【神機能】『Google翻訳』のスマホカメラを使った「カメラ入力」翻訳機能の使い方




無料翻訳アプリ「Google翻訳」は、突然英語で話しかけられたときなど、「コミュニケーションが取れずに詰まった状況」を解決してくれる頼もしい相棒です。

さて今回は、そんな素敵アプリに搭載されている、巷で大変話題となっている機能「カメラ翻訳」の使い方をご説明したいと思います!

Google翻訳アプリの「カメラ翻訳」とは?

まさにその名の通り、カメラをかざし写り込んだ文字部分が翻訳され、置き換わって表示される、というもの。

カメラ(アプリ)側で行っていることは、

  • カメラで写した文字の認識
  • 文字の翻訳
  • 翻訳後の語や文章を元の画像に貼り付け

という処理をリアルタイムで行っています…!

どのような時に便利?

レストランのメニューや成分表でアレルギー食材の確認

もしあなたが特定の食材でアレルギーがあり、海外のフードでアレルギー食材が入っていたら…。

強いアレルギーであるほど、この不安は大きいかと思います。

理解できない言語で書かれている「レストランのメニュー」「商品の成分表」はどうにかして内容を確認したいですよね。

そんな時Google翻訳のカメラ機能で対象にかざせば日本語に翻訳されますのでかなり便利。

しかも文字入力ができない・分からない言語もその国の言語で指定すれば高確率で翻訳できます。

交通機関の標識で地名を確認する

渡航中、交通機関を利用する際に各所の地名などは固有名詞にあたり見慣れないものが多いですよね。

そんな時、地名の読みなどをカメラで確認できるだけでも相当な安心感に繋がりますね!

「カメラ翻訳」の機能と使い方

旅行以外でもかなりの利便性が感じられる「カメラ入力」ですが、以下よりその主な使い方をご紹介したいと思います!

カメラで撮った映像がリアルタイムにテキストを転換

Google翻訳の「カメラ翻訳」は、カメラモード時に翻訳対象のテキストを映すことで、リアルタイムに翻訳してくれる機能です。

本機能の使い方

▼「ホーム」画面を開き、左側の📷カメラ入力をタップしてください

▼撮影画面に移動後、翻訳したい対象にカメラを向けると

▼選択中の言語で書かれたテキストを瞬時に転換してくれます!

スキャン機能でテキストを自動検知して翻訳

Google翻訳には「スキャン」機能が付いており、画面下部の撮影ボタンを押すと、カメラに映っているものをスキャンし、テキストを自動的に検知してくれます。

さらに検知されたテキストをなぞることで、そのワードを指定して翻訳することが可能です。

本機能の使い方

▼撮影画面に対象物が入っている状態で、下部の📷ボタンをタップ

▼すると画面がスキャンされて、四角で囲まれた対象テキストが検知されます

▼スキャン後、翻訳したいテキストをなぞって指定すると

▼対象テキストを翻訳してくれます☆

スマホ内の画像を読み込んで翻訳

さらにGoogle翻訳では端末に保存された画像を読み込んで、訳したいテキストを検知・翻訳することも可能となっています。

本機能の使い方

▼初めに撮影画面にて、左下のアイコンをタップしてください

▼すると写真アプリが開くので、翻訳したい画像を選んでください

▼選択後、先ほどと同様に画像がスキャンされて、テキストを検知して翻訳することが可能です

オフライン時の利用について

さて、Google翻訳は基本的にネットに繋がっていれば全ての機能を利用することができますが、時と状況によっては、インターネットが利用できないことがあります。

そこでドハックは「オフライン時の利用は可能か?」について実際に検証してみました。

その結果、テキストのリアルタイム転換は問題なく機能していましたが、画面および画像のスキャンと翻訳に関しては、

と表示されて、それら機能を利用することができませんでした。

どんな機能がオフライン時に使えるかについては、こちらのドハック記事を是非ともご覧くださいませ!

【海外でもOK】話題のアプリ「Google翻訳」はオフラインでも使用可能!やり方を徹底的に検証!

2019.05.17

まとめ

いかがだったでしょうか?

数十年前までは英語などの看板やサインを訳したいとき、英語辞書を片手にせっせと手引きしていましたね。

しかしテクノロジーの大いなる発展により、今ではスマホカメラをかざすだけで瞬時に翻訳できるレベルまできてしまいました!

オフラインでも使えてしまう超便利な「Google翻訳」アプリを、皆様もぜひ使ってみてはいかが?