【2020年最新版】インスタグラムで足跡を見る方法-足跡を残さないための注意点も解説

無料で始める音楽聴き放題アプリ ▶こちら




本記事は、Instagram(インスタグラム)の「足跡」機能について解説します。

皆様はInstagramを利用していて「どの人が自分のプロフィールページを閲覧したか?」は気になりますでしょうか?また自分が投稿した写真や動画・ストーリーやライブ配信など、一体だれがどのタイミングで閲覧したのか?は、熱を持って投稿すればするほど気になるところかと思います。

今回はInstagramでの足跡機能を投稿やストーリーズなど機能別に解説します。また、外部アプリでプロフィールページの足跡を計測できるか?について徹底解説していきます!

そもそもInstagramに足跡の機能はあるのか?

結論から言うと、Instagramに足跡機能はあります。

ただし、「どのユーザーがいつ閲覧したか」という本来的な意味合いの「足跡」が確認できるページは一部に限られています。

特に、最近「プロフィールを閲覧したユーザーが確認できる」という触れ込みで広告出稿している外部アプリがいくつかありますが、Instagramが外部アプリに対してプロフィール閲覧ユーザーの情報を提供する機能は存在しませんので、それらの広告内容はれっきとした「虚偽」となるため、注意しましょう。

Instagram内で『足跡機能』があるページとその見方

では、Instagram の「どのページ」に足跡機能があるのか見ていきましょう。

足跡機能があるページ一覧

以下が、Instagram内のページの中で閲覧を行ったユーザーが誰であるかを教えてくれる箇所です。

  1. ストーリーズ
  2. ライブ動画
  3. DM(既読・スクショ)
  4. コメント・いいね
  5. タグ付け
  6. フォロー

上記のうち「ストーリーズ」「ライブ動画」については、具体的なユーザー名を閲覧者として確認することができます。

その他のページ・機能については、自分が具体的なアクション(いいねやコメント)などをすることによってそれが通知として相手ユーザーに伝わり、実際的に「足跡」となります。

では以下より、具体的にどのような形で足跡が残るのか・閲覧者を確認できるのか、ご紹介します。

Instagramのストーリーで足跡を確認する方法

自分が投稿したストーリーの足跡(閲覧者)を確認する方法は、

▼Instagramで「ストーリー」を投稿後、ホーム画面で自分のストーリーをタップします。

▼「ストーリー」が流れている間に左下に表示される●人が既読をタップします。

▼すると、自分の「ストーリー」を閲覧した人の足跡としてユーザーが順番に表示されます。

▼Instagram『ストーリーズ』の基本的な使い方はこちらを御覧くださいませ。

今さら聞けない…!Instagramのストーリーとは。基本的な使い方と作り方

2017年3月22日

このようにストーリーズの投稿者はそのストーリーズの閲覧者をアカウント名で確認することができ、逆に閲覧する側はストーリーズを一度でも開くと自分が閲覧したことが相手に伝わってしまいます。

もし「こっそり覗きたい・自分が閲覧したとバレたくない」という場合は、別アカウントに切り替える必要があります。

Instagramのライブ配信の足跡(閲覧者)を確認する方法

ライブ配信時に閲覧者を確認する方法は、

▼ライブ配信をしていて閲覧者が現れると、このように画面下に「視聴し始めました」という形で、

アイコンとアカウント名が表示されますので、こちらからそのライブ配信を閲覧したユーザーを確認することができます。

また、ライブ配信終了後には、

▼このように視聴者数とアイコンが表示されますので、こちらからも実質的に「足跡」を確認できるようになっています。

ダイレクトメッセージ(DM)で足跡を確認する方法

ダイレクトメッセージ(DM)では「既読」という形で足跡が残ります。

▼このように自分が送信したメッセージを相手が閲覧した場合、「既読」表示がつきますので、こちらもある種「足跡」となります。

▼またダイレクトメッセージの写真やメッセージに対しても「いいね」を行うことができますが、いいね行うこと自体もこのようにアイコンが表示され、形跡(足跡)が残る形となります。

1回きり表示の画像送信をスクショしたときも足跡が残る

Instagramのダイレクトメッセージでは、一度しか表示できない画像の送信を行うことができます。

その画像を受け取った側は、消えてしまう前にその画像を残そうと、
▼このようにスクリーンショットで画面撮影を行うと、

▼相手側にはこのように「スクリーンショットが撮影されました」と通知がなされ、足跡が残る形になります。

スクリーンショットを撮影した側には、この通知が相手方に表示されていることは気づくことはできませんので、注意が必要です。

コメント・いいねで足跡を確認する方法

投稿に対して、「いいね」やコメントを残すことでも「誰が行ったのか」が投稿者側に通知で伝わります。

▼このように投稿に対して「いいね」を行うと自分がいいねをしたことがアカウント名で表示され、且つ、通知でも投稿者に伝わります。

▼投稿に対するコメントもこのようにアカウント名付きでコメントが表示されますので、ここでもバッチリ足跡が残ります。

タグ付けで足跡を確認する方法

Instagramにおけるタグ付けは2種類あり、

▼このように相手が写っているものとして写真上にタグを付けることができることと、

▼投稿のキャプション欄に特定ユーザーのアカウント名を「@~」で記載することによってタグ付けが行われ、

▼そのまま投稿すると、このようにタグ付けされたことが相手方に通知され、こちらも実質的に「足跡」となります。

▼タグ付けはタブから確認できる「アクティビティ」画面にて、このようにログとして残る形になります。

フォローで足跡を確認する方法

相手方をフォローするときにも自分のアカウント名が表示され、実際的な「足跡」となります。

▼自分がフォローされると、このようにアクティビティ画面にてそのアカウント名が表示されます。

Instagramで『足跡機能』が無いページ・機能

では、Instagramで「足跡が残らないページ・機能」はどこでしょうか。以下よりご紹介します。

Instagramで足跡が残らないページ・機能一覧

上記とは反対に「足跡機能」が存在しないページは以下の通りです。

  1. プロフィールページ
  2. 投稿ページ
  3. ユーザー検索
  4. 投稿・ストーリーズのシェア
  5. IGTV

以下より、順に詳細を解説いたします。

プロフィールページは足跡が残らず来訪者は分からない

最も来訪者が誰かを知りたい「プロフィールページ」は足跡確認することができません。

ただし、Instagramのアカウントを「プロアカウント」に切り替えた後利用できる「インサイト」の機能にて

  1. プロフィールを閲覧した人の数
  2. 投稿を閲覧した人の数/

を確認することはできますが、「誰が見たか」を確認することはできません。

▼Instagramの「インサイト」に関する詳細はこちらの記事を御覧くださいませ!

【インスタグラム】インサイトの基本的な使い方-リーチ、インプレッションを理解してアクセスアップをする方法

2020年7月6日

投稿ページの閲覧では足跡は残らない

▼自身が投稿した各コンテンツの「投稿ページ」も閲覧しただけでは「誰が見たか」を確認することはできません。

投稿ページを『誰が閲覧したか』は、いいねやコメントが行われて初めて明らかになります。

ちなみに
こちらも「インサイト」のツールを使うことで投稿の閲覧数(合計)を確認することは出来ます。ただし、プロアカウントに切り替える必要があります。

ユーザー検索を行うことでは足跡は残らない

Instagramの検索画面では、アカウント名をフックにした「ユーザー検索」を行うことができますが、たとえ、ピンポイントで名指しのユーザー検索を行ったとしても検索された側は自分のアカウント名が検索されたかどうかはわかりません。

▼Instagramの検索テクニック詳細についてはこちらを御覧ください。

インスタグラムで友達を検索する方法ーバレる可能性・検索できない時の対処法を徹底解説!

2020年9月7日

各ユーザーの検索情報が公になることはありませんが、注意点として検索履歴が端末・アプリの中に残ります。

▼Instagramの検索履歴は削除することができますので、以下の記事をご参照いただき、希望がある場合は適宜削除を行いましょう。

Instagram(インスタグラム)で検索の履歴をささっと削除!その方法

2017年4月15日

IGTVの閲覧では足跡は残らない

Instagramの長尺動画コンテンツ場所である「IGTV」も閲覧しただけでは、足跡は残りません。

▼ただし、閲覧中に表示される「いいね」やコメントを行うことで、実質的に閲覧したことが確定しますので、そこで初めて「足跡」となります。

▼閲覧だけではユーザー特定はできませんが、こちらも「インサイト」の機能が加えられており、再生数などの数値を確認することができます。

Instagramの足跡検知機能があるアプリはあるのか?

結論:インスタの足跡確認アプリはこの世に存在しない

Instagram社(Facebook社)以外がリリースしているアプリで「足跡」が分かる機能を持つアプリがあるかどうかというと、実は存在しません。

アプリストアでは多数のInstagram関連アプリが配信されています。

▼App Storeでも「Instagram 足跡」で検索すると、多数のInstagram分析・管理系アプリがヒットしますが

ただし、これらアプリのほとんどがフォロワーの増減のみを確認することが出来るアプリで、特定のページ、特にプロフィールページを誰が閲覧したかなどを表示することはできません。

そもそも、Instagram以外の外部の業者がInstagram関連のアプリを開発する際に、必ず熟知する必要があるInstagram基本API」という技術仕様の中に「足跡検知」に関連する項目がありません。

それが何を意味するかと言うと、Instagram上の「足跡」を外部業者が検知してユーザーにその情報を提供することはどだい不可能なことなのです。

悪質な「Followly」「Agensee」などのフェイクアプリに要注意

そんな中、TikTokなどのSNSで
▼このような動画広告を見ることができます。

女性「インスタグラムのプロフィールを見つけたら通知を送信するアプリを見つけたよ♪」

▼別アプリ『Agensee』ではこのような動画広告もあります。

「たった今何が起こったか分かるぅ~?先月ぅ~、元カレが自分のプロフィールぅ~」

上記は、インスタのプロフィール画面を元カレが何度も覗き見していた、ということを謳い、「プロフィール画面を見ているユーザーを特定出来る」という機能をアピールしています。

動画内に「相手も同アプリをインストールして承諾がある場合可能」とありますが、アプリを入れて承諾もしてこっそりプロフィールを見にいくアホな人がいるんだろうか…?

注意書きはしてありつつも、この機能は動画で与える印象と現実の機能が違いすぎて、いつか摘発されるでしょう。

さらにこれらアプリが悪質なのが、1週間の無料トライアルが付いていながらも1週間750~960円という超高額な請求をしてくるところ。

おそらく、このような魅力的な機能でユーザーをダウンロードまで誘導し、「有料登録すると足跡機能が使える」という錯覚にて課金を促す、という悪質なものです。

▼Followlyというアプリに関する情報・解約方法・Appleへの返金方法はこちらの記事をご参照くださいませ。

【詐欺注意!】インスタ分析アプリ『Followly』の解約(登録キャンセル)方法-週960円の超高額課金と乗っ取りの可能性について

2019年12月22日

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はInstagramで利用することが出来る「足跡機能」について現時点公式に提供されているすべての情報と「外部アプリで本当に足跡を計測することができるのか?」という点をご紹介いたしました。

皆様もくれぐれも詐欺アプリに手を出し無駄な出費をされないようにお気をつけくださいませ!