ラジオ配信アプリ『SPOON』の基本的な使い方-LIVEやCASTの方法と稼ぐ&換金について




最近は画像を投稿して収益化できるSNSアプリ「poplle(ポップル)」など盛り上がりに貢献することによって収益が得られるサービスも増えています。

いいね!でお金が稼げるSNS『poplle(ポップル)』の基本的な使い方-安全?運営会社は?換金方法など解説!

2019.06.02

そんな中、音声コンテンツをアップしたりリアルタイムのLIVE配信を行うことによってリスナーを集め、投げ銭や聴取数に応じて獲得できるポイントを等価に交換できるラジオ配信アプリ「Spoon」というアプリがあります。

今回はその「Spoon」の基本的な使い方についてご紹介させていただきます。

アプリインストールからアカウント作成

▼まずはアプリをストアからダウンロードしてきます。

SPOON - ソーシャルラジオサービス
SPOON – ソーシャルラジオサービス
開発元 : Mykoon Co.,Ltd.

▼アプリ起動後こちらの画面が表示されます。

アカウントを作成する方法としては3つの方法が用意されていて

  •  Twitter アカウント
  •  Facebook アカウント
  • 電話番号(SMS)

でのアカウント作成が可能になっています。

▼次にアカウント作成したユーザーの気になりたいテーマを最低三つ選択します。

ここは既に配信を行っている配信ユーザーとの相性にも関わってきますので、自分がいないから比較的聞いているジャンルのタグを選択しましょう。

▼次におすすめのユーザーの一覧が表示されます。

画面下に表示されている次へをタップすると、この画面に表示されている配信者のフォロワーに自動的になります。

上記の画面で登録した登録済ユーザーはこのアプリ上ではすでに人気DJとして活動しており、

▼次の画面にてそれらユーザーの人気LIVEを聴くかどうかの提案が行われます。

これにてスプーンのアカウント作成作業が完了しました。

では次の項より、Spoonではどのようなユーザーが配信を行っていて、どのように聴取を行うことができるか、ご紹介致します。

ユーザーが配信しているラジオを聴く

まずはこのアプリにおける最も基本的な使い方で、既に配信を行っているユーザーのライブストリーミングや録音済みの音声コンテンツを聞いて楽しむことができます。

また音声コンテンツの聴取形態としては

  • LIVE
  • CAST
  • TALK

の3形態があり、それぞれ

  • LIVE←リアルタイムで配信されている放送を聴く。
  • CAST←既に録音されたコンテンツを聴く。
  • TALK←チャットルームの様な部屋の中、様々なユーザーが双方向で音声コンテンツを配信する。

いう形式になっています。

LIVEを聴く

まずLIVEを聞くには、

▼このアプリのトップ画面を開き、画面上部に表示されている「LIVE」を選択します。

そうすると画面上部に「CHOICE」と表示された人気 DJ のライブ配信が表示されている他、

▼こちらの部分にはアカウント登録時にフォローした DJ のライブ配信が一覧で表示されています。

▼さらにその下にスクロールしていくと、「注目のLIVE」としてファンの数や評価の多さなどに応じて人気の DJ のライブ配信が一覧で表示されています。

▼LIVE配信画面がこちら。

それぞれの主なアイコンやボタンの意味は以下の通り。

  1. 配信者情報:LIVE配信を行っている配信者に関する情報。
  2. FANランキング:この配信者のFAN登録をしているユーザーのスプーン所持数ランキング
  3. コメントのタイムライン:投稿されたコメントのタイムライン
  4. スタンプ: いわゆる投げ銭スタンプを送信できる画面
  5. コメント欄:コメント用のテキストを入力できる画面。
  6. ハート(いいね):いいね的なボタン

になっています。

CASTを聴く

▼こちらがCASTの画面。

基本的な構造としては、「LIVE」と同様で、お気に入り>今日のDJ TOP>TOP CASTの順で既に人気のCASTが表示されています。

▼そしてこちらがCASTを聴いているときの画面です。

それぞれのアイコンは

  1. リピート
  2. 巻き戻し
  3. 停止/再生
  4. 進む
  5. CASTリストへ登録
  6. スタンプ
  7. シェア
  8. コメント
  9. ハート(いいね)

になっています。

TALKを聴く

TALKというコンテンツの概念は、LIVEやCASTとは少し違っており、誰か特定の有名な配信者がいてその方のコンテンツを聞くというよりかは、チャットルームのような部屋が用意され、そのチャットルームのお題に沿ってログインしたユーザーがそれぞれの音声コンテンツをアップロードしていく、という形式になっています。

▼こちらがTALKの画面。

画面上部には「人気のトークトップ5」として、「早口言葉言えるかな?」的な企画や、

▼投稿型のコンテンツを募集するような「TALK」の部屋も展開されています。

▼そしてこちらがTALKを聴いている時の画面。

それぞれのアイコンの意味は、

  1. TALKのホスト
  2. 参加ユーザーの情報と投稿された音声:タップで投稿された音声を聴く
  3. 投稿ボタン:ボタンを長押しして投稿用音声を録音&投稿
  4. ハート(いいね)
  5. 参加ユーザーと音声の表示/非表示

になっています。

自分もラジオ番組を配信する

ここまでは他ユーザーが配信しているもしくは常に録音したコンテンツを聞く側に立った楽しみ方をご紹介してきましたが、せっかく自分の番組を配信できる機会がありますので自分も DJ として番組を配信してみましょう。

LIVEを配信する

▼まずLIVEを配信するには、アプリのために配置されている真ん中のアイコン「+」をタップし、

▼こちらの「LIVE」を選択。

▼次に配信カテゴリを選択します。自分が今からライブ配信をしようと思っている内容で最も近しいと思うものを選択しましょう。

▼この時点で マイクのアクセス許可のポップアップが表示されますので、OKをタップ。

▼次に番組情報など詳細情報を記入する画面が表示されます。

それぞれ

  • 配信タイトル
  • 配信カテゴリ
  • 関連タグ(ハッシュタグ)
  • 挨拶(リスナー入室時に自動で表示される挨拶文)
  • キャスト保存(プロフィールにアーカイブされる)

となります。

▼そして配信開始した時の画面がこちら。

それぞれのアイコンや機能は

  1. 配信終了ボタン
  2. 配信者となっている自分の情報
  3. もらったギフト
  4. ミュート
  5. コメント投稿
  6. 参加者確認

となっています。

CASTを配信する

▼CASTを配信するにはこちらの「CAST」を選択し、

▼次の画面ではCASTのタイトルと関連タグの設定画面が表示されますのでそれぞれを入力していきます。

▼各所の入力が完了したら、画面下に表示されているマイクのアイコンをタップし録音を開始しましょう。

▼録音中はこの場所が「録音中」と表示されレコーディングがスタートします。

▼CASTの録音は、最低でも30秒以上のレコーディングが必要とされ30秒以内で停止ボタンを押すとこのように注意書きが表示されます。

▼30秒以上経過し、画面下の停止ボタンを押すと両サイドに2つのアイコンが表示されます。

  • 左側のアイコンが今録音した音声コンテンツの削除ボタンになっており、
  • 右側のアイコンが完了ボタンになっています。

▼CASTの録音が完了するとこのように録音完了と表示され、画面右上の完了をタップすると、CASTの録音を完了させることができます。

▼録音が完了したCASTはマイページのこの部分でいつでも確認することができます。

TALKを配信する

▼TALKを配信するにはこちらの「TALK」を選択し、

▼TALKのタイトルは設定する画面が表示されますので、任意のタイトルを入力します。

▼そうするとTALKのルームのようなものが立ち上がります。

▼画面下に表示されている「ここを長押しして話してみよう!」をタップすると、

▼長押ししてる間このような表示になりますので、アップロードする音声を録音すべくなにか話しましょう。

▼こうして複数のコンテンツが投稿されていくことでこのように音声が積み重なっていきます。

Spoonでの配信で稼げる?

結論から申し上げると、Spoonでの聴取数やFAN数が増えることで得られるポイントをお金に変換することができます。

▼実際的にはSpoonで得られた「ポイント」を、Amebaが運営する「.money」というサービスと連携させることでお金を得ることができます。

ただし、Spoon上での「ポイント」はSpoon運営サイドが配信の頻度・プレゼントされたアイテムなどの運営貢献度に基づいて任意で付与するとのことで、「何をしたら何ポイント貰えるか」などの算定方法は非公開になっています。

Spoonを換金後、購入報告する人々

みんなから頂いたスプーン換金できてた本当にありがとう😌 pic.twitter.com/FmmQfYVopo

— 👴🏻おとうと👴🏿 (@otouto_spoon) July 18, 2019

続けてごめんなさいっ。

皆さんから投げていただいたspoonを換金して朗読用の本を買いまちた。
投げられたら口が悪い僕ですが、ほんとはすっっごく嬉しくて飛び跳ねてます。
特に沢山投げてくれた、あいちょも。あかね。ひろみ。ほんとにありがとう。
皆さんもほんとのほんとにありがとうございます。 pic.twitter.com/fCryIMSdnL

— わた(乙女解剖歌ったぁ)@spoon (@koe12wata) July 8, 2019

[報告] この度、皆さんから投げて貰ったスプーンを換金してマイクと本を買いました(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ ᴗ ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)!
スプーンのお金は全てSPOON関連で使用していきます。
いつもありがとう。これからもよろしくお願いします☺️ pic.twitter.com/TNfrx8lUDT

— みみみ🐇🥟 (@mi3Sp3) November 24, 2018

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はラジオ配信アプリ「Spoon」の基本的な使い方についてご紹介させていただきました。

アプリ固有の機能名や名称が多く登場し、慣れるまで多少時間がかかりますが、基本的な使い方である、ライブ配信を聞くというところと、配信するというところについては非常にシンプルにできていますので、自分が何を話したいかが明確な方は意外にすんなりと利用できるかと思います。

さらに、運営側のまさにさじ加減(Spoonだけに)ではありますが、アプリやコミュニティに対して盛り上がるとして貢献できればポイントを取得することができ、そのポイントは別サイトにてお金のような等価に交換することができますので、継続して配信を行うことでお小遣い程度の収入が期待できるかもしれません。