【Amazon】領収書の宛名を変更する方法-自分で書く・PDFを編集する・代引きを活用を徹底解説!




この記事ではAmazonの領収書の宛名を変更する方法についてご紹介します。

Amazonの領収書を会社の経費書類として提出する際、宛名を会社名に変更することは可能なのでしょうか。また、領収書が発行できる決済方法とできない決済方法があることにも注意が必要です。

そこで今回は、Amazonの領収書の宛名を変更する方法や、宛名が変更できない際の方法などをご紹介致します。

Amazonで開催中のおすすめキャンペーン!

  • Amazon Music Unlimitedの3ヶ月無料キャンペーン!(1/11まで)
  • Audibleの2ヶ月無料キャンペーン(12/26まで)

【注意】Amazonの領収書は支払い方法により異なる

まず、Amazonの領収書は支払い方法により発行できる場合とできない場合があります。

領収書が発行できる支払い方法

以下の支払い方法はAmazonでは領収書を発行することができます。

  • クレジットカード決済
  • 携帯決済
  • Amazonギフト券での支払い
  • Amazonポイントでの支払い
  • パートナーポイント払い

領収書が発行できない支払い方法

以下の支払い方法は、Amazonでは領収書を発行することができません。

  • コンビニ払い
  • ATM支払い
  • ネットバンキング払い
  • 電子マネー払い
  • 代金引換

購入・支払いを証明するには、コンビニ払いやATM支払いをした際に出してもらえる利用明細票や、配送業者に代引き支払いをした領収書と、Amazonの購入明細書を合わせて領収書代わりにする方法のみ。

▽Amazonの領収書について、詳しい発行方法・条件などは以下の記事をご確認ください。

Amazon領収書の宛名を変更・記入する方法

Amazonの領収書の宛名を会社名などに変更したい場合についてですが、そもそも宛名は領収書に記載されていません。

▼Amazonの領収書を表示するとわかるのですが、宛名は空欄となっています。

▼そのため、宛名を記載したい場合には印刷して自分で書かなければなりません。

Amazonの領収書をプリントアウトするのに最も手短にできる手段は、

▼領収書が表示されている画面でこのページを印刷してご利用くださいと書かれた部分をクリックして印刷、もしくはPDFで保存します。

ここで印刷を行い、出力された紙に対して手書きで宛名を書くことになります。

Amazon領収書のPDF宛名欄に会社名・個人名を入れたいとき

どうしても印字で宛名欄に会社名・個人名を入れたいときには、Adobeが提供する「Acrobat DC」を使用し、pdfとして保存した領収書データを編集することで、データとして宛名が記載されている領収書を作成することができます。

また、もう一つの手段としては、Amazonの登録名を会社名などに一時的に変更し、代引き支払いをすれば、代引き支払いをした領収書が会社名で印字されたものになります。

購入明細書と代引き支払いの領収書で問題がなければこの方法が使えるでしょう。

Amazon領収書の住所を非表示にする方法はある?

また、領収書を提出する際気になるのは住所が表示されてしまうことかもしれませんが、Amazonの領収書では住所は非表示にすることはできません。どうしても住所を表示したくない場合には、

  • コンビニ払い
  • ATM支払い
  • ネットバンキング払い
  • 電子マネー払い
  • 代金引換

にするしかありません。しかし、これらの支払い方法の場合、「領収書」という形ではありませんので、「領収書」という形でありながら住所を非表示にする、ということはできません。

「購入明細書」を会社の経費書類にすることは可能?

「購入明細書」を会社の経費書類にすることは可能なのでしょうか?

会社ごとの規定にもよると思いますが、基本的には難しいことが多いようです。多くの会社の規定では「領収書」と書かれているものでないと受理できないことが多いためです。

まとめ

今回は、Amazonの領収書の宛名を変更する方法や、宛名が変更できない際の方法などをご紹介致しました。基本的には手書きで記入するしか方法はありません。

どうしても印刷された宛名でなければいけない場合には代引きの領収書と明細書で受理できるのか確認をしてみましょう。