要注意アプリ『Photomyneによる写真スキャナー』の解約方法-毎月1000円の高額課金に注意!

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




自分で撮った写真を簡単に加工することができるアプリ「Photomyneによる写真スキャナー」

しかしこのアプリ、ユーザーからは「課金しないとほとんどの機能が利用できない」「勝手に課金される」などの悲鳴が上がっている要注意アプリなのです。

今回はこのアプリの機能を検証し、さらに万が一登録してしまった場合の解約方法をご紹介しますので必見です!

『Photomyneによる写真スキャナー』とは?

自分のスマホに保存しているアルバムから写真を取り込み、様々な加工・編集をすることができるようです。

App Storeでの見え方

▼こちらがApp Storeでアプリを検索したときに表示される画像です。

▼こちらはアプリを開いたときの画像です。すぐに課金を勧める画面が出てきました。

無料トライアル期間はその他の詐欺アプリと比較して長いですが、その後はなんと唐突に4,300円の料金が請求されます。

▼こちらがアプリを開いた時の通常のホーム画面になります。

低評価レビューは不満の声だらけ!

▼App Storeでのレビューを低評価に絞ってみました。するとアプリを使用したユーザーからの不満で溢れていました。「勝手に課金される」「課金しなきゃ保存できない」「がっかりです」などなど。これは要注意アプリと言えるでしょう。

毎月の高額課金

▼毎月¥1000 年間¥4300 5年間¥5140、という料金設定。

▼こちらは上記でもご紹介した、アプリを開いてすぐに表示される課金メニューです。

これを一旦閉じないと、「毎月・年間・5年間」の課金メニューが出てきませんので注意してください。無料トライアル期間も付いていたり付いていなかったり、期間の日数も違うので気を付けましょう。

▼3日間の無料トライアルが終了すると、毎月¥1000課金することになります。

『Photomyneによる写真スキャナー』の解約(登録キャンセル)する方法

App Storeからサブスクリプション一覧を見る

ひとまずは現状の定期購読の状態を確認する必要があります。

▼App Storeのアプリを起動して、 画面右上にある Apple ID のアイコンをタップします。

▼そうすると Apple ID に関するアカウントの情報が表示され、サブスクリプションと表示されている部分がありますのでこちらをタップします。

▼そうするとサブスクリプション一覧が表示されますので、その中からPhotomyne accountを探してタップします。

Photomyne account(1か月)¥1000の項目にチェックマークが付いていることを確認し、さらに一番下にあるサブスクリプションをキャンセルするをタップします。

▼キャンセルの確認が表示されますので確認をタップします。

▼すると先ほど確認した項目からチェックマークが消え、上にあるアイコンのところが〇年〇月〇日に終了予定という表示に変わりました。

▼ひとつ前の一覧に戻っても〇年〇月〇日に終了予定という表示に変わっています。これで解約作業は終了です。

課金されてしまった場合、返金は可能?

無料トライアル期間に解約作業ができず実際に課金が発生してしまった場合、もしくは最初から間違って課金してしまった場合、Appleに対して返金申請を行うことができます。

▼返金申請に関する詳しい方法はこちらの記事に記載しております。

【詐欺対策】App Storeで返金の申請を行う方法-定期購読が解約できなかった場合の対処方法

2019年8月3日

ただし、アプリの性質や状態によって必ずしも返金が可能になるわけではないとのことですので、ひとまずダメ元の申請としてでもAppleに対し送信しましょう。

『Photomyneによる写真スキャナー』は実際に使える?

ここからは実際にアプリの機能を検証していきます。

写真を反転・トリミングする

▼今回はこちらのフリー素材を使用していきます。

▼写真を反転させることができます。

▼トリミングやぼかし、リムーバーをかけることができます。

フィルターをかける

▼写真にいろんなフィルターをかけることができます。こちらは「COOL」を選びました。

▼「Warm」を選びました。肌の色が少し明るくなりました。

▼「B&W」で白黒になりました。

他にも適当にフィルターを選んでみましたが、「B&W」以外はあまり写真の変化がわかりませんでした。

白黒写真をカラー写真に変える

▼白黒の写真をカラーに変換することができます。こちらもフリー素材を使用していきます。

▼30秒ほど待つとカラーに変化しました。

 

▼編集した写真はアルバムに入れて管理することができます。

ここまで一通り機能を試してみました。ワンタッチで写真を簡単に加工することはできます。それにしても、これらの機能に対して1か月で1000円の課金は高額ではないでしょうか??1年間だと4300円のようですが、それでも写真の加工アプリに4,000円以上も費やすことは疑問かもしれません。

ちなみに白黒写真をカラー写真に復元するツールは無料サイトで変換を掛けることが可能です。

また、ボケた写真をはっきり・くっきりした写真に変換するアプリは、

▼こちらの記事でご紹介している「Remini」というアプリが便利です。

高画質化アプリ『Remini』とは?使い方・中国系アプリで危険!?動画・ぼかし・モザイクの高画質化はできる?徹底解説

2020年2月29日

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Photomyneによる写真スキャナー」の機能を検証してみました。機能としては使える、使えないは人それぞれ意見が分れると思います。しかし無料アプリでも楽しめるような機能に、高額な課金をする必要があるのでしょうか…。App Storeでの低評価レビューからしても、これは要注意アプリと言えるでしょう。

万が一、登録してしまった場合は上記でご紹介した解約手順で解約することをオススメします。