Instagramで収入を稼ぐことはできる?インスタから発生する収入の種類とその方法を徹底解説!




「インスタグラマー」という職業を耳にするように、最近InstagramはただのSNSとしてではなく、利用して稼ぐことを目指す方が増えてきています。副業としても手軽に始めやすいことから、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、Instagramを利用して稼ぐためにはどうすればいいのでしょうか。その方法について解説いたします。

Instagramを利用して稼ぐ方法は?

Instagramを利用して稼ぐ方法にはいくつかの種類があります。

企業からの広告・PR投稿で稼ぐ

多くのフォロワーを保有していたり、インフルエンサーとしてフォロワーへの影響力がある場合には、企業から広告・PR案件が持ち掛けられる場合があります。

いわゆる「案件」というやつですね。

商品を使用してみた感想とともに商品の写真を投稿するだけで数万円~数十万円が支払われる場合もあるなど、多くのInstagramユーザーやインスタグラマーを目指す人にとって憧れの稼ぎ方です。

ただし、そのアカウントの拡散性の他に付いているフォロワーの「濃さ」も重要になってきます。

ではどのようにして「案件獲得」を行うかと言うと、基本的に「待ち」のみ。クライアントとなる企業からの連絡から交渉に入り、進めて行く形になりますので、それまではひたすらそのアカウントにあった投稿を地道に続けていくという、決して「楽」ではない方法ではあります。

アフィリエイトで稼ぐ

魅力的な投稿をし、ユーザーに興味をもってもらったうえで、プロフィールページに貼り付けたURLリンクに誘導し、そのリンクを開き、その先のページで商品の購入や会員登録、アプリのインストールなどが発生した場合、その数に応じて報酬が支払われるのが「アフィリエイト」です。

なにかを販売するのではないためにラクそうなイメージがありますが、Instagramでは投稿内に直接飛べるリンクを貼ることができないため、いったんプロフィールページに飛んでもらい、さらにそこに記載されているURLをクリックするというのは確率的には下がってしまいますので、アフィリエイトをやるためにInstagramをやる、というのはあまり効率がよくありません。

稼ぐ方法としての位置づけとしては「案件」がメインで「アフィリエイト」はサブ的な位置づけになるかと思います。

ギャラリー代わりにしネットショップなどでグッズを販売する

撮影した写真でオリジナルグッズを作成し販売する方法です。

Instagramのページをギャラリー代わりに利用することでInstagramをきっかけにその写真に興味をもってくれた方がプロフィールページに貼り付けたリンクから購入してくれる可能性が高まります。

もちろん、写真自体を販売するという方法もあります。

▼「MOBILEPRINTS」ではトートバッグやスマートフォンケースなど様々なアイテムに自分で撮影した写真を印刷し販売することができます。

Instagramで稼ぐにはフォロワーはどのくらい必要?

Instagramで稼ぐにはフォロワーはどのくらいいれば可能なのでしょうか。よく耳にするのは「1万人以上でないと」「最近では10万人くらいいないとだめ」など万単位でのフォロワーがいないといけないイメージがあります。

しかし、なかなか芸能人などでない限り万単位でのフォロワーを獲得することは難しいものです。

本当にそのくらいいないと稼ぐことは難しいのでしょうか。

人数よりも質が重要

最近では、フォロワーを購入することができるということもあり、企業側が広告やPRを依頼する場合にも、フォロワーの数だけで単純に「このアカウントは稼げる」と判断しているわけではありません。

買ったフォロワーが10,000人のアカウントよりも、そのユーザーへの信頼とエンゲージメントの高い1,000人のフォロワーがいるアカウントの方が価値があると判断することも多いのです。

ニッチなカテゴリーであればフォロワー数が少なくてもOK

とはいえ、幅広い人数に広告を打ちたい場合にはやはり人数が無視できないのは事実です。しかし、ニッチなカテゴリーに訴えたい内容の場合には、幅広い年代や趣向を持つたくさんのユーザーがフォロワーでいるよりも、その内容に強烈な興味を持っている少人数でもOKな場合があります。

たとえば、「港区の飲食店を紹介するアカウント」であれば、港区を訪れないユーザーは全く興味を持たず一見ニッチすぎるように思いますが、港区在住・もしくは勤務している方にとってはとても魅力的なコンテンツとなり、広告効果も非常に高いことが予想できますよね。

Instagramの成功者は何をしてどのくらい稼いでいる?

実際にInstagramで多くの収入を得ている「成功者」の方はInstagramだけで稼いでいるのでしょうか。

1投稿最大180万円のファッション系アカウント

まず1人目の女性Aさんのアカウントは海外のユーザーで日々ファッションについて投稿しています。

購入したブランドの特徴や購入時のポイントなどを紹介しており、なんとフォロワー数が230万人以上。

そうしているうちに、その宣伝効果に注目したファッションブランドの企業から報酬が支払われるようになり、最近では1回の投稿で180万円支払われることもあるのだそう。

この例はそもそも「ファッション」という大きいカテゴリながらも230万人というフォロワー数の影響が多く、拡散性が十分見込めるためそのような高額な案件のオファーがあります。

写真の販売で1日150万円以上の注文

2人目は失業中の男性Bさん。失業中でお金に困っていたこともあり、「自分のInstagramに掲載している写真をどれでも一枚150ドルで販売します」と投稿。

決して有名カメラマンであったわけではないにも関わらず価値があるのではと感じたユーザーが殺到し、その投稿日1日のみで15,000ドル相当の注文が発生。

やはりこの前提に存在することはこのユーザーの写真が「素晴らしかった」こと。さらにその写真を常に「素晴らしい」と思っているユーザー・フォロワーが存在したことが大きく影響したと考えられます。

タイミングやユーザー心理を上手に扱うことができれば工夫次第で稼ぐことができる一例です。

インスタグラム副業で戦略的に売上を上げる人

最後に、副業としてInstagramでかなりのお金を稼いでいる会社員の男性Cさんは、自分の大好きな特定ジャンルのレストランで食べたものをそれぞれアップするという、ニッチなアカウントを運営していたといいます。

しかし、そのニッチさにファンが急増、レストラン側から「ぜひうちの店でも食べて写真をアップしてほしい」と頼まれるほどになったのだそうです。

もちろん食事代は無料です。

ここでのポイントは「どれだけニッチか」という点で、外食なら「寿司」さらに特定の寿司ネタ(ヒラメのエンガワetc)だけ投稿するアカウント、というように1アカウント1テーマを徹底的に貫き、同時に同じようなアカウントを数百個運用するというもの。

副業としての収入源はもっぱら企業からの「案件」で、オファーの内容によっては1投稿20万円のときも。

まとめ

今回はInstagramを利用して稼ぐための方法を解説しました。一見カンタンでラクそうに見えますが、投稿を魅力的に魅せるための努力や工夫、フォロワーを増やすための努力などなかなか大変そうだなと思った方も多いのではないでしょうか。

自分なりに勝負できそうなコンテンツがあればぜひチャレンジしてみてくださいね!