LINEの『LINE KEEP』とは?バックアップ機能の使い方と保存場所の徹底解説!




皆様は LINE で送られてきた画像やテキストを保存したいと思った時、どのように保存していますでしょうか。

おそらくは純正の写真アプリに逐次保存したり、 もっと厳重に保存したい場合は Dropbox などの別のストレージサービスに保存しているかと思います。

実は LINE 上でも「LINE Keep」というストレージサービスが備わっており、うまく使用することで使い勝手を格段に向上させることができます。

今回はそんな LINE Keep について詳しい使い方と保存先などの仕組み面についてもご紹介していきたいと思います!

LINE Keepとはどんな機能なのか?

簡単に言うと、LINEのファイル倉庫、が最も表現として近いかと思います。

iPhoneではiCloud、GoogleではGoogle Drive、その他のサービスではDropBoxなど、というように外部ストレージサービスはいくつかありますが、LINE KEEPはそれらストレージサービスのLINE版という見方が分かりやすいでしょう。

LINE KEEPの便利なところ

LINE KEEPの便利さを一番感じることができるポイントはやはりトークで流れてきた画像を簡単に保存・ストックしておけるところ。

また、予めKEEPに分けて保存しておくと、写真アプリにある大量の写真から目的のものを探す、という手間が格段に減ります!

ではこの便利な「LINE Keep」という機能ですが、その大まかな使い方を以下よりご紹介していきます!

LINE KEEPに画像やメッセージを保存する方法

トーク内からKeepに保存する方法

トーク内にある画像やテキストを保存する場合は、

▼表示されている、保存したい内容を長押しすると、こちらの吹き出しが表示されますので、

上記の「Keep」をタップすると、そのままKeepへの保存を行うことができます。

Keepの画面にて直接保存する方法

Keepの画面を開くことができれば、そこに直接画像などを保存することが可能です。

▼画面下部の「友だち」をタップし、

▼こちらに表示されている自分のアカウント部分をタップ。

▼自分のプロフィール画面が表示されますので「Keep」をタップすると、

▼このように「Keep」の画面を直接開くことができますので、右上の「+」ボタンをタップ。

▼保存する種別を選択できますので、目的のタイプをこちらで選択し、保存を行うことができます!

カメラロールから直接保存する方法

今までの説明ではLINEアプリを開いてからKeepへの保存を行っていましたが、外部の別アプリからでも直接Keepへの保存を行うことができます!

カメラロールから保存する場合は、

▼カメラロールを起動、Keepに保存したい画像を開き左下にあるこちらのアイコンをタップします。

▼すると「どのアプリに転送するか?」の選択肢がアイコンで表示されますので、マークされている「LINE Keepに保存」をタップします。

これで、外部アプリ(カメラロール)からLINE Keepへの保存を行うことができました!

Googleフォトから直接保存する方法

GoogleフォトからでもLINE Keepへ直接保存を行うことができます。

▼Googleフォト上でLINE Keep上に保存したい画像を表示し、左下のこちらのアイコンをタップ。

▼次に下から表示されるシートに「開くアプリを選択…」をタップ。

▼その次の画面にてお馴染みの「LINE Keepに保存」のアイコンが表示されますので、コチラをタップ。

これでGoogleフォトからもLINE Keepへの保存ができました!

LINE KEEPに保存した内容を確認する方法

次に、LINE Keepに保存済みの画像などを後から確認する方法についてご説明いたします!

トーク画面内からアクセスする方法

トーク画面からは、

▼テキスト入力欄横にあるこちらの「+」ボタンをタップ。

▼その後下から現れるウィンドウに「Keep」がありますので、こちらをタップすると、

Keepの画面を開かれ、そこに保存済みの内容を確認することができます!

Keepの画面に直接アクセスする方法

Keepの画面を直接訪れることで内容の確認を行うことができます。

▼まずはプロフィール画面を開くと画面下部にこちらのアイコンが表示されますので、

「Keep」のアイコンをタップすると、保存済みの内容を閲覧することができます!

LINE KEEPに保存した内容を削除する方法

LINE Keepにも保存容量の限度(1GB)があるため、溜まってきた素材は整理したいもの。

ここではLINE Keep上の素材を削除する方法をご紹介いたします。

1~2個の保存ファイルを削除する場合

いくつか、限られた数のファイルを削除する場合は、直接開かれたLINE Keep上の画面で、削除したいファイル部分を左にスワイプすると、

▼このように「削除」ボタンが現れます。

ここからファイルを個別で削除することが可能です。

一括で複数のファイルを削除する場合

もう少し多くのファイルを削除したい場合は、

▼画面右上にある「…」ボタンをタップし、

▼表示されるこちらの選択肢の中から「削除」を選択。

▼次に表示されるコチラの画面で削除したいファイルを複数個選び、まとめて削除することができます!

一度にすべてのファイルを削除する場合

LINE Keep上に存在するファイルを一度にすべて消去したい場合は、

▼設定画面にある「Keep」をタップ。

▼このようにKeepの現在の状況が表示されますので、「すべて削除」をタップ。

これにてKeep上のすべてのファイルの削除が完了いたします!

注意
Keep上にある素材は一度削除してしまうと復元はできませんので、一括削除は注意して行ってください!

LINE KEEPの保存場所・保存先について

ここまででKeepにおける保存・確認の方法をご紹介してまいりましたが、

一体これらの素材はどこに格納されているのか?という疑問があるかも。

実は、オフィシャルで公表はされていませんがKeep上の素材はLINE社のサーバー上に格納されており、端末内には保存されていません。

その確認・検証として、LINE Keep上に複数の動画ファイルを保存する前後に設定>一般>iPhoneストレージ>LINEの項目を確認してみると、

▼Appのサイズも書類とデータも特段変化がありませんでした。

これにより端末のアプリ内に保存されている形では無い、ということが推測されます。

補足
Android端末においては本体/カード内の「Pictures」フォルダに格納されている場合もありますが、機種・バージョンによって一様ではないようです。

LINE KEEPの保存容量はどのくらい?

1GBを限度としています。

ただし、1ファイルあたりのサイズが50MBを超えるものの場合、保存可能期間が設けられており、30日間となっています。

50MB以上のサイズのファイルがこの期間を経過してしまうと自動で削除されてしまうとのこと。

とはいえ、通常の画像等であれば10MBを超えることは早々ありませんので、動画の保存を積極的に行う方以外は大きな心配はいらないかもしれません。

元のトークを消した場合、Keepの内容も消去される?

LINE Keepはトーク画面上から「ポイッ」と保存される場合が多く、

元となるトークを削除するとそこから保存したKeep上の画像も消去される?と思われがちですが、Keepに保存している場合は、元のトークが消去されたとしても消えることはありません。

スマホを機種変更した時にも引き継がれる?

ひたすらKeep上にファイルを保存していた場合に気になるのが「機種変更後のKeep」についてかもしれません。

こちらは「正しい引き継ぎ方法を行えばKeepの中身も引き継ぎ可能」です。

正しい引き継ぎとは?

正しい引き継ぎとは大まかに以下の状態・工程であることを指します。

  • 設定画面>アカウント>電話番号・メールアドレス・パスワードが最新の情報で登録されているかを確認。

次に

  • 設定>アカウント引き継ぎ>アカウント引き継ぎをON→36時間以内に新しい端末で引き継ぎ作業。

この状況下で作業を行えば、問題なくLINE Keepの中身も引き継がれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はLINE Keepの詳しい使い方についてご説明いたしました。

普段LINE上でKeepという文字はよく頻繁に出てくるものですがあまりうまく使いこなせてない方が多いと思います。

うまく利便性を引き出すことができれば別のアプリと行ったり来たりせずに LINE の中だけで画像や動画の引き出しが完了します。

作業の簡略化につながりますのでぜひ活用してみてくださいね!