詐欺アプリ!『Selfiemoji』を解約(登録キャンセル)し退会する方法-個人情報が盗まれる恐れも




一向に増殖が止む気配が感じられない悪質業者の詐欺アプリ。高額請求によるぼったくりに加えて、隙あらばユーザーの個人情報をあの手この手で盗もうとしてきます。

今回はそんなアプリの一つ『Selfiemoji – Sticker Maker』を取り上げます。本アプリの解約方法、その中身の検証、そして個人情報が盗まれる恐れについてご紹介したいと思います。

『Selfiemoji – Sticker Maker』のApp Storeでの見え方

自作ステッカー、性別転換、キーボードスキンなど

▼App Store上ではこのような見え方

初回画面から課金誘導、価格がドル表示のトラップ

先に言わせて頂きますが、本アプリでは起動直後、すぐに定期購読への誘導を図ってきます。

▼さらに問題なのがアプリの価格表示で、

え?$7.99/週??

そして、日本円でいくらか分からない方が気になって「今すぐ購読する」をタップしてしまうと、

▼無料トライアルおよび定期購読登録への承認画面が出てきます

あえて価格表示をドルにすることで、日本円で書かれた支払い画面へと誘導し、あわよくば承認さえさせようとした意地汚いアプリです。

レビューが語る「個人情報抜き取り」の存在・・・

さらにApp Store上で本アプリのレビュー欄を開くと、

▼「詐欺!」の声、さらには「個人情報抜き取り」などの恐ろしいワードが飛び交う光景が・・

解約作業が難しい点を利用した定期購読アプリ

実はこのアプリ、登録当初は3日間の無料期間がついているものの、上記ユーザー達を見て分かる通り、そもそもiPhoneアプリの定期購読を解除する作業の難易度が高く、無料トライアルがあると思って安心し、登録したは良いものを解約できずにまんまと定期購読の課金を行ってしまうという、悪意に溢れたものです。

今現在この類のアプリが氾濫している状態で、今回取り上げる「Selfiemoji – Sticker Maker」以外にも沢山のアプリが存在しており、いずれのレビューも「詐欺!」という書き込みがありますが、法律的に取り締まる手段が無く、課金が発生してしまった場合、実際的にユーザーは泣き寝入りの状態になってしまいます。

そうならないためにも、下記の解約方法をご覧いただき、直ちに退会を済ませてしまいましょう!

『Selfiemoji – Sticker Maker』の解約(キャンセル)方法

設定アプリからApp Storeの登録アプリ一覧を開く

▼まず、設定アプリを開き、画面最上部にある自分の名前のところをタップ。

▼次にiTunes と App Store をタップ

▼次に、画面上部の Apple ID が記載されている部分をタップ。

Apple IDを表示をタップ。

▼次に「アカウント」画面が表示されますので、この画面を下方向にスクロールし、

サブスクリプションという項目がありますので、こちらをタップ。

サブスクリプション画面から解約を行う

すると定期購読を行っているアプリの一覧画面が表示されますので、

▼その中にあるPlus Weeklyというアプリをタップしてください

▼¥880円の欄にチェックが入っていることが確認したら、下にあるサブスクリプションをキャンセルするをタップ

▼確認画面が表示されますので、こちらは迷わず冷静に確認をタップします。

▼読み込みの完了後、先程までチェックがついていた箇所に何も無いことがわかります

▼さらに一覧画面に戻ると、このように「◯年◯月◯日に終了予定」に変化しています

これはその日付に定期購読が解約されるという意味合いになりますので、こちらの表示が行われていれば解約(登録キャンセル作業)は完了となります…!

お疲れ様でした!

課金されてしまった場合、返金は可能?

無料トライアル期間に解約作業ができず実際に課金が発生してしまった場合、Appleに対して返金申請を行うことができます。

▼返金申請に関する詳しい方法はこちらの記事に記載しております。

【詐欺対策】App Storeで返金の申請を行う方法-定期購読が解約できなかった場合の対処方法

2019.08.03

ただし、アプリの性質や状態によって必ずしも返金が可能になるわけではないとのことですので、ひとまずダメ元の申請としてでもAppleに対し送信しましょう。

『Selfiemoji – Sticker Maker』のアプリ内容をチェック

初めに、本アプリの広告では以下の機能がフィーチャされています:

  • 自作ステッカー
  • 性別転換
  • 老化およびミーム画像の作成
  • 絵文字・キーボードスキン

一見すると質の良い機能に見えますが、どれも「広告通りにならない」ものだったのでご注意ください。

週に880円も払う価値があるかを見定めるため、実際にアプリ機能を検証してみました。

自作ステッカー機能

本アプリでは「メッセージ」のiMassageやLINEなどのチャットにて、ステッカーとして送信できる画像を作成・保存することができます。

広告イメージではこんな感じのステッカーが作れるようですが、

▼検証の結果、イメージ上で使われたフォントやエフェクトはどこにも見当たりませんでした・・

作成したものはちゃんと保存でき、ステッカーとしても使えるものの、所感としてはPicsartアプリの方で作った方が断然良かったです。

さらに本アプリでは背景を全く弄れない一方で、Picsartではやり方を変えれば背景を加えることも可能なことから、実際には「課金するに値しない」機能でした・・・

PicsArtでの操作方法についてはこちらの記事をご参照ください!

PicsArt(ピクスアート)で写真を切り抜いて背景透過を行った後スタンプとして使う方法

2017.05.14

性別転換、老化、ミーム画像の作成

初回画面では「エイジングフェイス」や「性別の逆」といったワードが書かれています。何らかのシミュレーションに聞こえますが、実際にはこちらのイメージのように、

▼男性や女性、ご老人の顔を自分のものと入れ替えるものです

自撮り顔を読み込んだ後、画像一覧から入れ替え対象を選びます

そして以下が入れ替え後の写真となります。

▼こちらが男性の場合:

 

▼こちらがご老人の場合:

▼最後にこちらがミーム画像になります:

いちおう雑な入れ替え具合ではありませんが、他にもこのような機能を搭載した無料アプリが複数存在するため、尚更週に880円も払う価値は全くありませんでした。

キーボードスキン、絵文字

本アプリではキーボード用のスキンをダウンロードして利用することができるほか、スキン使用時に使える絵文字もダウンロードできます。

ただし、本アプリのキーボードスキンを利用するのは非常に危険です。なぜなら本機能こそが、レビュー上で警告された「個人情報盗難」の犯人である可能性が高いからです。

理由:キーボードスキンの機能を使うにはフルアクセスが必要

その他のキーボードスキンアプリにも共通して言えますが、絵文字をはじめとしたキーボードスキンの機能を使う際には、アプリのフルアクセスを許可しなければなりません。

▼許可しない場合、このように機能が使えません

しかしフルアクセスの許可が危ない理由がこちら:

つまり、アプリにキーボードへのフルアクセスを許可してしまうと、それを使って入力した情報内容が全てデベロッパーに送信されてしまいます。そしてそれにはクレジットカードの暗証番号や住所などなどの機密情報すら含まれています

本アプリのような信ぴょう性が非常に低くて危険なものにフルアクセスを許可するのは危険なので、万人が使っていて、かつ信ぴょう性も高い「Simeji」をご利用頂いた方がはるかに安全です!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ドル表示による露骨な課金誘導、キーボードスキンのフルアクセスによる個人情報抜き取り、他アプリで十分な各機能と、『Selfiemoji』は週に880円も支払う価値が全くないとても危険なアプリでした。

お気をつけくださいませ!