要注意アプリ『Photoly Remove Object & Editor』の解約方法-週960円の高額課金に注意!

無料で始める音楽聴き放題アプリ ▶こちら




自分で撮った写真を加工できるアプリ「Photoly Remove Object & Editor」。しかしこのアプリ、週960円の高額課金を請求するアプリで、インストールしたユーザーからは不満の声が上がっている要注意アプリなのです。

今回はアプリの機能を検証し、万が一登録してしまった場合の解約方法をご紹介します!

『Photoly Remove Object & Editor』とは?

自分で撮った写真に「背景をぼかす」「フィルタをかける」「不要なオブジェクトを消す」などの加工ができます。

▼こちらがアプリを起動したときのホーム画面です。早速日本語がおかしい…。不穏な空気が早々と流れ始めます。

App Storeでの見え方

▼こちらがApp Storeでアプリを検索したときの表示です。

低評価レビューは不満だらけ!

▼App Storeの評価を低評価レビューに絞ってみました。すると、ユーザーからの不満の声で溢れていました。「詐欺アプリ」「いらん」「広告と違う」などなど。

高評価レビューはサクラ!

▼今度は高評価レビューを確認してみました。アプリをベタ褒めしているレビューばかりです。日本語もあやしいので、これはサクラに間違いないでしょう。

週間の高額課金

1週間¥960。これはかなり高い課金料金ですね。画像加工アプリで月に4,000円近い金額を払うユーザーがいるのでしょうか?しかも日本語もおかしい。

▼課金直前の画面がこちら。3日間の無料トライアルが終了すると、1週間で960円支払うことになります。

『Photoly Remove Object & Editor』の解約(登録キャンセル)する方法

App Storeからサブスクリプション一覧を見る

ひとまずは現状の定期購読の状態を確認する必要があります。

▼App Storeのアプリを起動して、 画面右上にある Apple ID のアイコンをタップします。

▼そうすると Apple ID に関するアカウントの情報が表示され、サブスクリプションと表示されている部分がありますのでこちらをタップします。

▼そうするとサブスクリプション一覧が表示されますので、その中からWeekly Proをタップします。

▼オプションが表示されますのでWeekly Pro(1週間)の項目にチェックマークが付いていることを確認し、下にあるサブスクリプションをキャンセルするをタップします。

▼キャンセルの確認が表示されますので確認をタップします。

▼すると先ほど確認した項目からチェックマークが消え、上にあるアイコンのところが〇年〇月〇日に終了予定という表示に変わりました。

▼ひとつ前の一覧に戻っても〇年〇月〇日に終了予定という表示に変わっています。これで解約作業は終了です。

課金されてしまった場合、返金は可能?

無料トライアル期間に解約作業ができず実際に課金が発生してしまった場合、もしくは最初から間違って課金してしまった場合、Appleに対して返金申請を行うことができます。

▼返金申請に関する詳しい方法はこちらの記事に記載しております。

【詐欺対策】App Storeで返金の申請を行う方法-定期購読が解約できなかった場合の対処方法

2019年8月3日

ただし、アプリの性質や状態によって必ずしも返金が可能になるわけではないとのことですので、ひとまずダメ元の申請としてでもAppleに対し送信しましょう。

『Photoly Remove Object & Editor』は実際に使える?

▼ここからは実際にアプリの機能を検証していきます。

リムーバーで消す

背景にある物を消したいときに使います。

▼ブラシサイズを選び、消したいところをなぞっていきます。下の画像は処理後のものです。手本のように消えませんでした。

ぼかしを入れる

▼背景をぼかしてくれます。「自動」をタップすると人物の周りにぼかしが入りました。

背景を変える

▼人物の周りを既存のイラストで飾ってくれます。

 

フィルタをかける

▼さらにフィルタをかけることができます。

▼取り消しボタンを押すと、意味のわからない日本語が表示されました。

ここまで一通り機能を試してみました。結果としては、広告の様には加工されず、使える機能も少なく感じました。無料アプリでできることもあり、1週間で960円の課金料金を支払う価値があるのか?と思いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Photoly Remove Object & Editor」のアプリを検証しました。低評価レビューや高評価レビューのサクラ、上記で紹介した機能からしても、これは要注意アプリと言えます。1週間で960円の課金してまで使いたいとは思えませんでした。

万が一登録してしまった場合は、上記でご紹介した解約手順で解約することをおススメします。