれるので、色彩が豊かな動画にしてくれます☆

S12 – ポートレート

こちらのフィルターは色合いの変化を抑えつつ肌色を強調することから、容姿を全体的に明るくしてくれます。

食べ物メイン

G4 – ライフ

全体的に淡く強調してくれます。カラフルな料理ほど綺麗に映えます!

G6 – ライフ

料理の色合いを濃いめにしてくれるので、美味しそうなイメージを鮮明に伝えられます☆

風景メイン

B4 – ライフ

全体的な柔らかな色合いになり、まるで映画のワンシーンに出てくるような雰囲気が出せます♪

B6 – ライフ

風景の色合いを強調してくれます。色彩が薄目な撮影対象でも、上の画像のように鮮やかに!

アーティスティックにしたいとき

V3 – アーティスト

モノクロな世界を演出してくれます。白黒特有のシンプルさと渋さを動画に加えられます!

おまけ:画面の半分だけフィルターを変える方法

TikTok上で動画を閲覧しているとき、このような「2つのフィルターがかかった」ものを見かけたりしませんか?

実はこれ、下記の操作を行えば簡単にできちゃうんです!

▼まずは作成画面にて、

▼フィルターを切り替えるかのように、画面の真ん中までスワイプ

▼そのまま真ん中にいる状態で、下部の赤い(録画)ボタンを押せば、

▼フィルターが半分変化した状態で撮影することが可能です☆

スタンプ機能も使って印象アップ!

TikTokにはフィルター機能のほかにも、動画に様々なエフェクトを追加できる「スタンプ」機能があります。編集した動画に対し、さらに面白いエフェクトを加えれば、動画がますます映えること間違いなし♪

スタンプ機能の詳細や使い方については、こちらのドハック記事をご参照くださいませ!

動画SNSアプリ「TikTok」のおすすめスタンプを徹底紹介-堕天使やARスタンプなど

2019.05.09

まとめ

いかがだったでしょうか?

TikTokではフィルター機能が充実していて、一つ一つのシーンに適したフィルターが選べるようになっています。

フィルターを使いこなせるようになった暁には、動画撮影がいっそう楽しくなり、よりユニークな動画が作れること間違いなしです!