要注意アプリ『Cartoona写真編集者』の解約(登録キャンセル)方法-週960円の高額課金に注意!

MusicFM/Boxの代わりのアプリは ▶こちら




自分で撮った写真を加工できるアプリ「Cartoona写真編集者」。実はこのアプリ、使用したユーザーからは不満の声が上がっている要注意アプリなのです。

今回はこのアプリの機能を検証し、さらに万が一登録してしまったときの解約の手順をご紹介しますので必見です!

『Cartoona』とは?

写真を選び、ワンタッチで簡単に写真を「漫画風」や「油絵風」に加工したり、フィルターをかけて楽しめるアプリです。

App Stpreでの見え方

▼こちらがApp Storeでアプリを検索したときに表示されたものです。

低評価レビューには不満の声が!

▼低評価レビューを覗いてみました。すると「詐欺アプリ」「面白くない」「登録しない方がいい」などのユーザーからのクレームで溢れていました。これは要注意アプリです。

週間の高額課金

週間¥960円 年間¥2500

これは高い課金料金です!

▼そして注意していただきたいのが、7日間の無料トライアルがあるのは、3つのうち赤枠で囲ってある「¥960」と「¥2500」だけです。真ん中の一番安い「¥750」には「7日間無料」の文字がありませんので、安易に押してしまうと危険です。即課金の可能性があります。

▼1週間の無料トライアルが終了すると、960円支払うことになります。

『Cartoona』の解約(登録キャンセル)する方法

App Storeからサブスクリプション一覧を見る

ひとまずは現状の定期購読の状態を確認する必要があります。

▼App Storeのアプリを起動して、 画面右上にある Apple ID のアイコンをタップします。

▼そうすると Apple ID に関するアカウントの情報が表示され、サブスクリプションと表示されている部分がありますのでこちらをタップします。

▼そうするとサブスクリプション一覧が表示されますので、その中からCartoona編集者をタップします。

▼すると課金料金が表示されますので週間購読(1週間)¥960の項目にチェックマークが付いていることを確認し、下にあるサブスクリプションをキャンセルするをタップします。

▼キャンセルの確認が表示されますので確認をタップします。

▼すると先ほど確認した項目からチェックマークが消え、上にあるアイコンのところが〇年〇月〇日に終了予定に切り替わりました。

▼ひとつ前の一覧に戻っても〇年〇月〇日に終了予定という表示に変わっています。これで解約作業は終了です。

課金されてしまった場合、返金は可能?

無料トライアル期間に解約作業ができず実際に課金が発生してしまった場合、もしくは最初から間違って課金してしまった場合、Appleに対して返金申請を行うことができます。

▼返金申請に関する詳しい方法はこちらの記事に記載しております。

【詐欺対策】App Storeで返金の申請を行う方法-定期購読が解約できなかった場合の対処方法

2019年8月3日

ただし、アプリの性質や状態によって必ずしも返金が可能になるわけではないとのことですので、ひとまずダメ元の申請としてでもAppleに対し送信しましょう。

『Cartoona』は実際に使える?

ここからは実際にアプリの機能を検証していきます。

画風を変える

▼写真を選択して好きな画風に変えたり、フィルタをかけていきます。今回はこちらのフリー素材を使用していきます。

▼下にあるパネルから選んでいきます。内容は「スケッチ」「漫画」「水彩」などなど。

▼種類的には豊富にある印象を受けました。

▼ステンドグラス風を選んでみました。

▼次は素材を変えてやっていきます。

▼下にある矢印の画風を選びました。

▼もうひとつ選んでみました。加工されてはいますが、このくらいの加工は無料アプリでも十分できるような気がしますね…。

フィルターをかける

▼次はフィルターをかけていきます。こちらもフリー素材を使用していきます。

▼矢印のパネルのフィルターを選びました。

▼さらに「調整」でコントラストや彩度を変えることができます。

ここまで一通り試してみましたが、内容的には「〇〇風に変える」「フィルターをかけて調整する」くらいの機能だったので「これは面白い!」「すごい!」という印象は感じられませんでした。

すべて無料アプリでも可能なことだったので、高い課金料金を支払ってまで使いたいとは思えませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「Cartoona」の機能を検証しました。結果的には「高い課金料金と見合う機能だったのか?」という疑問が残りました。App Storeの低評価レビューの意見と合わせても、これは要注意アプリだと思えます。万が一登録してしまった場合は上記でご紹介した解約手順で解約することをおススメいたします。