Twitterの鍵垢とは-非公開アカウントの設定方法と鍵垢ツイートを見る裏技!




本記事は、Twitterの鍵付きアカウント(鍵垢)について解説します。

自己表現の場として使用できるTwitterですが、その用途だけでなく、限られたメンバーのコミュニティだけでソーシャルネットワーキングを楽しむ方法もあります。

そのように閲覧者を限定するには、非公開の鍵付きアカウント(鍵垢)にすると実現できます。

今回は、Twitterにて鍵付きアカウント(鍵垢)にする方法と、変更後の非公開に関する仕様、鍵垢のツイートを閲覧する方法について解説いたします。

Twitterで鍵付きアカウント(鍵垢)に変更する方法

  1. 画面右上の自分のアカウントアイコンをタップ。
  2. 設定とプライバシーをタップ。
  3. プライバシーと安全からオーディエンスとタグ付けをタップ。
  4. 「ツイートを非公開にする」のチェックをオフにする。

もくじ

Twitterの鍵垢(鍵付きアカウント・非公開アカウント)とは?

Twitterの非公開アカウントとは、自分のツイートを自分のフォロワーにしか見せない・公開しない設定です。

ただし、フォロワーでなくても自分のプロフィールは閲覧することができ、DMも「解放」設定にしていればフォロワーでなくても利用することが可能です。

その他の公開/非公開アカウントの違いについては、本記事後半のこちらを御覧ください。

Twitterアカウントを鍵垢(鍵付き)アカウントに設定する方法

Twitter公式アプリ版の場合【iOS/Android】

STEP

▼ホーム画面左上の自分のアイコンからメニューを開き、設定とプライバシーを選択。

STEP

▼次に設定画面の一覧からプライバシーと安全オーディエンスとタグ付けをタップ。

STEP

▼最後に「ツイートを非公開にする」をオンにすることで自分のアカウントを非公開アカウント(鍵垢)に変更することができます。

ウェブ版Twitterの場合

STEP

▼Twitterをブラウザで開き、自分のアカウントアイコンをタップ→表示された項目の中から⚙設定とプライバシーを選択します。

STEP

▼設定メニューの中からプライバシーと安全オーディエンスとタグ付けをタップ。

STEP

▼ツイートを非公開にするにチェックを入れ、ポップアップ内の非公開にするをタップすると、Twitterアカウントを鍵付きに変更することができます。

Twitterの鍵付きアカウントを解除する方法

鍵付きアカウントを解除するには、
設定とプライバシープライバシーと安全オーディエンスとタグ付け→「ツイートを非公開にする」のチェックを外します。

こうすることで以前の公開アカウントに戻すことができます。

鍵付きアカウントのツイートを見る方法

Google検索の検索結果で表示

ただし、鍵付きアカウント(鍵垢)にしたタイミングが最近だった場合、

▼Google検索で「twitter [アカウント名]」で検索すると、このように、ツイートごとでGoogleが検索結果として保存しているケースがあります。

これはツイートの一つ一つにURLが割り当てられているため、GoogleがTwitter内部も巡回し結果として保存することで検索結果に表示されるようになります。

鍵垢化が最近である場合、Googleが情報を取り込んでいる可能性も高いため、一度この手段を試してみてください。

検索結果から「キャッシュ」を表示させる

この方法も、鍵垢にしたタイミングが最近の場合に利用できる閲覧方法です。

▼PCで閲覧したい相手のTwitterアカウント名を検索するとこのようにURL部分に▼のアイコンが表示されますので、こちらをクリックしてみると、

▼このようにキャッシュという文字が表示されます。

このリンクをクリックすると、Googleなどの検索エンジンが一時的に保存している「キャッシュ」が表示されます。

鍵垢にしたタイミングが最近の場合、Googleなどの検索エンジンが「鍵垢にする前のツイート」をこのようにキャッシュで保存していますので、それを閲覧することで鍵垢アカウントのツイートを確認することができます。

鍵付きアカウント(鍵垢)の周辺ユーザーとネットワークを築く

やはりそれでも鍵付きアカウント(鍵垢)のツイート内容が確認できない場合は、その鍵垢アカウントがフォローしているユーザーからフォローされることでそのユーザーからの信頼度を上げ、承認してもらいやすくする方法もあります。

フォローリクエストを受け取ると、そのユーザーへのプロフィール画面を見る可能性が高くなりますが、

▼プロフィール画面のこのエリアに、そのユーザーがどのアカウントからフォローされているかが表示されます。

この欄に自分がフォローしているユーザーがいたり、共通の知人がいたりすることで心理的にフォロー承認をしやすくなります。

このようにして、「承認してもらう確率」をわずかながらでも上げることができます。

現時点では相手をフォローする以外に方法がない

現時点では、鍵付きアカウントのツイートを閲覧する方法は、そのユーザーがフォローリクエストを承認し、フォロー状態になるしか方法がありません。

鍵付きアカウント(鍵垢)になるとできること・できないこと

鍵付きアカウントに変更するとどのような状態になるのか、

▼鍵付きアカウントに対して周囲のユーザーができること/できないことをフォロワー・非フォロワーでまとめるとこのようになります。

鍵付きアカウントの→フォロワー非フォロワー
フォロー申請・承認が必要
プロフィール閲覧
ツイートの閲覧
DMのやり取り相互フォロー・もしくは「解放」していれば◯
リツイート
いいね・リプライ

このように鍵付きアカウントに対し、まだフォローできていない人(承認されていない人)はプロフィールの閲覧しかできません。

以下より、それぞれ詳しく解説していきます。

鍵付きアカウントのフォローは承認制になる

▼鍵付きアカウントをフォローボタンはこのように通常通りフォローするのボタンが表示されていますが、

▼そのフォローボタンを押してもフォロー許可待ちと表示され、すぐさまフォロー状態=ツイートを閲覧可能な状態にはなりません。

▼また、鍵付きユーザーが上記のようなフォローリクエストを受け取った場合、メニュー一覧のフォローリクエストにバッジが表示されていますので、こちらをタップすると、

▼このように自分にフォローリクエストを送ってきたユーザーを確認することができます。

こちらの画面で✓のマークをタップすることで、初めてフォローが成立し、フォローリクエストを送信したユーザーは当該鍵付きアカウントのツイート内容を閲覧することができます。

鍵付きアカウントのツイートはフォロワーのみ閲覧可能

▼鍵付きアカウント(鍵垢)のツイートはフォローが承認されるまで、このようにツイートは非公開ですと表示され、一切その内容を確認することはできません。

▼フォローリクエストが承認されれば、通常通りそのユーザーのタイムラインにてツイートを閲覧することができます。

鍵付きアカウントのツイートはリツイートができなくなる

▼鍵付きアカウント(鍵垢)のツイートは、たとえフォロワーであってもリツイート(RT)することはできません。

上記のようにリツイートのアイコンが非アクティブ(薄い色)になっており、タップしても反応しません。

鍵付きアカウントのツイートは検索にヒットしなくなる

鍵付きアカウント(鍵垢)のツイートは検索結果に表示されなくなります。

またユーザー検索を行った際は、アカウントによって表示されるものと表示されないものがあります。

リプライを送っても相手がフォロワーじゃないと見れない

こちらは鍵付きアカウント本人の側で起こる「できないこと」ですが、自分がリプライを送ったとしてもそのユーザーがフォロワーでなければ閲覧することができません。

DMは「解放」していればやり取りを行うことができる

DMでやり取りできるかどうかは「鍵付きアカウントかどうか」が影響しません。

鍵付きアカウントであっても、そのユーザーがDMを「解放状態」にしていれば、DMを使ったやり取りを行うことができます。

▼DMの「解放」については以下の記事の「TwitterのDMを解放する方法」をご覧ください。

鍵付きアカウントのプロフィールは閲覧可能。ただしツイートは見れない

鍵付きアカウントでも閲覧可能なページは、プロフィールページです。

▼鍵付きアカウントのプロフィールページにアクセスすると、このようにそのユーザーの自己紹介文やURLなどは閲覧することが可能です。

Twitterアカウントを鍵付きにできない時の原因と対処法

設定から項目が見つけられない

Twitterアプリも定期的にアップデートを重ねる中で非公開にするための設定項目が移動していたりするため、以前は簡単に見つけられた非公開の項目も見つけづらい時があります。

▼本記事執筆時点での非公開アカウントのための項目は、⚙設定とプライバシープライバシーと安全オーディエンスとタグ付けのページの中にあります。

この場所を間違えずにアクセスできれば問題なく設定変更できるでしょう。

アプリ・OSのバージョンが古い

上記でご紹介した非公開アカウント設定変更のスイッチまで、画面の表示が異なる場合、アプリのバージョンが古いという原因が考えられます。

▼アプリのバージョンを最新にアップデートするには、以下のそれぞれのストアのリンクから、最新版にアップデートするようにしましょう。

Twitter
Twitter
開発元 : Twitter, Inc.

それでも不具合が出てうまく非公開アカウントにできない場合は、スマホ端末のOSが古いというケースも考えられます。

▼OSのアップデートについては、以下からご確認ください。

iOSをアップデートする方法

iOSの場合、まず設定アプリ起動、

一般ソフトウェアアップデートを選択。

▼適用できる新しいOSが提供されていた場合、その詳細とダウンロードしてインストールが表示されていますので、こちらをタップしてOSのアップデートを進めることができます。

Android OSをアップデートする方法

AndroidでOSのアップデートを行う場合は、
▼設定アプリを開き、システムを選択。その後、システムアップデートから更新を行うことができます。

通信状態が不安定

通信状態が不安定な場合、非公開アカウントへの切り替えがうまくTwitter側のサーバーに伝わらず、設定変更できないケースがあります。

この状態に陥るケースとして多いパターンが公共のWi-Fiを使用しているケースです。

公共のWi-Fiは無料で利用できるというメリットがありつつも、回線速度が著しく遅い場合があります。その理由で設定変更が完了できない、というケースも考えられます。

そのような時は一度、Wi-Fi接続をオフにし、スマホを利用している場合は、通信キャリアの接続に切り替えて再トライしてみましょう。

屋外で安定して強い電波状況を得るには『タウンWiFi』アプリを使用すると便利です。接続先を自分が設定したお店に限定することができますので、セキュリティ的にも安心のWiFiアプリ。

▼ダウンロードはこちら。

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ
タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ
開発元 : TownWiFi Inc.

▽タウンWi-Fiの詳しい使い方はコチラ。

Twitterの鍵垢に関するよくある質問

Twitterの鍵垢はどうやって設定する?

🏠ホームの左上にある自分のアイコン→設定とプライバシープライバシーと安全オーディエンスとタグ付け→「ツイートを非公開にする」から切り替えることができます。

Twitterで鍵垢にするとどうなる?

自分のツイートは自分のフォロワーしか見れないようにすることができます。ただし、プロフィールやアイコンはそれまで通り誰にでも表示され、外部ツールを使用することでフォロワーでなくても閲覧できる手段があります。鍵垢にした際の詳しい変化はこちら

Twitterの鍵垢は誰から見ることができる?

鍵垢は、そのアカウントのフォロワーのみがツイートを見ることができますが、そのアカウントのプロフィールやアイコンは誰でも閲覧することができます。また、鍵垢のツイート内容を閲覧するための手段もいくつか存在するため、絶対にツイートを見られないようにすることは難しいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

1人でも多くの人にフォローしてもらうことはTwitterの醍醐味の一つでもありますが、時には好ましくないユーザーにフォローされるケースもあるなど、必ずしも良いとは言えません。

もし知人や家族などと相互フォローする考えであるなら、今回の非公開機能を使って、一部の人に限定公開するのもオススメです。